スポンサーリンク

【MLB2023】ルーキーで初!Dバックスのコービン・キャロルが50盗塁 & 25 HRをマーク!

コービン・キャロル、Dバックスの推進力に

 ナ・リーグのワイルドカード争いに猛ラッシュをかけているDバックス。

 現地2023年9月20日、すでにワイルドカード争いから一歩後退しているジャイアンツとのゲームで、コービン・キャロル(Corbin Carroll)が素晴らしい活躍を見せ、50盗塁、25HRというルーキーによる史上初の快挙を成し遂げました。

 コービン・キャロルの活躍はまさにチームのポストシーズンへの推進力に直結しております。

5-4、2SB & 1HRで5連勝に貢献

 ジャイアンツの先発は3年連続二桁勝利を継続中のローガン・ウェブ(Logan Webb)。

 Dバックスは、1回表にラモンテ・ウェイド・Jr.のリードオフHRで1点を先制されるも、その裏の攻撃でリードオフのコービン・キャロルがローガン・ウェブの92.4mphのシンカーをCFへゴロで弾き返すシングルを放ち出塁。

 2番ケーテル・マルテには動かなかったコービン・キャロルですが、3番のトミー・ファムの打席で、ストライク先行の0-2カウントで2塁への盗塁を敢行。ジャイアンツの捕手、ガブリエル・モレーロがスライダーを受け損なって2塁へ投げることが出来ず、49個目の盗塁に成功。50盗塁に王手をかけます。

 この後、ファムの内野ゴロに間に3塁へ進塁したキャロルは、つづくクリスチャン・ウォーカーの3塁への内野ゴロの間に生還。Dバックスが初回の攻撃ですぐに1-1の同点に追いつきます。

50 SBと25 HRはルーキーでは初

 コービン・キャロルは3回裏の第2打席はLFへのシングル。この後、ケーテル・マルテの打席で2-0カウントとなったところで、2度めの2塁への盗塁を敢行。スタートが素晴らしく、完全にセーフのタイミングでした。さらに捕手のガブリエル・モレーロの送球がCFに逸れる間にコービン・キャロルは一気に3塁へ進塁。この後、生還してDバックスが2-1と勝ち越しに成功します。

 4回裏の第3打席でもRFへシングルを放ち、この段階で3打数3安打。

 7回裏に回ってきた打席ではライアン・ウォーカーからソロHRを放ち、4打数4安打。これでルーキーでありながら50盗塁/25HRの達成となりました

【YOUTUBE】Corbin Carroll is the FIRST ROOKIE EVER to 25 homers and 50 steals!

 なお、8回裏の第5打席はCFライナーに倒れ、この日は5-4、1 RBI、3 Runとチームの勝利に貢献しました。

23才以下でも3人め 

 50盗塁/25HRを達成したコービン・キャロルですが、これはMLBで13人目の達成。

 今年の8月21日の誕生日で23才となったのですが、これまでMLBで23才以下でこの記録を達成したのは、2人だけ。一人は元レッドソックスのヘインリー・ラミレス(Hanley Ramírez)で、マーリンズ時代の2007年に51盗塁/29HRを達成。ヘンリー・ラミレスは前年の2006年にNL ROYを獲得し、この年はルーキー資格ではありませんでした。

 また二人目は、1970年代から80年代半ばまで主にアストロズで活躍したセイザー・セデーニョ(César Cedeño)。セイザー・セデーニョは2度達成しています。1度目は22才の時の1973年に56盗塁/25HRをマーク。さらにその翌年の23才時の1974年にも57盗塁/26HRを記録しています。

 コービン・キャロルは3人目ということに。

成績はさらにアップ!

 そしてこの日、5-4、1HR、1 RBI、2SBをマークしたコービン・キャロルのシーズン成績は、打率.286、OBP .363、SLG .511、OPS .874にアップ。安打数は157で、HR 25、二塁打 27、三塁打 9、RBI 73、SB 50、RUN 109、BB 54。

 打撃に加え、走力のある外野守備も魅力で、今季はLFで70試合、RFで57試合、CFで44試合をこなしています(ゲーム途中の守備位置変更も含む)。

 fWARは5.7でMLB9位にランクイン。ちなみに1位は大谷選手で8.9。

 この日、コービン・キャルロルの歴史的なマイルストーン到達に加え、Dバックスはジャイアンツに7-1で勝利。

MLB Gameday: Giants 1, D-backs 7 Final Score (09/20/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

 この勝利は大きく、ワイルドカード2位、3位を争っているカブス、マーリンズ、レッズがそれぞれ敗れたため、Dバックスが一歩抜け出し、2位に入りました。

 残り9試合。Dバックスがポストシーズンに行けるかどうかにも注目ですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
タイトルとURLをコピーしました