スポンサーリンク

【MLB2020】因縁の2017ワールドシリーズ・リマッチはベンチ・クリアーの事案発生

2017年ワールドシリーズの再現 

 現地令和2年7月28日、COVID-19の感染予防対策によりインターリーグで同地区のカードが組まれている今季、ミニッツメイド・パークでドジャース@アストロズの因縁の2017年ワールドシリーズのリマッチが早くも実現しました。このカードは28日、29日の2連戦。

真っ青なミニッツメイドの芝生

 やや本筋から離れますが、このゲームを見てまず驚いたのはミニッツメイドの芝生の美しさ。

 アストロズのホーム・オープナーは24日のマリナーズの開幕戦からスタートしていたのですが、この日改めて見てその美しさに驚いた次第です。

 同じテキサス州で今季からこけら落としとなったレンジャーズのグローブライフ・フィールドは人工芝を使用していますので、ひょっとしたらミニッツメイドも人工芝に変えたのか?と思ったほど。

 しかし、ミニッツメイドはれっきとした天然芝です。

 Platinum TE™ Paspalumというアトラス・ターフ・インターナショナルという会社のブランド芝を使用しております。

ミニッツメイドの音

 芝生同様にサウンドもなかなか際立っていました。メディア用にマイクは使用しているとは思うものの、捕手の捕球音、打者の打球音がルーフ付き球場独特の響き方をしており、非常に迫力を感じました。これも無観客ならではというところでしょうか。

アストロズへのプレー上の非難

 2017年当時のアストロズのサイン・スティーリング問題が明るみに出たことは、選手間からもかなり批判が出ていたことはご承知の通りかと思います。

 2017年はサインスティーリングという不正手段を用いたのだから、ワールドシリーズ・チャンプはドジャースのものだというのがドジャース筋の主張でもあります。

 今季は無観客となったことから今のところはスタンドからゴミ箱をたたくなどの嘲った行為は見られませんが、しかし選手からは厳しい洗礼を受けております。

 21日に行われたロイヤルズとのサマー・キャンプのゲームではホセ・アルトゥーベ、アレックス・ブレグマン、ジョージ・スプリンガーが死球を受けました。試合後、ロイヤルズは故意ではないと説明。

 そしてこの日は明らかに意図を持った行為が行われました。

ジョー・ケリー、ブラッシュボールを投じる

 スコア5−2でドジャースがリードした状況で6回裏のマウンドに上がったのはジョー・ケリー。

 何かやりそうな雰囲気のジョー・ケリーは、予想通りに挑発。まず、アレックス・ブレグマンに背中を通る豪速球を投げつけ、四球に。

 そしてカルロス・コレアにも頭部付近にブラッシュボール。コレアはスライダーで三振に打ち取ったものの、ベンチに帰る際に言葉で挑発。

 これでベンチ・クリアーとなりました。

 なお、ジョー・ケリーは、2017年と2018年はレッドソックスに所属。ポストシーズンでアストロズと対戦。2017年はALDSで2試合に登板し、無失点。

 2018年はALCS Game1の6回に登板。カルロス・コレアに勝ち越しとなるタイムリーを打たれていました。

マイケル・ブラントリーはスパイク 

 アレックス・ブレグマンの次に打席に立ったマイケル・ブラントリーは1Bゴロを放ち、3−6−1のダブルプレーとなったのですが、1Bのベースカバーに入ったジョー・ケリーの足を仕返しとばかりスパイク。

 ジョー・ケリーのカバーが遅れてベースを踏む位置が悪かったのですが、ブラントリーも「これ幸い」とばかりに意図的に踏みましたね。

 アストロズにはこの程度の見えない反撃しか許されない空気があるのも事実です。

 とにかく、今季はプレー上のハードな挑発が増えるであろうアストロズ。それに対して怒りを顕にすれば、相手からより厳しい対応を受けそうです。

 プライドとともにお金もからんでいますから、選手間の心情の問題を鎮めるのはなかなか大変です。

ビューラーが初登板

 さて、ゲームですが、ウォーカー・ビューラーが今季初登板。97mph近辺のファストボールががんがん来ていたのですが、ややコントロールに精度を欠き、カルロス・コレアのHRなど2失点でマウンドを降りました。

ドジャースが5回に逆転 

 2点を先制されたドジャースでしたが、5回表にようやく先発左腕のフランバー・バルデスを捕まえ、5本のシングルなどで5得点を上げ、逆転に成功しました。

 Game2はドジャースがジャスティン・メイ、アストロズがクリスチャン・ハビエルが登板予定です。

ジョー・ケリーがサスペンション

 なお、ジョー・ケリーですが、翌日8ゲームのサスペンションの処分が下りました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
【MLB 2023】ロイヤルズの新監督はレイズのベンチ・コーチ、マット・クアトラーロに決定!
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、細かいミスが重なり、初回に3失点!打線もF・バルデスに苦戦し、1勝1敗に
タイトルとURLをコピーしました