スポンサーリンク

【MLBワード】カブスのベン・ゾブリストが入っている”Restricted List” リストリクティッド・リストとは?  

すでにカブスの一員ではない

カブスのベン・ゾブリスト(Ben Zobrist )と言えば、ワールドシリーズ2016のMVPで、Game7での決勝タイムリーのガッツポーズが印象に残っている選手ですね。

内外野をこなすこともさることながらスイッチヒッターでもある点でスーパーユーティリティーでもあります。

そのベン・ゾブリストは現地2019年5月6日のマーリンズ戦を最後にゲームに出ていません。

5月8日付けでRestricted List入り

6日のゲームを最後にゾブリストは正式にRestricted List(リストリクティッド・リスト)に入りました。

ゲームに出られらなかった要因はプライベートの問題

ゾブリストがゲームを休んだ原因はプライベートの問題。

もう少し突っ込むと奥様との離婚協議が原因です。どうして離婚に向けた話し合いになっているかというと、ゾブリストの名誉のために言っておきますが、彼の問題ではありません。一応、ここまでにしておきます。

リストリクティッド・リストとは

MLBでのリストリクティッド・リストは日本語訳では「制限リスト」ともいいます。

ILなどとともに用いる

内容は違うのですが、MLS(MLBサービスタイム)やロスターの人数にカウントするかどうかに関係してくるという点で、以下のリストとともに用いられる用語です。

  • IL(Injury List=負傷者リスト):10Daysはアクティブ・ロスターのカウントから除外され、補充できる。60 Daysでは40manのカウントから除外でき、代わりの選手を補充できる
  • Bereavement List (忌引リスト):発音はビリーブメント。アクティブ・ロスターの選手が肉親の不幸などがあった場合は3日から7日間、欠場になる。その間、40manに他の選手を補充可能。
  • Paternity List(育休リスト):出産の立会いや母子の看護のために24-72時間の一時離脱ができる制度。代わりの選手を40manに補充してもよい。
  • Restricted List(制限リスト):以下に説明します。

リストリクティッド・リストは

リストリクティッド・リストとはクラブ側やMLB機構から選手としての大半の権利を除外された選手が入るリストのことですが、FA(Free Agent)とは違います。

リストリクティッド・リストに入るケース

どういう選手がリストリクティッド・リストに入るかというと以下のようなことを起こした、あるいはそうなってしまった選手が入ります。

  • 明白な理由がなくチームを去る場合。
  • 選手が引退の意思を表明するも復帰した場合。復帰する場合はもといたチームが選手を有する権利をもっています。
  • 選手が個人的な問題を抱えていたり、あるいは犯罪など法律を犯した場合、またはチーム内のもめごとなど野球以外のトラブルを抱えている場合。

禁止薬物違反などMLB機構から出場停止処分を課された選手は自動的にリストリクティッド・リストに入ります。

ゾブリストの場合は、個人的な問題に該当します。

リストリクティッド・リストに入ると

  • 選手は他のクラブと契約できません。ただし、新しい所属先のクラブがなんらかの補償をもといたクラブに提供した場合はその限りではない。
  • MLBと提携している他のリーグとも契約できません。NPBもだめです。提携していない独立リーグなどがあれば可能です。
  • 選手はクラブの練習参加や帯同などはできるが制限はある。

クラブ側の権利

選手がリストリクティッド・リストに入るとクラブ側は以下のことができます。

  • ロスターから外すことが可能。
  • サラリーは払わなくてよい(支払い義務は消滅)。
  • 元いたクラブ側が選手を有している権利を保持したまま。

以上のようにリリースのようでありながらも、選手の権利を有しているという点でFAとは異なっております。

よって、今回のベン・ゾブリストの場合は、おそらくではありますが、カブスに事情を話した上で双方合意でリストリクティッド・リストに入ったと思われます。

また、カブスはゾブリストの2019年のサラリーの大半を支払わなくてもよくなりました。

お読みいただき、ありがとうございました。

参照サイト:

Restricted list - BR Bullpen

コメント

NEW

【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
タイトルとURLをコピーしました