スポンサーリンク

【MLB2024】パドレスが松井裕樹投手と5年/28Mドル保証でサイン!

パドレスがブルペン強化で獲得!

 サンディエゴ・パドレスと松井裕樹投手との契約はすでに現地2023年12月20日時点で合意間近の報道が出ていましたが、現地2023年12月23日、ようやくパドレスの方からサインしたとの正式発表がありました。

 パドレスと松井祐樹投手は5年契約となっています。

【YOUTUBE】Welcome to San Diego, Yuki Matsui! 

契約内容

 両者の契約内容の大筋です。

  • 5 年/$28M 保証(2024-28)
    • 2026年と2027年終了後にオプトアウトあり。
    • 怪我条項
      • もし契約期間中に深刻な肘の怪我を負った場合、パドレスは2028年の契約を$7M クラブオプションに変更することが可能 

 この契約は松井投手の28歳から32歳までのシーズンをカバー。松井投手は$28M保証を得た上で、3年目と4年目のシーズン終了後にオプトアウトが可能です。

 最初のオプトアウトの機会は松井投手が30歳のシーズンを終えた後の2026年。次は31才のシーズンを過ごした後に訪れます。

 そして特筆は怪我条項ありというところ。契約期間中、松井投手が「深刻な」肘の怪我を負った場合、パドレスは5年目を$7M相当のクラブオプションに変更できるようになっています。

 NPBで10シーズン、704.0 IP、236 SVを投げてきて、2024シーズンは28才のシーズンとなることから、リスク管理を入れてきたというところです。

松井投手は海外FA権取得での挑戦

 なお、松井裕樹投手は、NPBで9シーズンを過ごし、海外FA権を取得済み。よって、パドレス側は通常のFAとしてサインできます。リリース・フィーなどはかかりません。

 そして、ISBP(インターナショナル・サイニング・ボーナス・プール)の減額もありません。

FAリリーバーで5年以上は3人目

 リリーバーでFAとして5年以上のマルチ・イヤー・ディールでサインしたのは、元阪神で2022年11月にパドレスと5年/$46M (2023-27)でサインしたロベルト・スアレス、2022年11月にメッツと5年/$102M (2023-27)+ 2028 $17.5M ($1Mバイアウト)でサインしたエドウィン・ディアス以来3人目となります。

SDPはヘイダーよりお得という判断

 パドレスのクローザーのジョシュ・ヘイダーは今オフにFA。$20.325MのQOを提示されましたが、当然のごとくこれを拒否。市場に出ております。

 ヘイダーの契約はまだ決まっておらず、予想ではエドウィン・ディアスを超えるだとうと言われております。その内容は6年/110M以上。仮にこの数字となった場合のAAVは$18M以上。場合によっては$20Mを超えるかもしれません。

 このAAVを考えた場合、松井投手の5年/$28M保証のAAVは$5.6Mですから、かなりの割安感はあります。

 松井投手の予想値は、2年/$16Mというのがトレード・ルーモアさんで出ていたので、今回の契約は総額でそれを超えたとしても年数を伸ばすことでAAVはかなり抑えることが出来ました。

AJ・プレラーはCB TAX超過をストップさせる

 パドレスPOBOのAJ・プレラーは、2024年の贅沢税をリセット、つまり基準値未満に抑えようとしています。

【パドレスのCB TAX】

  • 2021: $216.4M / $210M 
  • 2022: $235.08M / $230M
  • 2023: $296.0 M / $233M 

 パドレスはご覧のように3年連続で超過。しかも2023年は$63M超えですから、超過額の95%、つまりざっとした計算ですが、$59MのTAXがかかると見込まれます。

 もともとそれほど資金の豊富なクラブではないですから、ここはリセットを図るのは已む無しというところでしょう。

ヘイダーと松井投手

 クラブのファイナンス面での判断はそれで良いとして、ではジョシュ・ヘイダーの穴を松井投手がどれくらいカバー出来るかということが問題となってきます。

 二人の2023シーズンの成績の比較です。リーグはNPBとMLBで違いがありますが、松井投手がデビュー・イヤーからどの程度、この成績を残せるか、プレラーとしては実績を信じるしかありません。

