スポンサーリンク

【MLB2020】グーグル・マップで見るMLBのスプリングトレーニング施設のロケーション

MLBスタジアム

あらゆるプランを模索中!

 日本時間2020年4月20日、新型コロナウィルスに関しては、まだまだピークが見えず、まったく油断ならない日々が続いています。

 プロスポーツを楽しむというのは、いかに幸せな環境であったのか!というのを痛感させられる今日このごろです。

 生活が成り立ってこその有料ストリーミング視聴や現地への旅行、あるいはグッズの購入だと思いますし、そもそも生存しなければ生活も出来ない訳で、その意味で今は色々と見直しが出来るいい機会だなと考えております。

早期にやるならアリゾナという方向性

 アメリカの感染拡大の状況はひどいものですが、その厳しい状況下においても経済を回す必要がありますし、収束後に可能な限り経済的に早く立ち上がる準備も整えないといけません。通常に戻るという意味ではプロスポーツの開催はアメリカにとって希望であるとも言えるでしょう。そんな中、MLBは早期開催に向けてあらゆるプランを模索中です。

無観客にならざるを得ない

 MLBの開催も見えない状況です。たとえば、ヤジエル・プイーグは「2020シーズンはもうない」と考えているようです。社会情勢から見れば、それこそ大震災と似たような状況な訳ですから、そのような見方も当然あります。

 ただ、それでもやる!というふうになった場合、新型コロナウィルス対策で見事な対策を打った台湾でさえ、無観客でのスタートとなりました。

 ひどい感染がつづくアメリカにおいても早期スタートとなった場合はやはり無観客での開催になるだろうと思います。

アリゾナプランはかなり有力

 そしてやはり有力なのが「アリゾナ・プラン」。

 感染の状況が地域的にどこが落ち着いているのかというのは医学的見地が必要なので控えますが、気温を含めた様々な条件でアリゾナ州はかなり有力な候補地であることは確か。ただ、アリゾナ州は3月30日に州知事が4月30日までの自宅待機命令を出しています(JETRO)。

 もし早期にやるなら、もう一旦はアリゾナに集結というパターンがもっとも有望ではないか?と思います。

アリゾナの施設のロケーション

 ではここでアリゾナ有望説の大きな根拠になったコンパクト性について視覚化したいと思います。

 2020年時点のアリゾナのスプリングトレーニングの施設のある場所はご覧の通りです。

地図の使い方

 下の地図はグーグル・マップの埋め込みです。クリックしたりすることで動きます。

  • デフォルトで一覧が見える位置取りにしていますが、たとえ崩れてももとも戻す必要はございません。一度ページごと消してまたこの記事を開いていただければ戻ります。
  • ロケーションにチームロゴを配置。地図上のロケーションに番号まで振れなかったのでそうしました。クリックすると左から情報が出てきます。
  • 一番上のArizona Spring training Facilitiesの左横の四角い記号を押していただければ一覧のリストが出てきます。

 下記はそのリストです。

クラブ球場名キャパ
LAD/CWSCamelback Ranch13,000
CIN/CLEGoodyear Ballpark10,000
CHCSloan Park15,000
OAKHohokam Stadium12,623
SEA/SDPPeoria Sports Complex12,882
LAATempe Diablo Stadium9,785
MILAmerican Family Fields of Phoenix7,000
SFGScottsdale Stadium12,000
ARI/COLSalt River Fields at Talking Stick11,000
TEX/KCRSurprise Stadium10,500
ARI HomeChase Field
(アリゾナプランの場合追加)
48,519

アリゾナはコンパクト

 ご覧になっておわかりの通り、アリゾナは非常にコンパクトに出来上がっています。移動中はバスでしょうから、密閉されている時間が短ければ短いほどよいのでその意味でもアリゾナプランは良いとされています。

