スポンサーリンク

【MLB2022FA】レッドソックス、マイケル・ワカと1年で合意。その獲得動機とは?(追記あり)

今オフ初のFA獲得はスターター右腕

 現地2021年11月26日、サンクス・ギビングが終了し、複数のディールのニュースが入ってきました。

 まずはレッドソックスのニュースから。同日、レッドソックスはレイズからFAのマイケル・ワカ(Michael Wacha)と1年で合意した模様です。

契約詳細

 ディールの中身が判明しました。

  • 1年/$7M

 予想は$3MからMaxで$4Mくらいかと踏んでいたのですが、予想外に跳ねた模様。

2015年に17勝7敗

 マイケル・ワカは1991年7月1日生まれの30才。2022シーズン途中で31才になるベテラン右腕。

 2012年アマチュア・ドラフトでカージナルスの1巡目指名(全体19位)。デビューがその翌年の2013年で15試合、9スタートで64.2イニングを投げ、4勝1敗、ERA2.78。 

 このデビュー・イヤーはかなり衝撃的でしたね。角度のあるボールを投げますし、4シームのアベレージで94.1mphをマークし、MAXではHigh−90mphを記録すること多数。いいピッチャーが出てきたなと思ったものです。

2013年のBOSとのWSで1勝1敗

 デビュー・イヤーの2013年はドジャースとのNLCSでMVPに輝きました。

 さらに、ワールドシリーズではレッドソックス相手にGame2とGame6に登板。Game2では6.0イニングを投げ、被安打3、失点2とジョン・ラッキーとの投げ合いを制しました。

2013 World Series Game 2, St. Louis Cardinals vs Boston Red Sox: October 24, 2013 | Baseball-Reference.com
St. Louis Cardinals beat Boston Red Sox (4-2). Oct 24, 2013, Attendanc...

 そしてGame6では、同じくジョン・ラッキーとの投げ合いになった訳ですが、この時は、シェーン・ビクトリーノの走者一掃のタイムリー・ダブルやスティーブン・ドリューのHRなどで4回途中、6失点でマウンドを降り、敗戦投手になっています。

2013 World Series Game 6, St. Louis Cardinals vs Boston Red Sox: October 30, 2013 | Baseball-Reference.com
Boston Red Sox beat St. Louis Cardinals (6-1). Oct 30, 2013, Attendanc...

 2013年から2019年までカージナルスに所属し、7シーズンで165試合、その内先発は151試合に登板。867.2イニングを投げ、59勝39敗、ERA 3.91。BB9 3.9、SO9 は7.9、HR 9は1.0。

 なかでも2015年は17勝7敗、ERA3.38をマークするなど活躍しました。

2020年(NYM)では苦戦

 カージナルスからFAとなり、2020シーズンはメッツとサイン。特殊なシーズンとなった2020年、マイケル・ワカは苦しみました。8試合中、7試合に先発。1勝4敗、ERA 6.62。BB 9は1.9、SO 9は9.8とともにキャリアを通じて最高の数字にもなったのですが、HR 9は2.4でキャリアワースト、何より34.0イニングで被安打46を喫し、12.2のH9が示すようにとにかく打たれました。

2021年は3勝5敗

 2021年はレイズとサイン。1年/$3Mでした。

 29試合中、23試合に先発。124.2イニングを投げ、3勝5敗、ERA5.05。 ERA+ は78。

BOSはなぜワカを獲得?

 E・ロッドが抜けたレッドソックスのローテーション。

 その抜けた穴の補強としてマイケル・ワカというのがいささか物足りなく、疑問でした。

 その獲得の動機を探って行った時、見えてきたものがありました。

サラリーは安い(追記あり)

 どうしてレッドソックスがマイケル・ワカ獲得に走ったのか?を考えた時に、まずはサラリーが安いというのがあったと思います。2021年で$3Mですからね。今回のディールも高くないはずです。そのうえ、経験値があり、なおかつゲーム数をこなしてもらえるという目論見が立ったからだと思います。まだ2022シーズンの贅沢税の基準額は決まっていませんし(新CBAで決まる)、レッドソックスもまだまだ余裕がある状態ですが、いずれ$200Mを超える見込みではあると思います。

 よって、安いに越したことはないというのが1点。

 追記です。1年/$7Mと結構高くつきました。

ヤンキース戦で大成果

 そして最大の獲得動機はこれだと思うのですが、まず、マイケル・ワカはレッドソックス戦に強かったです。2試合に登板し、.243/.310/ .324/ 0 HR/ 3 ダブルと抑えています。

 リリーフで対したALDS Game2でもレッドソックスは抑えられました。

 まずは自軍の打線が弱い投手をライバルに獲得される前に獲ったというところかと。ただ、それだけではやはり弱いです。しかし、いいデータがありました! 

 2021年は全般的に結果が出なかったマイケル・ワカですが、大きな成果を上げている対戦相手がいました。それがヤンキースです。5試合に登板し、.129/ .215/. 243と完璧に抑えています。被本塁打は2。おそらくこれが獲得の動機につながったのではないか?と見ています。

 ちなみに対戦相手で分が悪かったのは、マリナーズ、オリオールズで、マリナーズの打者は打率が.488、オリオールズの打者は打率が.333を打っていました。ホワイトソックス打線は打率.320。

 今回のマイケル・ワカの獲得以上に、ローテーションの補強で動いているのが、マーカス・ストローマンですが、かなりライバルが多いですから、レートはつり上がっているのではないか?と思います。どこまでコミットするのか、注目です。

 それより、早くブルペンを補強しましょうよ!とファンは思いますね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
【MLB2024】好調だったマイク・トラウトが離脱!左膝を手術へ
【MLB2024】「手応えあり!」アスレチックスが東海岸タフシリーズを4勝3敗で勝ち越し!NYYにはタイ、O’sには勝ち越し!
【MLB2024】レッドソックス、ジョーリー・ロドリゲスをDFAにし、上沢投手をメジャーに
【MLB移籍2024】レッドソックス、カブスで出場機会に恵まれなかったギャレット・クーパーを金銭トレードで獲得!
【MLB2024】プレーヤーズ・ウィークエンドが復活!人気企画も前回とは違う装い
タイトルとURLをコピーしました