スポンサーリンク

【MLBワード】カブスのベン・ゾブリストが入っている”Restricted List” リストリクティッド・リストとは?  

すでにカブスの一員ではない

カブスのベン・ゾブリスト(Ben Zobrist )と言えば、ワールドシリーズ2016のMVPで、Game7での決勝タイムリーのガッツポーズが印象に残っている選手ですね。

内外野をこなすこともさることながらスイッチヒッターでもある点でスーパーユーティリティーでもあります。

そのベン・ゾブリストは現地2019年5月6日のマーリンズ戦を最後にゲームに出ていません。

5月8日付けでRestricted List入り

6日のゲームを最後にゾブリストは正式にRestricted List(リストリクティッド・リスト)に入りました。

ゲームに出られらなかった要因はプライベートの問題

ゾブリストがゲームを休んだ原因はプライベートの問題。

もう少し突っ込むと奥様との離婚協議が原因です。どうして離婚に向けた話し合いになっているかというと、ゾブリストの名誉のために言っておきますが、彼の問題ではありません。一応、ここまでにしておきます。

リストリクティッド・リストとは

MLBでのリストリクティッド・リストは日本語訳では「制限リスト」ともいいます。

ILなどとともに用いる

内容は違うのですが、MLS(MLBサービスタイム)やロスターの人数にカウントするかどうかに関係してくるという点で、以下のリストとともに用いられる用語です。

  • IL(Injury List=負傷者リスト):10Daysはアクティブ・ロスターのカウントから除外され、補充できる。60 Daysでは40manのカウントから除外でき、代わりの選手を補充できる
  • Bereavement List (忌引リスト):発音はビリーブメント。アクティブ・ロスターの選手が肉親の不幸などがあった場合は3日から7日間、欠場になる。その間、40manに他の選手を補充可能。
  • Paternity List(育休リスト):出産の立会いや母子の看護のために24-72時間の一時離脱ができる制度。代わりの選手を40manに補充してもよい。
  • Restricted List(制限リスト):以下に説明します。

リストリクティッド・リストは

リストリクティッド・リストとはクラブ側やMLB機構から選手としての大半の権利を除外された選手が入るリストのことですが、FA(Free Agent)とは違います。

リストリクティッド・リストに入るケース

どういう選手がリストリクティッド・リストに入るかというと以下のようなことを起こした、あるいはそうなってしまった選手が入ります。

  • 明白な理由がなくチームを去る場合。
  • 選手が引退の意思を表明するも復帰した場合。復帰する場合はもといたチームが選手を有する権利をもっています。
  • 選手が個人的な問題を抱えていたり、あるいは犯罪など法律を犯した場合、またはチーム内のもめごとなど野球以外のトラブルを抱えている場合。

禁止薬物違反などMLB機構から出場停止処分を課された選手は自動的にリストリクティッド・リストに入ります。

ゾブリストの場合は、個人的な問題に該当します。

リストリクティッド・リストに入ると

  • 選手は他のクラブと契約できません。ただし、新しい所属先のクラブがなんらかの補償をもといたクラブに提供した場合はその限りではない。
  • MLBと提携している他のリーグとも契約できません。NPBもだめです。提携していない独立リーグなどがあれば可能です。
  • 選手はクラブの練習参加や帯同などはできるが制限はある。

クラブ側の権利

選手がリストリクティッド・リストに入るとクラブ側は以下のことができます。

  • ロスターから外すことが可能。
  • サラリーは払わなくてよい(支払い義務は消滅)。
  • 元いたクラブ側が選手を有している権利を保持したまま。

以上のようにリリースのようでありながらも、選手の権利を有しているという点でFAとは異なっております。

よって、今回のベン・ゾブリストの場合は、おそらくではありますが、カブスに事情を話した上で双方合意でリストリクティッド・リストに入ったと思われます。

また、カブスはゾブリストの2019年のサラリーの大半を支払わなくてもよくなりました。

お読みいただき、ありがとうございました。

参照サイト:

Just a moment...

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ドジャース、ムーキー・ベッツ(左手骨折)の離脱で、三遊間が欠ける事態に
【MLB2024】ドジャースの山本由伸投手が2回で緊急降板。右上腕三頭筋の張りでIL入りは必至(追記)
【MLB2024】カブス・今永投手が7勝目!シーズン最多の103球で味方打線の火をつける!
【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
タイトルとURLをコピーしました