スポンサーリンク

【MLB2023】4打席連続三振のアドリス・ガルシアがサヨナラHRを放ち、重荷から開放される!

MIN 5 @ 6 TEX

現地2023年9月3日、レンジャーズはツインズの3ゲームシリーズの最終日。

 このゲーム前までの対戦成績は1勝5敗と分の悪い相手でもあります。弱っている時はなぜか、このような対戦カードに当たるものですよね。このシリーズでもすでに2連敗。いずれも投手が崩れて敗れております。

 特にGm2は、トレードデッドライン後に好投していたジョーダン・モンゴメリーまでもが打者2巡目で捕まり、立ち上がりの4点のリードもすぐに溶かし、タイブレークで敗れてしまいました。アロルディス・チャップマンも競っているところでことごとく打たれております。

 非常に厳しい戦いが続いているレンジャーズ。この日も序盤は良かったです。

シーソーゲーム!

レンジャーズが先制

 ツインズの先発は前田健太投手。レンジャーズはその前田投手の立ち上がりに襲いかかり、1アウトからコーリー・シーガーとナサニエル・ロウが連続シングルで出塁。つづくアドリス・ガルシアはスライダーでころっと三振に倒れて2アウトとなるも、つづく元ツインズのミッチ・ガーバーがアウトコースへの甘めのスライダーをLFスタンドに運び、3ランHR!

 レンジャーズはこの日も打線が序盤から機能し、投手陣を楽にするべく先制点をプレゼントしました。

 レンジャーズの先発はジョン・グレイこの日がメジャー通算200試合目の先発となりました!

 そのジョン・グレイは、4回まで毎回ランナーを背負うも粘りの投球を見せ、スコアレスを継続します。

ロイス・ルイスの3ランHRでタイに

 ところが、5回表、ヒットと四球でランナーを二人出したところで、8月27日のターゲット・フィールドでグランドスラムを打たれたロイス・ルイスに打席が回ってしまいます。ロイス・ロイスは8月28日のガーディアンズ戦でもグランドスラムを放ち、2試合連続でGSという離れ業をやってのけていました。

 ボールを散らばせていたジョン・グレイでしたが、4球目、スライダーが甘くなり、これをRFポール際に運ばれ、3ランHRで同点にされてしまいます。これはロイス・ルイスがうまく打ったと言った方が良いかもしれません。

 同点に追いつかれたレンジャーズは6回裏、2アウトから満塁のチャンスを作り、ツインズのコール・サンズのワイルピッチにより1点を勝ち越して、4-3。この後、アドリス・ガルシアが打席に入ったのですが、あえなく三振で1点どまり。

 そしてチャンスを潰した直後、左腕のブロック・バークが7回表に連続シングルを許してピンチを招き、代わったクリス・ストラットンがカルロス・コレアにタイムリーを打たれてまたしても4-4の同点に。

ミッチ・ガーバーの2本目のHRでまた勝ち越し 

 その直後の7回裏、レンジャーズはミッチ・ガーバーがこの日2本目となるHRを放ち、再び5-4と1点を勝ち越します。

 8回表、ホセ・レクラクがセットアップで登板しましたが、2つの四球でピンチを招き、またしてもロイス・ルイスに打席が回ってきました。ロイス・ルイスは、2ストライクと追い込まれながらも、5球目のシンカーをLFへ弾き返し、これがタイムリーとって5-5の同点に。

 この後、調子の悪いウィル・スミスが登板して、レンジャーズは崩れるかと思ったのですが、ウィル・スミスが意地を見せ、ダブルプレーを奪って同点までに止めました。

 9回表、レンジャーズは左腕のコディー・ブラッドフォードが登板。ブラッドフォードは9回表をリズム良く三者凡退に抑え、良い流れを作って9回裏に。

アドリス・ガルシアが今度こそ!

 9回裏、ツインズはジョシュ・ワインダーが登板。ヨアン・ドゥランは前日に投げていたため、この日は登板せず。これはレンジャーズにとってラッキーでした。

 先頭打者はアドリス・ガルシア。ツインズ・バッテリーは執拗にインコースにボールを集めます。5球目。コースは非常に良かったのですが、あまりにもインコースに集中し過ぎたため、4三振で不振だったアドリス・ガルシアもさすがにこれに反応。難しいコースでしたが、うまくさばいてLFスタンドへラインドライブで放り込みました。

 打った瞬間は、苦戦していたこともあり、まずはその重荷を降ろしたような表情となったアドリス・ガルシア。その後は喜びが爆発しました。

 レンジャーズが見事にサヨナラでツインズを下し、シリーズ・スウィープを免れました。

MLB Gameday: Twins 5, Rangers 6 Final Score (09/03/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

 ブルース・ボーチー監督は不調であってもアドリス・ガルシアを4番で起用。この日は本当に散々な出来でした。

  • 第1打席:1アウト、1,2塁のチャンスで三振
  • 第2打席:2アウト、2、3塁のチャンスに三振
  • 第3打席:5回のイニング先頭で打席に立つも三振
  • 第4打席:6回裏の2アウト、2、3塁のチャンスで三振
  • 第5打席:9回裏、イニング先頭でサヨナラHR

 アドリス・ガルシア、報われてよかったですね。

アドリス・ガルシア、地獄の8月

 レンジャーズ打線の中核として大いに機能してきたアドリス・ガルシアは、8月は大苦戦。

 97打数20安打で打率.206、OBP .313、SLG .454、HR 7、RBI 13。HRは出ていたのですが、いかんせんブレーキになることが多く、2割半ば以上は記録する打率がご覧のような状態に。

 9月はさらに確率性がダウンしていたのでした。このHRをきっかけに浮上してくれればと思います。

ALウエスト、勝負の9月に

 この日のゲームを終えてALウエストの上位3クラブはご覧の状態です。

TeamWLW%GB to SEA
1SEA7759.566
2TEX7660.5591.0
3HOU7761.5581.0
現地2023年9月3日時点のALウェストトップ3

アストロズがヤンキースにスウィープされたため、さらに混沌とした状況に。現地2023年9月3日はマリナーズもメッツに敗れました。

勝負は9月後半

 下記の記事にも書いたのですが、勝負は9月後半のレンジャーズ&マリナーズの7試合。

  • 9/22-9/24: SEA @ TEX
  • 9/28-10/1: TEX @ SEA

  レンジャーズ、投手陣が苦しいですが、ついていってもらたいですね。

 そしてレンジャーズの次のカードはアストロズ!ここでどれだけ粘れるか?ということになってきそうです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】タナー・ハウクがシャットアウト勝利!試合時間はたったの1時間49 分!
【MLB2024】ムーキー・ベッツが5-5! 過去のキャリアハイの打率.346、安打数 214を超えるシーズンになるか!
【MLB2024】マイケル・ローレンツェンのレンジャーズ・デビューはスコアレス投球!
【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
タイトルとURLをコピーしました