スポンサーリンク

【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!

ノーヒット・ノーランなのに、達成ならず

 現地2022年5月15日のレッズ@パイレーツ戦のスコアはご覧の通りの内容となりました。

Team123456789RHE
レッズ000000000040
パイレーツ00000001X100
@PNCパーク (現地2022年5月15日)

 そうです、レッズ投手陣はパイレーツをノーヒットに抑えていたにも関わらず、敗れてしまったのです。1点を入れられたので、ノー・ラン(NO RUN)ではありません。

どうしてこうなった!?

 どうしてこんなことが起こったのか?を見てみます。

 このゲームのレッズの先発はハンター・グリーン。MLBファン待望となったデビュー戦で見事に初勝利を上げた100mphルーキーです。

 実はデビュー戦の後は、本人も首をかしげるほど、被安打、被本塁打の数が多くなり、登板の度に負けを喫していたハンター・グリーン。このゲーム開始前まではチーム自体の調子の悪さもあり、5連敗。成績は1勝5敗、ERA 7.62というところまで悪化しておりました。その点に関しては後述します。

 しかし、この日のハンター・グリーンはとても丁寧な投球を披露。四球を出すものの、2回裏、3回裏、5回裏、7回裏の4イニングを3人ずつで斬って取り、今までとは違う!という面を見せる素晴らしい投球内容を披露しておりました。

魔の8回裏

 嘘のような出来事が起こったのは8回裏のこと。さすがに疲れが出たのか、ハンター・グリーンは先頭のジャック・スウィンスキーを1Bゴロに打ち取ったまではよかったのですが、つづくロドルフォ・カストロ、マイケル・ペレスに連続四球を与えてしまいます。 

 ここでレッズのデービッド・ベル監督は一息入れにマウンドに行ったのかと思ったのですが、投球数はすでに118球に達していたこともあり、交替を決断。ハンター・グリーンはノーヒット・ピッチングのまま降板したのです。

 マウンドにはアート・ウォーレンが上がりました。

 そのアート・ウォーレンですが、代わりばな、ベン・ギャメルになんとストレートの四球を与えてしまいます。これでパイレーツは1アウト満塁に。これがまずこの不思議なゲームの大きな要因の一つです。

アレホ・ロペス、トスを速く!!

 つづくバッターはキブライアン・へイエス。レッズにとって大ピンチです。徹底してインコースを厳しく攻めていたアート・ウォーレンは4球目、95.3mphの4シームで狙い通り、キブライアン・へイエスを詰まらせ、2Bのボテボテのゴロに。

 これでレッズは窮地を脱したと思われたのですが、レッズの2Bアレホ・ロペス(Alejo Lopez)が、2Bベースカバーに入ったSSのマット・レイノルズにランニング・トス。タイミングが遅れたことで、バッター・ランナーで足の速いへイエスがわずかに1Bに速く到達し、ダブルプレー成立ならず。この間に3Bランナーのロドルフォ・カストロがホームインし、パイレーツがノーヒットで決勝点を奪ったのでした。

 2Bのアレホ・ロペスはファンブルでもしたのか?と思われましたが、そうではなく、とにかく大事に行ったようです。

 ゲーム後、ロペスは下記のようなコメントを残しました。

“If it was slow enough, I was going to take it to the plate.Obviously, the guy on third is a good runner. But it was just right in between. It’s decisions you’ve got to make in the moment, and I had to stay back and try for the double play. Obviously, the guy hitting is also a good runner.”

「もしボールが十分に遅かったら、ホーム・プレートでアウトにしようと思った。もちろん、3塁ランナーはいいランナーだ。でも、ちょうどその中間だったんだ。その場その場で判断しなければならないことだが、私は下がってダブルプレーを狙うしかなかった。もちろん、打っている選手もいいランナーなんだけどね」

 判断が難しい打球だったということです。でも、ダブルプレーのトスは速くしてほしかったですね。

 その後、アート・ウォーレンはブライアン・レイノルズを打ち取り、ノーヒットのまま9回表に。

9回表、レッズはトミー・ファム、マイク・ムスターカスに回るチャンスのターンではありましたが、いずれも凡退。最後はアルバート・アルモラ・Jr.の代打で出場したTJ・フリードル(TJ Friedl)が、2Bゴロに倒れてゲームセット。

 このような出来事があり、レッズはノーヒットを成し遂げたにも関わらず、0-1のスコアで敗れたのでした。

試合後、誰もハンター・グリーンに声掛けできず

 降板後、ハイタッチで迎えたレッズナインでしたが、ゲーム後は気の毒過ぎて誰もハンター・グリーンに声をかけることが出来なったというレッズ・ナイン。気まずい雰囲気だったのでしょうね。

 この日、ハンター・グリーンはアベレージで98.9mph、MAXで100.8mphをマーク。

 デビュー戦も含めて、過去6度の登板で、11HRを浴びているハンター・グリーン。とりわけ、5月5日のブルワーズ戦では、2.2イニングで7三振を奪うも、被本塁打が5とワーストの投球となりました。

 カウントを悪くして甘いところを打たれる、また打者はもうファストボールに的を絞って打席に立っており、その回転率の高いボールからもやはり打球は飛ぶということになっているようです。

 その反省を踏まえてか、この日はスライダーを増やしました。4シームが51球に対して、スライダーは65球。中には4シームを投げないで、スライダーとチェンジアップだけで対応する場面も。

 この日は敗れてしまいましたが、結果をだした投球だったとも言えます。

 なお、決勝点のランナーはハンター・グリーンが四球でだしたランナーだったので、ハンター・グリーンが敗戦投手となっています。

 ジョーイ・ボットを怪我で欠き、チーム打率が現地2022年5月15日時点で.216とMLB27位のレッズ。ERAは6.04で最下位。

 そもそもファイヤー・セールを行ったフロント・オフィスの判断が招いている当然の結果でもありますが、今の厳しい時期をなんとか乗り越えてもらいたいなと思います。

 なお、レッズ打線を抑えたパイレーツ先発はホセ・キンタナ。7回、3ヒッターのナイス・ピッチングでした。

過去、ノーヒット投球で敗れたケース

 なお、相手をノーヒットに押さえて敗れたケースは6件あるようです。

These pitchers gave up no hits … and lost(MLB.com)

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
【MLB2022】マーリンズ、「90分ミーティング」後に4連勝!ジャズ・チズム、さらに発奮
【MLB2022】レッドソックス、2カード連続スイープは大谷に阻まれる!LAAは14連敗でストップ
【MLB2022】いつ見ても惚れ惚れするマイケル・コペックの投球!今季はすでに4度の1ヒッター
【MLB2022】ジョシュ・ヘイダーを今季最初に崩したのはフィリーズ!
タイトルとURLをコピーしました