スポンサーリンク

【MLB2022】プホルズが693号!ジョーダン・モンゴメリーの1ヒット・シャットアウトに花を添える

STL、モンゴメリー&プホルズのコンビで1-0で勝利

 カージナルスが渋い1ラン・ゲームを見せてくれました!

 現地2022年8月22日、リグレー・フィールドで行われたカージナルス@カブス戦は、息詰まる投手戦。カブス先発のドリュー・スマイリーは7回を被安打4、失点1、奪三振6と素晴らしい内容でゲームメイクしましたが、それを上回ったのはカージナルス先発のジョーダン・モンゴメリーでした。

 そしてカージナルスを勝利に導いたのは、700号までカウントダウンに入ったアルバート・プホルズでした。

モンゴメリー、99球で1RUNゲームを制す!

 息詰まる投手戦をまるでやすやすと投げているかのように、通常通りに投球していたジョーダン・モンゴメリー。ゲーム序盤はコントロール重視で抑え気味。モンゴメリーが最も球速を出すボールはシンカーなのですが、4シームと併せて、90mph台と92-93mph台の2つの速度帯を使い、まずはスムーズなゲームインを心がけていたような立ち上がりでした。78-81mphほどの緩いカーブも効果的に使っていましたね。

 この日の捕手はヤディアー・モリーナでしたので、当然モリーナの巧みなリードが引き出したスムーズな立ち上がりでした。

 ゲーム内での微調整が済んだ中盤。モンゴメリーは意識的にファストボールの速度を上げ、93-94mphに切り替え。威力がありました。

数字以上の球威

 今のメジャー・リーグの左腕投手は、平気で95mph以上をビシバシと決めたりすることから比べると、モンゴメリーのベロシティーは最速のシンカーで95mph近辺で、数字上は特別に速いわけではありません。しかし、198cmの長身から強く腕を振って放たれるファストボールは、数字以上の球威を感じさせます。「もっと出てるでしょ!」と思えるほどの威力ですね。

モリーナもリードしがいがある!

 モンゴメリーには、80mph台前半のチェンジアップと80mph台後半のカットボールもあります。こうなると、リードするモリーナもその日のコントロールが大丈夫と判断すれば、こんなにリードしがいのある投手はいないかもしれません。

 左右の違いはあれど、アダム・ウェインライトと絶妙なコンビを見せるモリーナですから、もう美味しい素材というしかないでしょうね。相手打者を見つつ、リードするのは楽しくて仕方なさそうです。

9回1ヒッター・シャットアウト

 この日のジョーダン・モンゴメリーはお手本のような投球で、結果9回をたった99球で投げきり、被安打1、スコアレス、BB 0、 SO 7という内容でした。

 ニア・パーフェクト!には違いないのですが、初ヒットを許したのはゲーム序盤の3回裏です。2アウトからクリストファー・モレルがLF線へ2塁打を放ち、この時点でブレークしています。なお、この2塁打でエラーもあり、モレルは3塁まで到達するも、このバッテリーはニック・マドリガルをSSゴロに抑え、得点を許しませんでした。

TDL移籍後、輝きつづけるモンゴメリー

 このトレードデッドラインでハリソン・ベイダーとのトレードでヤンキースから移籍してきたモンゴメリ。

 今季の成績はご覧の通り。

  • NYY: 3勝3敗、ERA 3.69
  • STL: 4勝0敗、ERA 0.35

 カージナルスでの数字は8月2日のTDL以降、まだ1ヶ月経過していない数字です。4戦4勝です!!

 交換相手のハリソン・ベイダーは7月末に足底筋膜炎と診断され、回復まで1-2週間ということでしたが、まだ出場なし。現時点ではマイナーでのリハビリ出場もしていません。一旦、戻ってくれば素晴らしいディフェンスを披露するのですが、現時点ではヤンキースは泣くに泣けない結果となっております。当初から首をかしげるトレードでもありました。

プホルズがゲームを決める!

 カージナルス打線もカブス先発のドリュー・スマイリーに手を焼き、3回までは毎回三振。4回表に先頭のノーラン・アレナドがLFへのシングルで出塁し、チャンスメイクをするも、つづくアルバート・プホルズがアウトハイのシンカーでダブルプレーに打ち取られ、得点ならず。

 スコアレスで進展した7回表、先頭はアルバート・プホルズ。4球目、アウトハイのとんでもない高いボールが来ましたが、プホルズはこれに対応。バットのヘッドを立てて、左中間に強烈な一発を放ち、先制点を上げました。

 プホルズは前の打席から最後はアウトハイのシンカーと読んでいたようです。前の打席を知らずにHRシーンのVTRだけを見た時、「なんであんなうまく高めに対応できたの?」と不思議でなりませんでしたが、ちゃんと伏線はありました。

 2ストライクと追い込まれていましたし、アウトハイのシンカー一本に絞っていたのでしょう。スマイリーがカーブを投じたならタイミングは崩されますが、4シームであれば対応できますし、待ちとしてはそれしかなかったのかもしれませんね。ウィルソン・コントレラスは2度続けたということにもなります。

プホルズ、700号へあと7

 アルバート・プホルズのこの一発は通算693号。700号まであと7本と迫りました。ちなみにあらためて、歴代HRリーダーはご覧の通り。

【MLBキャリアHRリーダー】

  1. バリー・ボンズ(22シーズン):762
  2. ヘンリー・アーロン(23シーズン):755
  3. ベーブ・ルース(22シーズン):714
  4. アレックス・ロドリゲス(22シーズン):696
  5. アルバート・プホルズ(22シーズン):693

(現地2022年8月22日時点)

 アルバート・プホルズは今月7HR目です。8月は現地2022年8月22日時点で14試合に出場し、打率.472、OBP .525、SLG 1.083、OPS 1.608。出れば打つ!という状態。

10年ぶりのウィークリー・アウォード 

 なお、プホルズは現地2022年8月21日(該当週は8/14-20)に、Players of the Weekを受賞。これは同僚のポール・ゴールドシュミットとともに受賞しました。

 プホルズがPlayers of the Weekを受賞したのは、2012年8月5日以来のこと。なんと10年ぶりの受賞です!

 ここまでの活躍をしているプホルズですが、引退の意思は動かないようです。ここに来て、体調がいいのがすべてだと思いますが、それまでは公表していない怪我などもあったのでしょう。そして、今はチャンスが与えられていると考えているのかもしれません。

 それにしてもカージナルス、素晴らしいゲームでした。

 なお、鈴木誠也選手は4番RFで出場するも、3-0でした。これはモンゴメリーのスタッツが語るように四球なしの打数です!よく見ると、カブス打線で4回打席に立っているのは1番のニック・マドリガルしかおりません。9イニングゲームで2番以降、3打数(打席数も3)しか回っていないとはあまり聞いたことがないですね。

 それだけモンゴメリーとモリーナのコンビが素晴らしかったということですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました