スポンサーリンク

【MLB Pre2023】ラーズ・ヌートバー、カージナルスに復帰し、1BB、1RUN

侍ジャパンのMLBメンバーはそれぞれの地へ

 侍ジャパンが走攻守にわたり、非常にクオリティーの高い野球を見せ、見事にタイトルを勝ち取ったWBC2023。最後は大谷-トラウトのガチの勝負が実現するなど、まさに見どころ満載でワクワクさせてくれました。

 日本時間2023年3月23日は侍ジャパンのメンバーも日本に帰国。記者会見の様子など話題になりました。

 日本チームが帰国する中、パドレスに所属するダルビッシュ投手、エンゼルスに所属する大谷選手は専用機でアリゾナへ。そして、グレーブフルーツリーグが行われているレッドソックスの吉田選手、カージナルスのラーズ・ヌートバー選手はそれぞれフロリダのスプリング・トレーニングの地に戻りました。今回はマイアミが最後の舞台でしたから、2人とも移動に関しては楽でしたね。

ヌートバーもSTLへ復帰

 そして侍ジャパンに大いに貢献してくれたうちの1人がカージナルスのラーズ・ヌートバー選手でもありました。もう大人気でしたね。筆者などは1次ラウンドで死球を受けた後に相手投手をにらみつける姿に心を鷲掴みにされました。完全に狙っていましたからね。ゲーム後のコメントで、「凝ってたところに当たってちょうど良かった」という強気な発言も良かったですね。

WBCでの成績

 ラーズ・ヌートバー選手は1次ラウンドからファイナルまで7試合すべてに出場。リード・オフとして大きく貢献してくれました。

 成績は、27打数7安打、打率.269、OBP .424、SLG .269、OPS .693、7Run、6 BB、6SO、2SB。7 Runは、近藤選手、大谷選手の9に次ぐチーム内3位。7安打は大谷選手の10、近藤選手の9、吉田選手の9につぐ4位。守備も含めて数字以上の貢献だったことは言うまでもありません。

カージナルスに復帰

 そんなヌートバー選手が現地2023年3月23日、カージナルスに復帰。グレーブフルーツ・リーグで、ヤンキース戦に7番LFで先発出場。

 第1打席は左腕のネスター・コルテスの86.3mphのカットボールをひっかけ、1Bゴロに倒れたものの、第2打席は、右腕のグレッグ・ワイザート(Greg Weissert)のボールを見極め、2ストライクを奪われながらもしっかりと四球をゲット。これが得点につながり、しっかりと良い仕事をしています。

MLB Gameday: Yankees 1, Cardinals 1 Final Score (03/23/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

 この日はこの2打席のみで終了。1Runを上げています。

今季は打率が上がりそう

 2022年のヌートバー選手の打撃成績は、108試合で、290-66、打率.228、OBP .340、SLG .448、HR 14 、二塁打 16、RBI 40、RUN 53、BB 51、SO 71。

 WBCでの打席を見ておわかりの通り、ヌートバー選手の打球方向はCF中心。しかも強いロゴで抜くケースが多いです。2022年の打率が低いのはそのシフトの網に引っかかるケースが多かったため。

 2023年シーズンからMLBはシフト・リスクリクションを実施。

 これまでは、2Bが1、2塁間を締め、SSがCF方向を締めていましたが、ルール改正により、内野の半分には2人の野手しかついてはいけないことになっており、しかも深いポジションでは芝生に足をかけることも許されません。

 少なくとも、1、2塁間か、CF方向かのどちらかは空きますので、ヌートバー選手のヒットゾーンは広がることに。強いゴロ対策で深めに守っていた2Bも前に出されますので、その意味でも打率は上がりそうです。

カージナルスのOF

 現地2023年3月23日時点でのカージナルスのアクティブ・ロスターのOFは、右打者のタイラー・オニール、左投げスイッチヒッターのディラン・カールソン、左投げ左打ちのプロスペクト、アレク・バールソン、右投右打のフアン・イェペス、そしてラーズ・ヌートバーの5名。

 2022年の成績で行けば、フアン・イェペス、タイラー・オニールはヌートバーとほぼ同じような成績。60-70安打で、10-15HR前後。ディラン・カールソン、アレク・バールソンそれよりは落ちる感じです。

 ヌートバー選手の開幕スタートは間違いなさそう。WBCではつなぎに専念していましたが、レギュラーシーズンでは打球も上がってきそうです。

 彼の活躍も楽しみですね。

 カージナルスは現地2023年3月30日、地元ブッシュ・スタジアムでブルージェイズとの開幕ゲームです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
タイトルとURLをコピーしました