スポンサーリンク

【MLBニュース2019】ディディ・グレゴリアス復帰戦にルーキー、ザック・プリサックが立ちはだかる!トゥロウィツキーの最新情報も

ディディ・グレゴリアスが復帰!

現地2019年6月7日、ヤンキースに頼もしい選手が帰ってきました!

「故障者続出」と言わる中の一人であったSSのディディ・グレゴリアス(Didi Gregorius)がプログレッシブ・フィールドでのインディアンス戦のスターターに名を連ねました。

ディディ、術後約7ヶ月半で復帰

2018年のALDS Game2の最中のスローイングで右肘を傷めたディディ・グレゴリアスは、10月半ばにトミー・ジョン手術を実施。

当初から野手のトミー・ジョン手術は術後8ヶ月ほどで復帰できると言われており、順調にいけば6月、少し遅いペースでは7月、少なくともオールスター前には復帰できると見られていましたが、なんと7ヶ月半ほどで復帰しましたね。

打球処理機会は1度だけ

スローイングの体勢が激しいSSのポジションゆえに、変な体勢から送球してまた肘を傷めることを心配しましたが、その辺はマイナーのゲームで調整済み。

2019年デビュー戦となったこの日の打球処理機会はなんと8回2アウトからのポップフライの1度だけ。

盗塁でベースカバーに入りタッチというシーンもありましたが、急ぎで送球を要求される場面はありませんでした。

復帰戦で4−2

この日のディディは4打数2安打。

第一打席と第二打席でそれぞれシングルを放ち、自身の復帰戦を祝うような形となりましたね。第一打席のライト線への打球はRFのタイラー・ネイキンの好送球によりアウトになりましたが、こちらはヒットとして記録されています。

ディディ・グレゴリアスの復帰戦を白星で飾りたかったヤンキースですが、この日は序盤に2得点しか奪えず、2-5で敗れてしまいました。

Yankees 2, Indians 5 (Final Score) on MLB Gameday
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone info, and Statcast data for Yankees vs. Indians at Progressive Field

そのヤンキース打線を苦しめたのはなんとルーキー右腕でした!

ザック・プリサックがメジャー初勝利

ザック・プリサック(Zach Plesac)は2019年5月28日にデビューしたばかりのルーキー。

7回まで投げぬき、ヤンキース打線を相手に被安打6、自責点2、被本塁打1、与四球1、奪三振5でメジャー初勝利を上げました!! 

Congratulations!

ザック・プリサックとは

ザック・プリサックは2016年のアマチュアドラフト12巡目指名の投手で、この日がメジャー3戦目。

過去2度の登板ですが、とてもいいピッチングをしているんです。

実は過去2戦ともエース相手に好投

デービッド・プライス相手に互角

1戦目は5月28日のレッドソックス戦で、5.1イニングを投げ、被安打5、自責点1、与四球1。この日は降板後にゲームが動き、勝ち負けはつきませんでした。

Indians 7, Red Sox 5 (Final Score) on MLB Gameday
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone info, and Statcast data for Indians vs. Red Sox at Fenway Park
プライスから励ましのレターを受け取る

そしてゲーム後、デービッド・プライスから「素晴らしいピッチングだったこととこれから期待しているよ」という手紙まで受け取ったのでした。

乗りに乗っているルーカス・ジオリトにも互角

2戦目は6月2日のホワイトソックス戦。7回を投げきり、被安打4、自責点1、与四球1ながらも相手投手がルーカス・ジオリトだったため、アンラッキーなことに負け投手になってしまいました。この日はホワイトソックスに0−2と完封負け。

Indians 0, White Sox 2 (Final Score) on MLB Gameday
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone info, and Statcast data for Indians vs. White Sox at Guaranteed Rate Field

四球が少ない

何と言っても素晴らしいのは四球の少なさ。

5/28のデビュー戦、6/2の2戦、そしてこの日の投球と四球がそれぞれ1つずつ!!

叔父はダン・プリサック

このセンスの良さはやはり血も関係していまして、叔父にすごい選手がいました。オールスター3度、MLB18年のダン・プリサックです。

Dan Plesac Stats | Baseball-Reference.com
Career: 65-71, 158 SV (78th), 3.64 ERA, 1041 SO, P, 3xAllStar, Brewers/BlueJays/... 1986-2003, t:L, born in IN 1962

この日のナイスピッチングの模様は下記のリキャップでご覧になってください。プリサックに関するVTRが少なくてすみません。

本当にいい投手なので、大注目です!!

トゥロウィツキーの動向

さて、ヤンキースの話題に戻ります。

ディディの復帰により、心配なのがトロイ・トゥロウィツキー(Troy Tulowitzki)。

60 Day ILに

まずステータスですが、現地2019年6月7日付で10 Day IL から60Day ILとなりました。

自宅で療養を命じる

そしてトゥロウィツキー本人はもう復帰できるという意思をもっているようですが、ブーン監督はトゥロウィツキーに対して、完全に治すことを要求。

自宅での療養を命じました。トゥロウィツキーはタンパにあるリハビリ施設に姿を現しませんでした。

60 Day ILですが、40manロスターに入っていてもカウントされません。これは何を意味するのかというと、とりあえずはキープしておくということです。

今はトゥロウィツキーには残酷な時期かもしれないけれど、もしディディなりに何かあればトゥロウィツキーに出番が回ってくるかもしれないので、とにかく完全に治してくれということですね。

ルメイユがロッキーズ時代の輝きを取り戻し、ジオ・ウルシェラが確実に育ち、アンドゥハーの穴を埋めている今、トゥロウィツキーの復帰の可能性は非常に小さいですが、すくなくとも7月のトレードデッドラインまではこの状態がつづきそうです。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
タイトルとURLをコピーしました