 選手を保護する観点においても良いかもしれません。

 では仮にフロリダの方のロケーションも見てみたいと思います。

フロリダの施設のロケーション

 ご覧のような配置になります。結構離れています。半島の東海岸と西海岸にわかれていますね。

 こちらのリストです。

クラブ球場名キャパ
DETPublix Field at Joker Marchant Stadium8,500
NYMPort St. Lucie7,347
STL/MIAThe Roger Dean Chevrolet Stadium6,871
WSH/HOU FITTEAM Ballpark of the Palm Beaches7,600
MINHammond Stadium
at CenturyLink Sports Complex
7,500
BOSJetBlue Park at Fenway South11,000
ATLCoolToday Park8,000
TBRCharlotte Sports Park7,000
PIT LECOM PARK6,602
BALEd Smith Stadium7,500
PHISpectrum Field8,500
NYYGeorge M. Steinbrenner Field10,000
TORTD Ballpark8,500

 フロリダのスタジアムはスタンドのキャパだけを見れば小さいです。もっともグランド面全体から言えばまた話が違ってくるのですが。

共用とは

 アリゾナ、フロリダともに、1つの施設に2クラブの名前があったりします。これはどういうことかというと、もう施設の規模が大きすぎて2クラブで複数面使ってもまだお釣りが来ますよというくらいに広いことを意味しています。

安心してください!足りてますよ!

 たとえばこちらはフロリダのナショナルズとアストロズが共有するFITTEAM Ballparkですが、メインスタジアムが中央にあって、上6面がアストロズ、下6面がナショナルズという配置。もうここで高校野球の地方予選をやりたいくらいですね。いみじくも2019年ワールドシリーズはこの2クラブでしたね。

ドジャースは? 

 かつてドジャースはフロリダのベロビーチでドジャータウンをつくってブルックリン時代からずっとそこでスプリングトレーニングをやっていましたが、ベロビーチは2008年で終了となりました。 

 あれだけすごい施設だったのに今はアリゾナでホワイトソックスとの共用です。

 なおベロビーチの位置はフロリダの地図のメッツのマークの少し上になります。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022FA】”二刀流”マイケル・ローレンツェンがエンゼルスと1年でサインしたディールについて
【MLB2022FA】ハビアー・バイエスとタイガースの6年/140Mドルの契約について
【MLB Hall of Fame】ベテランズ委員会による投票でジム・カートら6名が野球殿堂入り
【MLB2022】レンジャーズ&コーリー・シーガーの10年325Mドルのメガ・ディールについて
【MLB2022】注目FAマーカス・セミエンがレンジャーズとサインした7年175Mドルのディールについて
【MLB2021-22】守備の達人、ジャッキー(JBJ)がレッドソックスに復帰。レンフローも動いたトレードの中身
【MLB2022FA】カブスがマーカス・ストローマンと3年/71Mドルで合意
【MLB2021-22】ロックアウトへ突入の見込み(追記: 突入しました)
【MLB2021-22】ノンテンダー・FAリストにマシュー・ボイド、ヨハン・カマーゴら
【MLB2022FA】マックス・シャーザーがメッツとレコード・ブレイキング・ディールへ! 3年130Mドル
【MLB2022FA】CBA期限前に大型ディールのラッシュ!セミエン、ロビー・レイ、シャーザー、シーガーなど(追記あり)
【MLB2022】ブルージェイズ、イーミ・ガルシアと2年で合意
【MLB移籍 2022】マリナーズ、トレードでパドレスからアダム・フレイジャーを獲得
【MLB2022FA】メッツ、OFのスターリン・マルテも獲得!4年のビッグ・ディール
【MLB2022FA】メッツ、マーク・カナと2年26.5Mドルでサイン!
【MLB2022FA】メッツ、3Bのエドゥアルド・エスコバーと2年20Mドルでサイン
【MLB2022FA】レッドソックス、マイケル・ワカと1年で合意。その獲得動機とは?(追記あり)
【MLB2022FA】筒香選手はパイレーツと1年/4Mドルでサイン
【MLB 2021-22】MLBと選手会が、ノンテンダー・デッドラインの日付の前倒しに合意!11月30日に変更
【MLB2022FA】ケンダール・グレイブマンはホワイトソックスと3年で合意
タイトルとURLをコピーしました