NameGIPW-LSVERA
松井(NPB)5957.12-3391.57
ヘイダー6156.22-3331.28

 当然、パドレスにも、松井投手がWBCでメジャー使用球の適応に苦労した情報も入っていますし、ここはクラブ総出でなんとかしていくでしょう。よい先輩もいすますからね。

パドレスの投手陣

 ALウエストはライバルのドジャースがとんでもないことになっていますが、パドレスがコンテンダーとなるためには、松井投手の加入は非常に大きいです。ロベルト・スアレスとともにゲーム後半での活躍が期待されます。

 パドレスは今オフ、先発のブレイク・スネルがFA、同じく先発のセス・ルーゴとマイケル・ワカはロイヤルズに決まりました。さらにブルペンと先発で力を発揮したニック・マルティネスもFAでレッズに移籍。上述のジョシュ・ヘイダーが戻ることはほぼありません。度胸満点のティム・ヒルもいないんですよね。

 ソトとグリシャムとのトレードで獲得したマイケル・キングは先発での起用が見込まれます。

  • ダルビッシュ投手
  • ジョー・マスグローブ
  • マイケル・キング
  • マット・ウォルドラン
  • ペドロ・アビーラ

 トップ3は固いところですが、NO.4-5の位置にもう1人加入させるかもしれません。

OFが現時点で2人

 打撃面ではOFは現時点でフェルナンド・タティスJr.とホセ・アゾカーの2人おりません。ここを下から上げてくるのか、FAから取ってくるのか、プレラーの編成のパズルの1つです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024FA】ジャイアンツがマット・チャップマンを獲得
【MLBプロスペクト2024】パイレーツ、ポール・スキーンズがいきなりの102mph投球
【祝】ドジャースの大谷翔平選手が結婚を発表
【MLB2024FA】カージナルスが名手ブランドン・クロフォードと1年契約でサイン
【MLB2024FA】ドジャースがキケ・ヘルナンデスと1年で再契約
【MLBトレード2024】ツインズがマニュエル・マーゴットを獲得
【MLB2024】メッツの千賀投手は3週間の投球禁止!開幕はIL確定へ
【MLB2024FA】コディー・ベリンジャーはカブスに復帰!3年/80Mドルで合意へ
【MLB2024】パイレーツがミッチ・ケラーと5年/77Mドルで契約延長
【MLB2024FA】「プロスペクト台頭まで!」タイガースがジオ・ウルシェラを獲得
【MLB2024FA】マーリンズがティム・アンダーソンと1年契約で合意
【MLB2024FA】レイズ、SS補強にアーメッド・ロザリオを獲得
【MLB2024FA】ブルワーズがブランドン・ウッドラフと再契約へ
【MLB2024FA】レッドソックスが”トミー・ジョン”リハビリ中のリアム・ヘンドリクスと2年契約で合意!
【MLBトレード2024】ロイヤルズ、レッドソックスからジョン・シュライバーを獲得
【MLB2024FA】フィリーズがウィット・メリフィールドと1年契約で合意
【MLB2024FA】ホワイトソックスがマイク・ムスターカスとマイナー契約
【MLB2024】オリオールズは怪我のニュースからスタート!カイル・ブラデッシュ(UCL)、ガナー・ヘンダーソン(腹斜筋)が怪我
【MLB2024FA】フィリーズがスペンサー・ターンブルを獲得!2021年にノーヒッターを達成
【MLB2024FA】ジャイアンツが注目FAのホルヘ・ソレアーを獲得!3年契約で合意
【MLB2024】ナショナル・リーグ中地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB2024】アメリカン・リーグ中地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB2024FA】レイズがフィル・メイトンを獲得したディールについて
【MLB2024】アスレチックス、2028年からのラスベガス移転に悪戦苦闘中
【MLB2024】レッドソックスがマイケル・フルマーとマイナー契約!2024年は投げられない!
【MLB2024FA】ドジャース、肩の手術を終えたクレイトン・カーショウと再契約へ(追記あり)
【MLB契約2024】ロイヤルズが”スーパー・エリート”のボビー・ウィット・Jr.と11年/288.78Mドル保証で延長契約!
【MLB2024】ドジャースがブルペンを更新!ケイレブ・ファーガソンをトレードし、ライアン・ブレイジャーと2年契約
【MLB2024】マリナーズがホワイトソックスからグレゴリー・サントスをトレードで獲得
【MLB2024】セオ・エプスタインがレッドソックスの親会社のフェンウェイ・スポーツ・グループに参加
タイトルとURLをコピーしました