スポンサーリンク

【MLB移籍2021】ロイヤルズ、カルロス・サンタナと2年で正式合意(WM2日目)

MLB移籍/FA情報

2020ウィンターミーティング(8日)

 現地2020年12月8日のウィンターミーティング実質2日目で、もう一つ大きなディールが決まりました。

 2020年から新オーナーが就任したカンザスシティ・ロイヤルズがインディアンスからFAとなっていたカルロス・サンタナ(Carlos Santana)と2年で合意しました。

 今オフのFAでは、初の複数年のディールとなります。

契約詳細

  • 2年/$17.5M (2021-22)
  • 支払い:2021:$7M、 2022:$10.5M
  • パフォーマンス・ボーナス$1M

 こちらのディールはロイヤルズも正式に発表しているのですが、PA(打席数)によるパフォーマンスの詳細などはわかっていません。また、確認スル限り、オプションはついていない模様です。

前契約の2021年オプションと同額

 カルロス・サンタナの前の契約は2021年が$17.5Mのクラブオプションがついていましたので、今回のディールは2年でその額に合わせたということになっています。今オフでは単年にしてようやく$10M超えの大型ディールになりました。

カルロス・サンタナとは

 カルロス・サンタナは1986年4月8日生まれの34才。2021シーズンに入ってすぐに35才の大台を迎えます。ポジションは1B。ただ登録では捕手も守ります。右投げ両打ち。

 今回、ロイヤルズが35才となるカルロス・サンタナと2年で契約したことはベテランFA選手には朗報となったと思われます。

 ドミニカ共和国の出身で、もともとは2004年8月にドジャースとアマチュアFAとしてサイン。18才のときです。

 2008年のトレードデッドラインでインディアンスに移籍。デビューはインディアンスに移籍してからの2010年、24才の時です。

 2017年オフにFA。その年の12月にフィリーズとサイン。3年/$60M(2018-2020)+2021年は$17.5Mのクラブオプションで$0.5Mのバイアウトつき。

2018年開幕前の2回のトレード 

 2018年12月3日、フィリーズとはまだ契約が残っていたのですが、マリナーズへトレード。トレード概要はご覧の通りでした。

【マリナーズGET】

  • カルロス・サンタナ
  • J.P.クロフォード(J.P. Crawford )

【フィリーズGET】

 しかし、その10日後に今度はインディアンスに復帰します。これはエドウィン・エンカーナシオンが絡んだトレードでマリナーズ、インディアンス、レイズとの三者間で行われました。

【マリナーズGet】

  • エドウィン・エンカーナシオン DH (from CLE)  $25M/1 year ($5M バイアウト込み)+ 2020年クラブオプション $20M$25M
  • 2019のドラフト指名権(77番目=Comp. Balace Round 2)from CLE
  • $5M CASH from TBR (2回で:5/1までに$2.5M、8/1までに $2.5M) 

【インディアンスGet】

  • カルロス・サンタナ(from SEA)$35M/2 Years ($0.5Mバイアウト込み)
  • $6M CASH from SEA (2019年: 5/1までに$1M、8/1までに$1M、2020 年: 5/1までに$2M、8/1までに$2M)
  • ジェイク・バウアーズ 1B/LF(from TBR)左投げ左打ち

【レイズGet】

  • ヤンディ・ディアス(from CLE)3B/1B 
  • コール・サルサー(Cole Sulser) from CLE / Minor RHP

 この時期はレイズがなんとかエンカーナシオンをGet出来ないか?と資金不足の中、試行錯誤していた様子が見てとれて面白いです。この時、レイズでさんざん頭を捻って考えていた一人が、現レッドソックスのベースボール・オペレーション社長のハイム・ブルーム氏でした。

 よって、2018年から2020年まで再びインディアンスでプレーしていたのでした。しかし、2021年は上記の通り、クラブオプションを拒否されFAとなり、今回、ロイヤルズと縁があって2年契約を結んだということになります。

アウォードとスタッツ

  • AL オールスター出場:1度 (2019)
  • AL シルバースラッガー賞受賞:1度(2019/1B)
  • AL BB(四球)1位:2度 (2014 & 2020)
  • 20HR以上のシーズン: 7度 (2011, 2013, 2014 & 2016-2019)
  • 30HR以上のシーズン: 2度 (2016 & 2019)
  • 100 Runs Scored 以上のシーズン: 1度 (2019)

 メジャー11シーズンで1495試合に出場。1325安打を放ち、HRは240、RBIは796、Runs Scoredは799を誇ります。

苦しんだ2020シーズン

 そのカルロス・サンタナも2020シーズンは全試合(60試合)に出場しながらも、非常に苦しんだ1年でした。打率.199、OBP .349、SLG .350、HR 8、RBI 30。

 オプション拒否もこれを材料にされてしまいました。

 ただ、この低打率でOBPが.349もあるのはひとえに選球眼の良さからくる四球の多さにあります。さすがにベテランです。転んでもただでは起きないですね。

ロイヤルズで再度活躍を

 サラリーは下がりましたが、ロイヤルズから好評価を得たのは直近の2019シーズンにシルバースラッガー賞を受賞し、MVP得票で16位に入るほど際立った活躍があったからとも言えます。

 またもともと打率は3割を超えたことがなく、やや低めですが、.250から.280の間に収まれば、自ずとHR数も増えてきて、2019年ほどの活躍も見込めるはずです。 

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB契約2022】パドレスが”超激レアキャリア”のマット・スウィリーとマイナー契約
【MLB2022】レイズ、タンパとモントリオールでのホーム分割案がMLBから拒絶される
【MLB2022】トリプルAでロボアンパイアー(ABS)開始!
【MLB2022】ドジャースの新GMは37才で元レイズのリリーバー
【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
タイトルとURLをコピーしました