スポンサーリンク

【MLB2023】ブライス・ハーパーがキャリア通算300号HRを放つ!

キャリア12年目、30才のシーズンに300号HR!

 現地2023年8月30日、エンゼルス@フィリーズ戦のGm3でブライス・ハーパーがキャリア通算300号HRを放ちました!「もう300HR!早い」というのがその印象です。

 同じ2012年にROY(AL)を獲ったマイク・トラウトは、現在IL入りですが、すでに368HRを放っていることを考えるとこのモンスター級の2人の凄さを改めて思う次第であります。なお、マイク・トラウトは20試合のみの出場ですが、デビュー・イヤーは2011年です。

シーソーゲームで生まれた300号

 ブライス・ハーパーが300HRを放ったタイミングですが、これがまた打って欲しいところでの一発で、ハーパーらしいなというタイミングでした。

 このゲームはウェーバー公示にかけかれているエンゼルスのハンター・レンフローがお尻に火が点いたように活躍。2回表に今季19号HRを放つなど、4−3、4 RBIと活躍。5回を終えて、エンゼルスが5-3とリードしていました。

 6回裏、フィリーズはトレイ・ターナーの3ランHRで一旦は6-5と逆転に成功。

 しかし、8回表にエンゼルスがグレゴリー・ソトを攻め、大谷選手の四球をきっかけに、2アウト満塁のチャンスを作ります。ここで打席が回ってきたハンター・レンフロー。レンフローは2点タイムリー・シングルを放ち、エンゼルスが再び7-6とリード。フィリーズが終盤に追い込まれてしまったのです。

カイル・シュワーバー、今季37本目のシングル!

 そして迎えた8回裏。フィリーズはマット・ムーアから1アウト後、カイル・シュワーバーがシングルで出塁。カイル・シュワーバーはこれで今季91安打目。内訳はHRが37、二塁打が16、三塁打が1でシングルはなんと37本目。まるでジョーイ・ギャロのようなスタイルになってきました。

 直後、トレイ・ターナーが三振に倒れて2アウト。このイニングはもう怪しい雰囲気になってきたのですが、それを打ち破ったのがブライス・ハーパーでした。

ハーパーの300HRで逆転

 ハーパーは、初球、甘い軌道となったムーアのナックル・カーブにロックオン。これが右中間スタンドに入る強烈な当たりで、カイル・シュワーバーを迎え入れ、8-7と再度逆転に成功したのでした。この辺がハーパーの勝負強いところですね。

(YOUTUBE)Bryce Harper’s 300th career home run was CLUTCH!

 なお、この日粘りを見せたエンゼルスが9回表に再度逆転しました。クレイグ・キンブレルから代打で出たマイク・ムスターカスが振り逃げで出塁し、ノーラン・シャニュアルがシングルを放って代走のアンドリュー・ベラスケスが3塁に到達。ここでルイス・レンヒーフォが犠牲フライを放って8-8の同点に。直後、ブランドン・ドゥルーリーに2ランHRが出て、10-8としました。

 フィリーズはその裏、カルロス・エステベスに抑えられ、8-10で敗れました。

MLB Gameday: Angels 10, Phillies 8 Final Score (08/30/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

シーズン平均33HR!

 現地2012年5月14日のパドレス戦でメジャー第1号を放ったブライス・ハーパーはルーキー・イヤーに19才で22HRも放ちました。

 これまでのシーズンHR数のキャリア・ハイは2015年の42本。ナショナルズがワールドシリーズを獲った2019年には35HR。

 これまでキャリア12シーズンで、1シーズン当たりの平均HRは33本(現地2023年8月30日時点)。平均でこの本数というのはやはりハーパーの凄さを感じます。

8月は10本目!

