スポンサーリンク

【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される

コミッショナーが324試合のサスペンションを科す

 現地2022年4月29日、MLBのロブ・マンフレッド・コミッショナーは、ロサンゼルス・ドジャースの右腕トレバー・バウアー投手に対し、家庭内暴力と性的暴行に関するポリシー(domestic violence and sexual assault policy)に基づき、それに違反したとして、324試合(丸2シーズン)のサスペンション(出場停止処分)を科しました。

サスペンションのスタートは29日から

 これまでトレバー・バウアーは2021年7月2日から、リストリクティッド・リストに入っていました。何か法的な手続きが進行している時に入れられるステータスでもあります。

 これが、MLBと選手会の合意により、期限が来れば延長、延長という形で、それが2022シーズンにおいても継続していたという状態でもありました。ちなみに、この期間のサラリーは支払われています。アドミニストレーティブ・リーブでもありますので、文字通り、有給ですね。

 今回の324試合のサスペンション処分はいわゆる2021年7月2日に遡及するのではなく、2022年4月29(金)からスタートとなります。丸2年という期間もさることながら、開始日の遡及もなく、これからスタートするというのは相当厳しい処分ということになります。

 丸2年ですから、2024年4月28日までですね。

サスペンション期間は無給

 また、このサスペンション期間はこれまでのアドミニストレーティブ・リーブと異なり、無給となります。

ドジャースの支払い 

 トレバー・バウアーとドジャースは、2021年2月に3年/$102M (2021-23)という短期間で単価の高い契約でサイン。

  • サイニング・ボーナス:$10M
    • (2021年3月15日、7月15日にそれぞれ $5Mずつ支払い)
  • サラリー:
    • 2021:$28M (2021年11月1日受け取り)
    • 2022:$32M 
    • 2023: $32M
  • オプトアウト:
    1. 2021年終了後(バイアウト$2M) :その場合、ドジャースは2021年の$28Mのうち、$20Mを利息なしで繰延払い。スケジュールは2031年から2040年までの10年間、12月1日に$2Mずつ支払い
    2. 2022年終了後(バイアウト $15M )

 バウアーは2021シーズン終了後にオプトアウトせずにドジャースに残留することを選択しています。

 これまで支払った額と支払う見込みの金額は$102Mのうち、サイニング・ボーナスの$10M、2021年のサラリーである$28Mの計$38Mが支払った額。そして、2022シーズンの$32Mのうち、現地28日(ドジャースは現地28日はオフではありました)までの18試合分は支払う見込みの金額に。計算すると、$32Mを162試合で割れば$0.198M/Gameになりますから、18試合分の$3.564Mが支払う見込みに。そして残りの$28.436Mは支払い免除、そして2023年の$32Mもそうなります。ドジャースは計$60.436Mを支払わずに済むことに。

 いずれにせよ、サスペンションは契約の終了後も継続しているという設定となっています。

DVポリシーに抵触した疑惑

 トレバー・バウアーと被害女性はInstagramを通じて知り合い、2021年4月21日に初めて面と向かって会いました。彼女は、最初の出会いがエスカレートし・・・と説明。それ以降はナイーブな内容なので記載は避けたいと思います(リンク)。

 女性はまた、バウアーに対して一時的に一方的接近禁止命令を提出。それが出て以降、MLBも調査に入り、リストリクティッド・リストに入りました。

 ロサンゼルス高等裁判所の判事は接近禁止命令を却下。そして、2022年2月にロサンゼルス地方検事局は、バウアーを刑事事件として追及しないことを発表しています。

 なお、被害女性は今後、民事で訴える権利も有しています。

処分はコミッショナーに権限

 MLBはバウアーがリーグのDVポリシーに違反したかどうかを判断するため、約10ヶ月にわたり、独自に別の調査を敢行。MLBとMLBPAが合意したDVポリシーの下では、コミッショナー事務局は、たとえ裁判で起訴されたり有罪判決を受けたりしていなくても、選手を出場停止にする権限をもっています。

 その捜査が進む中、MLBとMLBPAはバウアーの現ステータスを複数回延長することに合意。2021年のレギュラーシーズンの81試合と2022年のシーズン開幕18試合を欠場したのはご承知の通りです。

過去のケース

 MLBはこのDVポリシー違反で過去6年間に、このケースを含めて15人の選手に15試合から162試合のサスペンション処分を科しています。また、刑事告訴が取り下げられた後でも、DVポリシーに基づき、サスペンション処分を下された選手の例は複数あります。

 その一例が2019年8月のフリオ・ウリアスのケース。ウリアスは、同年5月にビバリーセンターの駐車場でガールフレンドを地面に押し倒したということで、軽犯罪のDV容疑で逮捕。ウリアスは起訴されなかったものの、マンフレッド・コミッショナーは彼に20試合のサスペンションを科しました。なお、ウリアスは不服申立てをすることなくその処分を受け入れています。

 また、これまで起訴されずに同ポリシーの違反でサスペンション処分を受けた最長記録は、リリーバーのサム・ダイソン(2019年のツインズが最後)のフルシーズンで、コミッショナーは2021年3月にこの処分を下しています。

バウアーはあくまで不服申立て

 この処分に対して、バウアーはツイッターで、「私は、リーグのDVポリシーに違反したことを否定します。私はこの処分を不服としており、勝訴することを期待しています。このプロセスの間ずっとそうしてきたように、私の代理人と私は手続きの機密性を尊重します」と述べています。

 処分に異議を申し立てたのは初めてのケースです。

 また、大手メディアでオハイオ州の女性が、バウアーに同意なしに暴力を伴った性交渉で怪我を負ったと主張したと報じており、この女性はMLBの調査官にも協力したとのこと。

 なお、バウアーの代理人はこの申し立てを “全くの虚偽 “として却下しています。そして2022年4月にサンディエゴの女性、それをスクープしたメディア、また上記のオハイオ州の件を報じたメディアを名誉毀損で告訴しています。

31才のバウアー 

 今後、バウアーは、コミッショナーの処分に対して、異議申立てが通るまでは欠場は継続。異議申し立てが通ったとして、目的は名誉回復のみになる可能性も。これは選手生命にとって大事な31才から2年以上を投げずに過ごすことはキャリアに大きな打撃を被ることは避けられないからです。

 そして、バウアーにとって状況が好転するには、処分の逆転しかありません。2年というサスペンション処分の根拠をどう客観的に説明させられるかどうか。

 いずれにせよ、MLBは被害者に最大限配慮するデリケートさを失うことはしないでしょうから、バウアーは相当厳しい立場にあることは変わりありません。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
【MLB契約2022】ロッキーズ、カイル・フリーランドと5年/64.5Mドルで契約延長
タイトルとURLをコピーしました