スポンサーリンク

【ALDS 2020 Gm4】アスレチックス、打線が奮闘するも大量失点でCS進出を逃す

アストロズがALCS進出へ

 現地2020年10月8日、アスレチックス@アストロズのGame4は両クラブ合わせて6HRが飛び交う打撃戦となりましたが、アストロズが中盤以降11得点を奪ってゲームの流れを決め、11-6のスコアで快勝。2017年から4年連続でALCS進出を決めました。

 アスレチックスは9回にマーカス・セミエンとトミー・ラステラがタイムリーを放ち、意地を見せるも遠く及びませんでした。

アスレチックス、序盤に3点のリード

 アストロズがザック・グレインキ、アスレチックスがフランキー・モンタスの先発で始まったこのゲームは、2回表にアスレチックスが先制。マット・オルソンとマーク・カナの連打の後、ラモン・ロレアーノが3ランHRを放ち、幸先よく3点をリードしました。

 序盤がアスレチックス・ペースなのはこのシリーズ変わらずです。

またしても中盤に失点

 このままのペースで進みたかったアスレチックスでしたが、4回裏にフランキー・モンタスが先頭のホセ・アルトゥーベに四球を与えた後、マイケル・ブラントリーに2ランHRを許し、3−2の1点差に。

 さらにアレックス・ブレグマン、カイル・タッカーにも連打を許した後、カルロス・コレアに3ランHRを打たれ、一気に逆転されます。スコアは5-3でアストロズがリード。アスレチックスはどうしても中盤で崩れてしまいますね。

 その後も5回から7回までそれぞれ2点ずつ奪われ、中盤4回以降に11失点。ゲームが決まってしまいましたね。

HOU、クリスチャン・ハビエルが6回を三者三振

 5回を終了してアストロズが7−4と3点をリード。ここでアスレチックス打線がもうひと踏ん張りできればまだゲームはわからなかったのですが、アストロズは中盤をしっかり締めました。6回に登板したクリスチャン・ハビエルが3者連続三振。

エノリ・パレデスは8回に登板

 そしてダスティー・ベイカー監督は、今ALDSでアストロズのブルペンのキーマンとなっているエノリ・パレデスを8回の1アウト2、3塁のピンチに起用。今シリーズの実績で、中盤より深いイニングで、しかも一番むずかしいところで起用するプランに変えたようです。

 エノリ・パレデスはマット・オルソン、マーク・カナを抑え、またしてもパーフェクト・リリーフ。ALDSでは一人のランナーも許しませんでした。

 最後は、これまで盤石だったライアン・プレスリーが、アスレチックスの意地に翻弄され2点を奪われましたが、ゲームに影響のある失点ではありませんでした。

 中盤の出来が大きな差を生んだシリーズとなりました。

アスレチックス、4試合で計33失点

 中盤に苦しんだ今シリーズのアスレチックスでしたが、4試合で計33失点を記録。打線は好調で22得点を上げましたが、やはりこの失点では厳しいものがありました。

9-3/9-3/6-0

この数字は何を表しているかと言うと、4回、5回、6回のそれぞれのイニングで両クラブが奪った得点です。4試合分、それぞれイニングを集計しました。ご覧の成績です。

  • 4回 HOU:9点/ OAK: 3点
  • 5回 HOU:9点/ OAK: 3点
  • 6回 HOU:6点/ OAK: 0点

 3イニング合計ではアストロズが24得点、アスレチックスが6得点。中盤の支配具合がしっかりと数字に表れていました。また4回、5回にアスレチックスがいかに失点してきたかもおわかりになれると思います。

 打線が非常によかっただけに、アスレチックスとしてはこの差が悔しいところでしょう。

アルトゥーベが復活

 アストロズは今季は完全にヒール役となっていて、ホセ・アルトゥーベもシーズン中は苦しみましたが、ここに来て復活。ALDSでは打率.400、HR 2、RBI 5を記録。

 またカルロス・コレアも打率.500、HR3、RBI 11とDS(Division Series)で復調。

 もともとはアルトゥーベの調子いかんでチーム状態が左右されるところがありましたが、 彼の復調とブルペンの良さでALCSを勝ち取った形となりました。

 また、この二遊間の動きはサインスティーリングに関係なく抜群でした。この二人が乗ると厄介ですね。

 ALCSではお客さんは入りません。NLCSは入ります。アストロズにとってはその方がやりやすいでしょう。お客さんの前に出るとかなり厳しい対応をされると思います。

 対戦相手は現地2020年10月8日時点ではレイズか、ヤンキースか、まだ決まっていませんが、ファンの声とは裏腹にアストロズはモメンタムを作りつつあります。エノリ・パレデスがまだまだパーフェクトを続けるでしょうか?!

