スポンサーリンク

【MLB2023】カージナルス、20才のジョーダン・ウォーカーを開幕26人ロスターに選出!ヌートバーのライバルにも

センセーショナルな20才がロスターIN

 現地2023年3月25日、カージナルスの発表によりますと、20才の3Bで、右投げ右打ちのジョーダン・ウォーカー(Jordan Walker)がオープニング・デーのアクティブ・ロスターに入ることが決まりました。

ロスター調整 

 カージナルスはこのセンセーショナルな20才の内野手に加えて、33才のベテラン・ユーティリティーのテイラー・モッター(Taylor Motter/ 右投げ右打ち)もオープニング・デーのアクティブ・ロスターに入れることを発表しています。

テイラー・モッターもアクティブ・ロスターに

 テイラー・モッターは、2022年11月にカージナルスとマイナー契約。今スプリング・トレーニングでは、22試合で51打数12安打、打率.235、OBP .361、SLG .412、OPS .773、HR 3、RBI 6、BB 10、SO 15と結果を出し、現地3月25日に40manロスター入り。そのまま開幕の26人のアクティブ・ロスターに入りました。

 ロスター調整として、左腕のジェネシス・カブレラ、同じく左腕のジョジョ・ロメロ、ユーティリティーのフアン・イェペスがトリプルAにオプションされることとなりました。

 ジョジョ・ロメロは、現地2023年3月20日のWBC準決勝のメキシコ@日本戦で、吉田選手が7回裏に同点3ランHRを打った時の投手です。

トリプルAを経ずにメジャーへ

 さて、ジョーダン・ウォーカーですが、2002年5月22日生まれの20才(現地2023年3月25日時点)。

 2020年ドラフトのカージナルスの1巡目(全体21位)でピックされた右投げ右打ちの内野手です。

 2020年はマイナー・リーグがコロナ・パンデミックでキャンセルとなったため、プロデビューは2021年から。プロデビューのランクはクラスAからのスタートで、ルーキー・リーグを経ておりません。

 2021年はクラスA+にも昇格し、双方のレベルを合わせた成績は、82試合で326-103、打率.317、OBP .388、SLG .548、HR 14、二塁打 25、RBI48、SB 14、BB 33、SO 87。

 2022年はダブルAで開幕を迎え、そこでフルシーズンを過ごしました。119試合に出場し、461-141、打率.306、OBP .388、SLG .510、HR 19、二塁打 31、RBI 68、SB 22、BB 58、SO 116をマーク。

 また秋にはAFL(Arizona Fall League)にも参加。ここでも結果を出していて、打率.286、OBP .367、SLG .558、OPS.925、HR 5、二塁打 6、RBI 16、SB 3、BB 10、SO 23。

 今回のアクティブ・ロスターへの選出は、トリプルAを経ずにメジャー・デビューすることとなります。

 ちなみに飛び級昇格と言えばブライス・ハーパーのイメージがあると思いますが、ハーパーの場合、デビュー・イヤーの前年の2011年はクラスAとダブルAで過ごし、秋にAFLに参加。そして、デビュー・イヤーの2012年は、開幕は一旦20日ほどトリプルAで過ごした後、2012年4月28日にメジャー・デビューしていますので、一応トリプルA経由です。

2023 スプリング・トレーニングでも結果

 そのジョーダン・ウォーカーですが、今スプリング・トレーニングはNRI (Non-Roster Invitee)としてメジャー・キャンプに参加。ここでも良い結果を出していたのです。

 19試合に出場し、63-18、打率.286、OBP .308、SLG .508、OPS .816をマーク。しかも、HRは3本、二塁打は5、RBIは9、SB は2、BB 2、SO 14。

トッププロスペクトランク4位(2023/1)

 プロデビュー後、実に安定した結果を出し続けていたジョーダン・ウォーカーは、2023年1月に発表されたMLBパイプラインによるトップ・プロスペクト100で、4位にランクイン。そもそもはかなりの逸材だった訳です。

体が大きい

 VTRでおわかりの通り、体がでかいです。身長は196cm。これは打席に立つと際立って大きく見えたフランミル・レイエスと同じサイズです。よって、非常にパワフル。

 安打数が多いので、起用なところも見せております。しかもBBもかなり取ることから選球眼も良さそうです。気になるのは三振が多いところ。おそらくプロレベルの変化球を今現在は体験している最中で、ましてや今春はメジャーの変化球を見ているところでしょうから、これは通過儀礼のようなもので一時的であると思われます。長打力があるので、多少は三振はするとは思います。

3Bだが、OFも守れる!

 ジョーダン・ウォーカーの本職は3B。ただ、ご存じの通り、カージナルスの3Bにはノーラン・アレナドがおります。

 ノーラン・アレナドはデビューイヤーの2013年から10年連続でゴールドグラブ賞を受賞。併せて2017年から6年連続でプラチナグラブ賞も受賞し続けているというとてつもなく凄い存在です。

 また、カージナルスの内野は、1Bには2022年NL MVPのポール・ゴールドシュミットがおり、三遊間のとちらかはトミー・エドマンが守ります。本来のSSのポール・デ・ヨングは、腰を傷めているため、2023年の開幕はILからスタートするする見込み。よって、SSはトミー・エドマンで決まりかと思います。

 2Bですが、ついついコルテン・ウォンと言いたくなりますが、コルテン・ウォンは2021年オフにすでに出ています。ここがプロスペクトが入る余地ですが、おそらくブレンダン・ドノバン、ノーラン・ゴーマンで埋めそうです。

 ということはジョーダン・ウォーカーに内野のポジションは空いていないので、どこを守るかというとDHかOF。

ヌートバーのライバルに

 DHはある程度、野手の守備での負担軽減に用いたりしますので、もしもジョーダン・ウォーカーの打撃を活かすなら、OFを守るしかありません。

 3Bが出来るゆえにフィールディングには問題がなく、しかも盗塁をビシバシと決めることからスピードもあります。

 カージナルスのOFは今ひとつ決め手に欠けるところがあるので、ここはジョーダン・ウォーカーをかなりの頻度で起用することが見込まれます。

 現時点で、OFのポジション争いでリードしていると思われるラーズ・ヌートバーですが、今回のジョーダン・ウォーカーの開幕ロスター入りはなかなか気が気でないかもしれません。もっとも、ヌートバーはチャンスメイクとしぶとさがあるので、そこは誰にも真似できないところですから、その価値を高めてくれれば良いなと思います。

 今季はシフト・リストリクションでおそらく打率は上がると思われます。 

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ウィリー・メイズが93才でなくなる。MLB史上、燦然と輝く名選手
【MLB2024】カイル・シュワーバーが2HRを放ち、6月通算60本を達成!その6月のレジェンドぶりのまとめ
【MLB2024】ドジャース、ムーキー・ベッツ(左手骨折)の離脱で、三遊間が欠ける事態に
【MLB2024】ドジャースの山本由伸投手が2回で緊急降板。右上腕三頭筋の張りでIL入りは必至(追記)
【MLB2024】カブス・今永投手が7勝目!シーズン最多の103球で味方打線の火をつける!
【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
タイトルとURLをコピーしました