スポンサーリンク

【MLB2020】マイク・トラウト、29才でキャリア通算300HRを達成

MLB 記録と賞

トラウトがまたマイルストーンを通過

 現地2020年9月5日、アストロズとのダブルヘッダーのGame1でマイク・トラウトが今季15号となる2ランHRを放ち、キャリア通算300HRを達成しました!

 Congratulations!

エンゼルスのフランチャイズレコード

 マイク・トラウトの記念すべき300号HRは、それまでエンゼルスのフランチャイズ・レコードとして記録されていたティム・サーモン(1992-2006)の299HRを上回ることとなり、新たなフランチャイズ・レコードとなっています。

ティム・サーモンとは

 そのティム・サーモンですが、ある意味でミスター・エンゼルスと呼んでもよいような象徴的な存在です。1993年にROY(Rookie Of the Year)を受賞、1995年にシルバースラッガー賞を受賞。キャリア通算1,674安打、HR 299、RBI 1,016、打率.282、OBP .385、SLG .498、OPS .884。

 なんと言っても2002年のエンゼルスのワールドシリーズ・チャンプに大きく貢献。これがファンの心に強く残っています。

 ティム・サーモンは1968年8月24日生まれで、現在52才。現役最後の年は37才。

 マイク・トラウトは1991年8月7日生まれで、29才を1ヶ月過ぎたところですから、いかに早く300HRに到達したかがよくわかります(ティム・サーモン、引き合いに出してごめんなさい)。

300HRクラブにようこそ!

 また、マイク・トラウトの300HRはメジャー史上151人目の達成で、30才に達する前に到達したのは史上16人目の快挙になります。

盗塁も通算201

 なお、マイク・トラウトは現地8月15日のドジャース戦で今季初盗塁を決めており、通算盗塁数は201。さすがに盗塁数は年々減ってきてはおりますが、長打力に加えて、走力も証明している点もすごいですね。今季、走力はもっぱら守備に傾けているようです。

トラウト、ギア・アップ!Game1では3−3

 ダブルヘッダーのGame1では第1打席では二塁打、第2打席でHR、第3打席で再び二塁打。最終回の7回裏には先頭打者として四球を選び、サヨナラのきっかけを作りました。このゲームの成績は3−3。

 ちなみにトラウトの1回裏の第1打席の二塁打をホームに迎え入れたのは大谷選手のタイムリー・シングル。先制点となりました。

Game 2

 なお、この日はエンゼル・スタジアムでの開催でしたが、Game2はベンチは変わらずにエンゼルスがロード、アストロズがホームという変則設定となりました。スケジュールの関係です。Game2では2打数1安打でした。

 エンゼルスはダブルヘッダーに連勝しました。

15HRは両リーグ合わせてトップ

 トラウトのGame1での15号HRは現地2020年9月5日時点で両リーグ通じて単独トップ。ブルージェイズのテオスカー・ヘルナンデスが好調ですね。

【HR数ランク-両リーグ】現地2020年9月5日時点

  1. マイク・トラウト(LAA):15
  2. テオスカー・ヘルナンデス(TOR):14
  1. フェルナンド・タティス・ジュニア(SDO):14
  1. ホセ・アブレイユ(CWS)、ムーキー・ベッツ(LAD)、ネルソン・クルーズ(MIN)、ルーク・ボイト(NYY):13

マイク・トラウト、今季もMVPの投票に名を連ねそうですね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
【MLB2022FA】レッドソックスがジェーム・パクストンを獲得したディールについて
【MLB2022】パドレス、ノーマー・マザーラとマイナーディールで合意
【MLB】2022”アマチュア”ドラフト・プロスペクト100にクマール・ロッカーも名を連ねる
【MLB2022FA】ドジャースがクリス・テイラーと4年/60Mドルで再契約したディールについて
【MLBワード】ポストシーズン・シェアとは?
タイトルとURLをコピーしました