 2023シーズンはトミー・ジョン手術の影響で5月2日にシーズン・デビューとなったブライス・ハーパーは、肘の影響もあってかスローペースでした。HRは5月が3本、6月が0本、7月が2本と3ヶ月でたった5本。

 ところが8月に入り、ようやく肘の状態も良くなったからか、HRを量産。この300号で、8月はなんと10HR目となりました。

 なお、フィリーズ自体も8月は59HR(現地2023年8月30日時点)で、これはフランチャイズ史上最多の月間HRです。

300HRは現役で12人目

 現役で300HRを放っているのは、ミゲル・カブレラ(DET)、ネルソン・クルーズ(FA)、ジャンカルロ・スタントン(NYY)、マイク・トラウト(LAA)、ジョーイ・ボット(CIN)、エバン・ロンゴリア(AZ)、ポール・ゴールドシュミット(STL)、ノーラン・アレナド(STL)、フレディー・フリーマン(LAD)、マニー・マチャード(SDP)、J.D.マルチネス(LAD)、そしてブライス・ハーパー(PHI)の12名となっています。

 なお、ハーパーはマット・ムーアから300号HRを放ちましたが、2012年のシーズン前のトップ・プロスペクト100でトップ1だったのがマット・ムーアです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLBプロスペクト2024】パイレーツ、ポール・スキーンズがいきなりの102mph投球
【祝】ドジャースの大谷翔平選手が結婚を発表
【MLB2024FA】カージナルスが名手ブランドン・クロフォードと1年契約でサイン
【MLB2024FA】ドジャースがキケ・ヘルナンデスと1年で再契約
【MLBトレード2024】ツインズがマニュエル・マーゴットを獲得
【MLB2024】メッツの千賀投手は3週間の投球禁止!開幕はIL確定へ
【MLB2024FA】コディー・ベリンジャーはカブスに復帰!3年/80Mドルで合意へ
【MLB2024】パイレーツがミッチ・ケラーと5年/77Mドルで契約延長
【MLB2024FA】「プロスペクト台頭まで!」タイガースがジオ・ウルシェラを獲得
【MLB2024FA】マーリンズがティム・アンダーソンと1年契約で合意
【MLB2024FA】レイズ、SS補強にアーメッド・ロザリオを獲得
【MLB2024FA】ブルワーズがブランドン・ウッドラフと再契約へ
【MLB2024FA】レッドソックスが”トミー・ジョン”リハビリ中のリアム・ヘンドリクスと2年契約で合意!
【MLBトレード2024】ロイヤルズ、レッドソックスからジョン・シュライバーを獲得
【MLB2024FA】フィリーズがウィット・メリフィールドと1年契約で合意
【MLB2024FA】ホワイトソックスがマイク・ムスターカスとマイナー契約
【MLB2024】オリオールズは怪我のニュースからスタート!カイル・ブラデッシュ(UCL)、ガナー・ヘンダーソン(腹斜筋)が怪我
【MLB2024FA】フィリーズがスペンサー・ターンブルを獲得!2021年にノーヒッターを達成
【MLB2024FA】ジャイアンツが注目FAのホルヘ・ソレアーを獲得!3年契約で合意
【MLB2024】ナショナル・リーグ中地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB2024】アメリカン・リーグ中地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB2024FA】レイズがフィル・メイトンを獲得したディールについて
【MLB2024】アスレチックス、2028年からのラスベガス移転に悪戦苦闘中
【MLB2024】レッドソックスがマイケル・フルマーとマイナー契約!2024年は投げられない!
【MLB2024FA】ドジャース、肩の手術を終えたクレイトン・カーショウと再契約へ(追記あり)
【MLB契約2024】ロイヤルズが”スーパー・エリート”のボビー・ウィット・Jr.と11年/288.78Mドル保証で延長契約!
【MLB2024】ドジャースがブルペンを更新!ケイレブ・ファーガソンをトレードし、ライアン・ブレイジャーと2年契約
【MLB2024】マリナーズがホワイトソックスからグレゴリー・サントスをトレードで獲得
【MLB2024】セオ・エプスタインがレッドソックスの親会社のフェンウェイ・スポーツ・グループに参加
【MLB2024】メッツがアダム・オッタビーノ、藤浪投手、ジェイク・ディークマンを獲得
タイトルとURLをコピーしました