スポンサーリンク

【MLB2023】ブライス・ハーパーがキャリア通算300号HRを放つ!

キャリア12年目、30才のシーズンに300号HR!

 現地2023年8月30日、エンゼルス@フィリーズ戦のGm3でブライス・ハーパーがキャリア通算300号HRを放ちました!「もう300HR!早い」というのがその印象です。

 同じ2012年にROY(AL)を獲ったマイク・トラウトは、現在IL入りですが、すでに368HRを放っていることを考えるとこのモンスター級の2人の凄さを改めて思う次第であります。なお、マイク・トラウトは20試合のみの出場ですが、デビュー・イヤーは2011年です。

シーソーゲームで生まれた300号

 ブライス・ハーパーが300HRを放ったタイミングですが、これがまた打って欲しいところでの一発で、ハーパーらしいなというタイミングでした。

 このゲームはウェーバー公示にかけかれているエンゼルスのハンター・レンフローがお尻に火が点いたように活躍。2回表に今季19号HRを放つなど、4−3、4 RBIと活躍。5回を終えて、エンゼルスが5-3とリードしていました。

 6回裏、フィリーズはトレイ・ターナーの3ランHRで一旦は6-5と逆転に成功。

 しかし、8回表にエンゼルスがグレゴリー・ソトを攻め、大谷選手の四球をきっかけに、2アウト満塁のチャンスを作ります。ここで打席が回ってきたハンター・レンフロー。レンフローは2点タイムリー・シングルを放ち、エンゼルスが再び7-6とリード。フィリーズが終盤に追い込まれてしまったのです。

カイル・シュワーバー、今季37本目のシングル!

 そして迎えた8回裏。フィリーズはマット・ムーアから1アウト後、カイル・シュワーバーがシングルで出塁。カイル・シュワーバーはこれで今季91安打目。内訳はHRが37、二塁打が16、三塁打が1でシングルはなんと37本目。まるでジョーイ・ギャロのようなスタイルになってきました。

 直後、トレイ・ターナーが三振に倒れて2アウト。このイニングはもう怪しい雰囲気になってきたのですが、それを打ち破ったのがブライス・ハーパーでした。

ハーパーの300HRで逆転

 ハーパーは、初球、甘い軌道となったムーアのナックル・カーブにロックオン。これが右中間スタンドに入る強烈な当たりで、カイル・シュワーバーを迎え入れ、8-7と再度逆転に成功したのでした。この辺がハーパーの勝負強いところですね。

(YOUTUBE)Bryce Harper’s 300th career home run was CLUTCH!

 なお、この日粘りを見せたエンゼルスが9回表に再度逆転しました。クレイグ・キンブレルから代打で出たマイク・ムスターカスが振り逃げで出塁し、ノーラン・シャニュアルがシングルを放って代走のアンドリュー・ベラスケスが3塁に到達。ここでルイス・レンヒーフォが犠牲フライを放って8-8の同点に。直後、ブランドン・ドゥルーリーに2ランHRが出て、10-8としました。

 フィリーズはその裏、カルロス・エステベスに抑えられ、8-10で敗れました。

MLB Gameday: Angels 10, Phillies 8 Final Score (08/30/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

シーズン平均33HR!

 現地2012年5月14日のパドレス戦でメジャー第1号を放ったブライス・ハーパーはルーキー・イヤーに19才で22HRも放ちました。

 これまでのシーズンHR数のキャリア・ハイは2015年の42本。ナショナルズがワールドシリーズを獲った2019年には35HR。

 これまでキャリア12シーズンで、1シーズン当たりの平均HRは33本(現地2023年8月30日時点)。平均でこの本数というのはやはりハーパーの凄さを感じます。

8月は10本目!

 2023シーズンはトミー・ジョン手術の影響で5月2日にシーズン・デビューとなったブライス・ハーパーは、肘の影響もあってかスローペースでした。HRは5月が3本、6月が0本、7月が2本と3ヶ月でたった5本。

 ところが8月に入り、ようやく肘の状態も良くなったからか、HRを量産。この300号で、8月はなんと10HR目となりました。

 なお、フィリーズ自体も8月は59HR(現地2023年8月30日時点)で、これはフランチャイズ史上最多の月間HRです。

300HRは現役で12人目

 現役で300HRを放っているのは、ミゲル・カブレラ(DET)、ネルソン・クルーズ(FA)、ジャンカルロ・スタントン(NYY)、マイク・トラウト(LAA)、ジョーイ・ボット(CIN)、エバン・ロンゴリア(AZ)、ポール・ゴールドシュミット(STL)、ノーラン・アレナド(STL)、フレディー・フリーマン(LAD)、マニー・マチャード(SDP)、J.D.マルチネス(LAD)、そしてブライス・ハーパー(PHI)の12名となっています。

 なお、ハーパーはマット・ムーアから300号HRを放ちましたが、2012年のシーズン前のトップ・プロスペクト100でトップ1だったのがマット・ムーアです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
タイトルとURLをコピーしました