スポンサーリンク

【MLB 2021-22】MLBと選手会が、ノンテンダー・デッドラインの日付の前倒しに合意!11月30日に変更

ノンテンダー・デッドラインが12/2から11/30へ

 現地2021年11月24日、MLBとMLBPA(選手会)は、もともとの設定を現地2021年12月2日としていたノンテンダー・デッドラインを2021年11月30日に前倒しにすることに合意しました。ケン・ローゼンタールさんの情報。

 なお下記リンクの記事では当初の設定の12月1日というふうに記載させていただいていましたが、もともと12月2日であったということに訂正させていただいています。

 そしてそれがさらに変更になり、11月30日になるというのが本日の記事です。

ロックダウン想定の決断

 今回の前倒しの決断は、ロックダウン想定です。

 現行のCBA(Collective Bargaining Agreement「労使協定」)が2021年12月1日23:59をもって失効することはすでに何度か書かせていただいている通りです。

 CBAは労使協定で、選手とクラブとの契約はこれが大前提となって締結されることから、現地2021年12月2日に新しいものが制定されないことには、FA、契約、その他MLBと選手のフィールドでの合意事項など全ての動きが止まってしまいます。いわゆるロックダウンです。

 12月1日に期限を迎えるはずであったノンテンダーも、このままでは翌日の12月2日に動きが止まってしまうということで、その期限を前倒しにしたのでした。

 たった、1日ですがノンテンダーFAとなった選手が翌日に即ディールが決まる機会が増えることになります。まあ、実際はノンテンダーとなった時点で即、手を挙げたくなる選手に限られてはいると思います。

ノンテンダーとは?

 テンダーとはMLS3年から5年以内のいわゆる調停資格のある選手に、翌年もプレーするかどうかテンダー(=オファーと同義)することですが、テンダーしないことをノンテンダーといい、ノンテンダーとなった選手は、MLS6年未満であっても、ノンテンダーFAとして各クラブと契約を結ぶことができる制度。

 詳細は下記に記載させていただいています。ご参照ください。

毎年ビッグネームが出てくる 

 MLS3から5年の選手ですから、FAの選手と違ってサラリーもそれほど高額でない選手がほとんどです。

 ノンテンダーFAは、言葉は悪いですが相当な掘り出し物を見つける機会でもあります。

サラリー削減の対象となるケースが多い

 過去のノンテンダーFAですが、2020年11月にはカイル・シュワーバーがカブスからノンテンダーに。

 さらに、ブレーブスはアダム・デュバルをノンテンダーに。結局、デュバルはマーリンズに入りましたが、トレードデッドラインでブレーブスが再度獲得。2021シーズンはRBIでタイトルを獲りましたね。

 また、きわめつけがエディー・ロザリオ。ツインズがコロナ禍でクラブの収益が下がったことから、エディー・ロザリオをノンテンダーにしました。結果、ワールドシリーズはじめポストシーズンでも大活躍でしたね。

 2019年11月のノンテンダーでは、名手ケビン・ピラーがそうでした。また、この年の衝撃は2BでGG賞を獲ったヨルマー・サンチェスをホワイトソックスがノンテンダーにしたこと。

 2018年11月には、俊足のビリー・ハミルトンをレッズがノンテンダーにしたのは衝撃的でしたね。その他、アビサイル・ガルシア、ジョナサン・スコープ、ウィルマー・フローレスと2021年も活躍した選手がリストに入りました。

 このようなビッグネームが飛び出すのがノンテンダーです。

 どうして、サラリーも高くなく、ゲームでの貢献度も高い選手をいわゆる放出してしまうのかというと、サラリー削減でもっとも効果が高いのが調停資格選手になるからです。

 本当は単価の高い選手をカットしたいところですが、契約時にマルチ・イヤーでサインしていると彼らに手を出せないからです。それが契約なので。

 よって、その次に単価の高い調停資格の選手がサラリー削減の対象に。

 2021年、ツインズがエディー・ロザリオをノンテンダーにしたのはそういうことでもありました。

 その他、単価の安いプロスペクトがデビューを控えるということで、編成上、押し出すというケースもあります。

 以上、期限が早まったノンテンダー・デッドラインについてでした。魅力的な選手は出るはずですが、果たして、即ディールが決まるかどうかはわかりません。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】フィリーズ、最高のゲーム展開で2011年以来のポストシーズン進出を果たす!
【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
タイトルとURLをコピーしました