スポンサーリンク

【NLセントラル2017】カージナルスが8連勝!カブス、ブルワーズとの三つ巴に!

カージナルス

こんにちは。

 

現地2017年8月12日は、カージナルスがブレーブスとの1戦に6−5で勝利し、これで連勝を8として、ついにナ・リーグ中地区首位のカブスに並びました。

 

このゲームでは26才のRF、ランダール・グリチャック(Randal Grichuk)が活躍。4打数2安打、1打点、1HR(15号)と暴れました。

 

ランダール・グリチャックは2009アマチュアドラフトでLAAから1巡目指名で入った逸材。2013年にデビッド・フリースとフェルナンド・サラスとのトレードでカージナルスへ移籍しました。

 

すでに2014年から100試合以上出ている選手ですが、かんたんにおさらいしておきました。

 

 

カージナルスはトレバー・ローゼンタールを今後も後ろで起用するかもしれません。

 

トレバー・ローゼンタールは今季、右肩の炎症などでDLで開幕。もっとも、2013年から74-72-68試合とかなり登板でしたので、疲れが出ても仕方ありません。

 

今季は昨季の45試合を上回る、48試合に登板していますから、首脳陣としても後ろを任せたいところです。

 

ナ・リーグ中地区ですが、カブス、カージナルス、ブルワーズの三つ巴の争いになってきました。

 

ここからは3チームともに厳しい戦いが続きそうです。最後は投手力かと思いますが、チームERAはカージナルスが3.78、カブスが3.98、ブルワーズが4.19。今のところ、カージナルスがややリードしています(現地2017年8月12日現在)。

 

ただ、WHIPで行きますと、カブスが1.27 、カージナルスが1.28、ブルワーズが1.38とここではカブスがややリード。

 

ブルワーズがやや劣るものの、カブスとカージナルスではほとんど差がありません。

ナ・リーグ中地区、目を離せませんね。

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

コメント

NEW

【MLB 2021】大谷選手、2日連続のHR!18号、19号!
【粘着剤ルールへの反応】タイラー・グラスノーとアレックス・コブのコメント
【MLB規制】高粘着異物の具体的な運用が明らかに(追記あり)
【MLBボール】投球時の高粘着の異物による滑り止め規制の開始
トレード注目のマックス・シャーザー、怪我は右の鼠径部で軽症(追記あり)
【MLB2021】大谷選手、自打球直後に二塁打!投げては奪三振8で勝利に貢献
【MLB2021】「好調」ニック・マドリガル(CWS)、右ハムストリングを傷め長期離脱へ
【MLB2021】ルーク・ウィリアムス、メジャー初HRは「サヨナラ」!
【MLB2021】ケブライアン・へイエスとボビー・ウィット・Jr.がベース踏み損ねでHRが無効に
【MLBデビュー】チームUSAでの活躍で昇格したルーク・ウィリアムス、初ヒットはセイフティー!!
【MLB アウトライト】フィリーズがスコット・キンガリーに厳しい決断
【MLB2021】レッドソックス、ライバル対決をスイープ!
【MLB2021】ジェシー・ウィンカーが今季2度めの1試合3HR!レッズはカージナルスをスイープ
”See you in TOKYO” チームUSA、東京五輪出場決定!トッド・フレイジャーが4-4!
【MLB2021】今季初のライバル対決はレッドソックスが勝利!デバースが先制3ランHR!
【MLB2021】ダルビッシュ投手、メッツ戦で投打に活躍し6勝目!
【ROAD to 東京】アメリカ大陸予選、チームUSAがスーパー・ラウンドへ
【MLB 2021】ロイヤルズ、噂のエドワード・オリバレスが昇格後も好調
【MLB2021】101mphが10球!ジェイコブ・デグロムがまた異次元の投球
【東京五輪2021】アメリカ大陸予選!ジャレン・デュラン、トリストン・カサスほかチームUSAのロスターが決定
タイトルとURLをコピーしました