 とにかく健闘したアスレチックスにお疲れ様と言いたいです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 移籍 2023】ナショナル・リーグ西地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB 2023】メッツ、バッティング・チャンプのジェフ・マクニールと4年/50Mドルで延長契約
【発表】MLB 2023トップ・プロスペクト・ランク100!1位はオリオールズのガナー・ヘンダーソン
【MLB2023HOF】スコット・ローレンが野球殿堂入り!フレッド・マグリフはEra Commiteeで選出
【MLB移籍2023】レッドソックス、トレードで左腕のジョシュ・テイラーを出してアダルベルト・モンデシーを獲得
【MLB2023】エンゼルス・オーナー、売却はせず
【MLB移籍2023】トミー・ラステラを獲得したマリナーズ、左腕のジャスティス・シェフィールドをDFAに
【MLB スタジアム 2023】ブルージェイズ、ロジャース・センターのウォールの距離を変更
【MLB移籍2023】マーリンズとツインズ間でトレードが成立!ルイス・アラエズとパブロ・ロペスがスワップ!
【MLB移籍2023】ロイヤルズ、アロルディス・チャップマンと1年契約で合意!
【MLB移籍2023】レッドソックス、2021RBIキングのアダム・デュバルと1年契約で合意
【MLB 移籍 2023】ブルワーズ、マーリンズからFAのブライアン・アンダーソンと合意へ
【MLB 移籍 2023】レッドソックスが捕手を補強!ホルヘ・アルファーロとマイナー・ディールで合意
【MLB 2023】ツインズ、トミー・ジョン・リハビリ中のクリス・パダックと3年の延長契約へ
【MLB 移籍 2023】カブス、FAのトレイ・マンシーニと2年契約で合意!打撃の厚みが増す!
【MLB 移籍 2023】パイレーツ、FAのアンドリュー・マッカッチェンと1年で合意!2013年NLMVP!
【MLB 移籍 2023】藤浪晋太郎投手、アスレチックスと1年で合意(追記あり)
【MLB 移籍 2023】FAのカルロス・コレアはようやく決着!ツインズに戻る!
【MLB 移籍 2023】アメリカン・リーグ東地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB 移籍 2023】フィリーズ、タイガースから左腕のグレゴリー・ソトとINFのコディー・クレメンスをトレードで獲得
【MLB 移籍 2023】マリナーズ、CWSからFAのAJ・ポロックを獲得!
【MLB 2023 FA】エリック・ホズマー、カブスと合意するも、強烈なプロスペクト、マット・マーヴィスと競合
【MLB 2023 FA】Dバックス、リラックス投法のザック・デイビーズと1年/5Mドル保証で再契約
【MLB 2023】”地元スーパースターを確保”レッドソックス、ラファエル・デバースと11年/331Mドルで延長合意
【MLB 2023】レッドソックス、ラファエル・デバースと調停を避けて1年/17.5Mドルで合意(追記あり)
【2022-26 新CBA】クオリファイング・オファーのドラフト補償とペナルティーについて
【MLB 2023 FA】レッズ、ウィル・マイヤーズとカート・カサリを獲得し、ムスターカスをDFAに
【MLB プロスペクト 2023】再生カブス”の投手陣の大きな武器になりそうなヘイデン・ウェズネスキーをご紹介
【MLB 2023 FA】Dバックスがエバン・ロンゴリアと1年契約で合意
【MLB 2023 FA】信頼のコンタクト・ヒッター、ジーン・セグラはマーリンズに決定! 2年/17Mドル保証
タイトルとURLをコピーしました