スポンサーリンク

【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議

緊迫した 投手戦の”1 – 0″ゲーム

 4月のファイナル・ウィークを控えた現地2022年4月24日、MLBは週末の3ゲームシリーズの最終戦が各地で行われました。

 各ゲームともに際立ったポイントがありました。例えば、エンゼルスは6−0とリードしながらも、オリオールズに追いつかれ、なんとか勝ち越して7-6で勝利したことや、レッズのニック・ロードロがカージナルスのアダム・ウェインライトに投げ勝ったこと。

 カーショウの3連勝、ベリンジャーの2HR、ツインズのバイロン・バクストンのサヨナラ3ランHR、シェーン・マクラナハン、ヘスス・ルザルドそしてコール・アービンの好投などフィールド上にいいプレーが溢れ出ました。ただ、残念なこともあって、一部のヤンキース・ファンがガーディアンズの選手に飲み物の容器を投げつけたこと。これはひどかったですね。その人達は品性のかけらもなかったです。

 そんな中、もっとも熱心に見てしまったのが、ブルワーズ@フィリーズ戦。

ラウラー、ノラが好投

 ブルワーズの先発はエリック・ラウラー、フィリーズの先発はアーロン・ノラ。

 ブルワーズはここ数年の実力どおり、今季もナ・リーグ中地区で首位争いをしようかという位置につけております。

 一方のフィリーズは超強力打線で開幕2試合は良いスタートを切ったものの、それ以降のシリーズはいずれも負け越しが続いているという状態。ここで勝って、開幕カード以来のシリーズ・ウィンを成し遂げたいところでした。

ラウラーが13K

 ブルワーズ先発のエリック・ラウラーは、mid-90 mphの4シームを筆頭に、90-91mphほどのカットボール、86-88mphほどのスライダー、同じ程度のスピードのチェンジアップそして78-80mph前後の緩いカーブと打者に4つの速度帯を意識させるテクニック満載の投球を披露。さすがのフィリーズ打線も手が出ずという状態に。

 ラウラーは6回、98球を投げて被安打5、失点0、与四球1、奪三振13と三振の山を築きました。特にカットボールがすごかったですね。

ラウラーは今季投げるたびによくなっている

 この日が今季3度めの登板となったエリック・ラウラーは、1戦目こそ5回途中で、4失点(ERは3)を喫したものの、前回のパイレーツ戦では6イニングで1失点、そして今回も6イニングで無失点と2戦連続でクオリティー・スタートを切り、投げるたびによくなっています。

ノラは7回1ヒッター

 数字で行くと、フィリーズのアーロン・ノラの方が、ラウラーより良かったです。ノラは7回を投げきり、被安打がたったの1。無失点で、奪三振は9を数えました。今日はスピン量が多かったのだと思いますが、ボールが伸びてましたね!

ブルワーズが9回に1点を勝ち越し

 フィリーズはノラの後は、元メッツのジェウリス・ファミリアが8回を無失点に抑え、9回は今季新加入のコーリー・クネイブルにスイッチ。元ブルワーズのリリーフ・エースですね。

 クネイブルは2本のシングルと犠牲フライで、ブルワーズに勝ち越しを許してしまいます(1-0)。その後もあぶない状況だったのですが、なんとか最少失点の1点で抑え、味方打線にサヨナラ勝利を託します。

 ブルワーズはラウラーの後は、ブラッド・ボックスバーガーが登板。7回を完璧に抑えました。8回はエアー・ベンダーことデビン・ウィリアムスがこれまた無失点に抑え、最後はクローザーのジョシュ・ヘイダーにスイッチ。

 最終回、反撃を試みたフィリーズでしたが、ヘイダーに3人で斬って取られ、ゲームセット。ブルワーズが1-0の渋いスコアで勝利し、シリーズ勝ち越しも決めました。

フィリーズ、5回にあと1本が出ず

 エリック・ラウラーの好投もあり、フィリーズ打撃陣はなかなか仕事をさせてもらえなかったのですが、5回裏に最大のチャンスが到来。

 先頭のカイル・シュワーバーが二塁打で出塁。ノーアウトで得点圏のチャンスです。さらにアレク・ボームが四球を選び、1,2塁に。つづくヨハン・カマーゴが三振に倒れて1アウト。

 つづく、マット・ビアリングは強い当たりのCF前シングルを放ちます。

 ここは2塁ランナーのシュワーバーがホームに突っ込んでもらいたかったですが、躊躇しました。膝の悪いシュワーバーがランナーであったこと、さらに打順のめぐりもよくて、セグラ、ホスキンスと回るターンだったので、無理はしませんでした。この判断は賢明だったと思います。1アウト満塁のチャンスです。

 しかし、ジーン・セグラは3塁ポップフライに。ダブルプレーよりはましでしたが、残念でしたね。さらに、リース・ホスキンスも三振に打ち取られ、得点ならず。痛かったですね。

投手の好投とバッド・コール

 このゲームは投手の出来が素晴らしかったというのは間違いのないところです。ただ、1-0でスコアで終わったゲームだっただろうか?と思うようなアンパイアのバッド・コールもありました。主審はアンヘル・エルナンデス氏。

 こちらはブルワーズ投手陣のストライク・コール。変化球とその軌道も考慮に入れる必要はあるものの、ご覧のように枠外のストライク・コールも目立ちます。

 フィリーズ投手陣に対するコールはこちら。こちたもやはり枠外が見られますね。

猛抗議のカイル・シュワーバー 

 まずはカイル・シュワーバーの抗議の模様から。9回裏に3-2カウントからストライク判定をされた後の猛抗議です。

 下記はこの日、カイル・シュワーバーがストライク・コールされたことにより三振となった2球のロケーション。

 高い方が、6回裏に三振となった時のコールで、この時は2アウトからJT・リアルミュートが二塁打を放ち、1打同点のチャンスでカイル・シュワーバーに回ってきたのです。悠然とボールとして見送ったものがストライクとなり、三振でチャンスが潰えました。

 低い方が9回裏の猛抗議の時のコール。この日、カイル・シュワーバーは2度もバッド・コールされたのでした。

 こういうのがあるとロボ・アンパイアをとなるのですが、まだ精度が疑問視されています。あれから2年が経過していますが、コロナ・パンデミックの影響もあり、まだまだ精度を上げているところです。

 アンパイアも文句ばかり言われて大変なのは事実ですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
【MLB 2022】Dバックスのザック・ギャレン、スコアレス・イニングを”41.1″に伸ばす!(追記:44.1でストップ)
【MLB 2022】大谷選手、12勝目ならずもイニング・ピッチ・クリアーでERAランクAL5位へ
【MLB 2022】「惜しい!」ディラン・シーズ、あとアウト1つで”NO-NO”を逃す!
【MLB 2022】ブライアン・ベイヨーがメジャー初勝利!そしてトリストン・カサスの昇格とタナー・ハウクの状況
タイトルとURLをコピーしました