【MLB2020】マイク・トラウト、29才でキャリア通算300HRを達成

良いなと思ったらシェアお願いします

トラウトがまたマイルストーンを通過

 現地2020年9月5日、アストロズとのダブルヘッダーのGame1でマイク・トラウトが今季15号となる2ランHRを放ち、キャリア通算300HRを達成しました!

 Congratulations!

300HRのトラウト、1,000安打のレンドン、2,500安打のマーケイキスなど2020シーズンに達成しそうな個人成績のマイルストーン(節目)一覧

エンゼルスのフランチャイズレコード

 マイク・トラウトの記念すべき300号HRは、それまでエンゼルスのフランチャイズ・レコードとして記録されていたティム・サーモン(1992-2006)の299HRを上回ることとなり、新たなフランチャイズ・レコードとなっています。

ティム・サーモンとは

 そのティム・サーモンですが、ある意味でミスター・エンゼルスと呼んでもよいような象徴的な存在です。1993年にROY(Rookie Of the Year)を受賞、1995年にシルバースラッガー賞を受賞。キャリア通算1,674安打、HR 299、RBI 1,016、打率.282、OBP .385、SLG .498、OPS .884。

 なんと言っても2002年のエンゼルスのワールドシリーズ・チャンプに大きく貢献。これがファンの心に強く残っています。

 ティム・サーモンは1968年8月24日生まれで、現在52才。現役最後の年は37才。

 マイク・トラウトは1991年8月7日生まれで、29才を1ヶ月過ぎたところですから、いかに早く300HRに到達したかがよくわかります(ティム・サーモン、引き合いに出してごめんなさい)。

300HRクラブにようこそ!

 また、マイク・トラウトの300HRはメジャー史上151人目の達成で、30才に達する前に到達したのは史上16人目の快挙になります。

盗塁も通算201

 なお、マイク・トラウトは現地8月15日のドジャース戦で今季初盗塁を決めており、通算盗塁数は201。さすがに盗塁数は年々減ってきてはおりますが、長打力に加えて、走力も証明している点もすごいですね。今季、走力はもっぱら守備に傾けているようです。

トラウト、ギア・アップ!Game1では3−3

 ダブルヘッダーのGame1では第1打席では二塁打、第2打席でHR、第3打席で再び二塁打。最終回の7回裏には先頭打者として四球を選び、サヨナラのきっかけを作りました。このゲームの成績は3−3。

 ちなみにトラウトの1回裏の第1打席の二塁打をホームに迎え入れたのは大谷選手のタイムリー・シングル。先制点となりました。

Game 2

 なお、この日はエンゼル・スタジアムでの開催でしたが、Game2はベンチは変わらずにエンゼルスがロード、アストロズがホームという変則設定となりました。スケジュールの関係です。Game2では2打数1安打でした。

 エンゼルスはダブルヘッダーに連勝しました。

15HRは両リーグ合わせてトップ

 トラウトのGame1での15号HRは現地2020年9月5日時点で両リーグ通じて単独トップ。ブルージェイズのテオスカー・ヘルナンデスが好調ですね。

【HR数ランク-両リーグ】現地2020年9月5日時点

  1. マイク・トラウト(LAA):15
  2. テオスカー・ヘルナンデス(TOR):14
  1. フェルナンド・タティス・ジュニア(SDO):14
  1. ホセ・アブレイユ(CWS)、ムーキー・ベッツ(LAD)、ネルソン・クルーズ(MIN)、ルーク・ボイト(NYY):13

マイク・トラウト、今季もMVPの投票に名を連ねそうですね。

お読みいただき、ありがとうございました。

現地2019年3月19日、マイク・トラウトがエンゼルスと12年$430Mの契約延長を結んだディールの詳細について、他の協議との金額の比較、トラウトのキャリア詳細について書いています。
スポンサーリンク

良いなと思ったらシェアお願いします

フォローする

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク