スポンサーリンク

【NLセントラル2017】カージナルスが8連勝!カブス、ブルワーズとの三つ巴に!

こんにちは。

 

現地2017年8月12日は、カージナルスがブレーブスとの1戦に6−5で勝利し、これで連勝を8として、ついにナ・リーグ中地区首位のカブスに並びました。

 

このゲームでは26才のRF、ランダール・グリチャック(Randal Grichuk)が活躍。4打数2安打、1打点、1HR(15号)と暴れました。

 

ランダール・グリチャックは2009アマチュアドラフトでLAAから1巡目指名で入った逸材。2013年にデビッド・フリースとフェルナンド・サラスとのトレードでカージナルスへ移籍しました。

 

すでに2014年から100試合以上出ている選手ですが、かんたんにおさらいしておきました。

 

 

カージナルスはトレバー・ローゼンタールを今後も後ろで起用するかもしれません。

 

トレバー・ローゼンタールは今季、右肩の炎症などでDLで開幕。もっとも、2013年から74-72-68試合とかなり登板でしたので、疲れが出ても仕方ありません。

 

今季は昨季の45試合を上回る、48試合に登板していますから、首脳陣としても後ろを任せたいところです。

 

ナ・リーグ中地区ですが、カブス、カージナルス、ブルワーズの三つ巴の争いになってきました。

 

ここからは3チームともに厳しい戦いが続きそうです。最後は投手力かと思いますが、チームERAはカージナルスが3.78、カブスが3.98、ブルワーズが4.19。今のところ、カージナルスがややリードしています(現地2017年8月12日現在)。

 

ただ、WHIPで行きますと、カブスが1.27 、カージナルスが1.28、ブルワーズが1.38とここではカブスがややリード。

 

ブルワーズがやや劣るものの、カブスとカージナルスではほとんど差がありません。

ナ・リーグ中地区、目を離せませんね。

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
タイトルとURLをコピーしました