スポンサーリンク

【MLB2022FA】筒香選手はパイレーツと1年/4Mドルでサイン

MLB移籍/FA情報

筒香選手は2022年もパイレーツ

 現地2021年11月24日、筒香選手のディールが決定。パイレーツと1年で$4Mでサインとなりました。このディールは割と予定通りというところでしたね。

2021年はレイズDFAから

 メジャー2年目の2021シーズンは筒香選手にとっては試練のシーズンとなりました。

 レイズで開幕を迎えた2021シーズンはチャンスをもらうも、5月8日まで26試合に出場し、78-13、打率.167、OBP .244、SLG .218、HR 0、二塁打4、RBI 5、BB 8、SO 27。現地2021年5月11日にDFAに。

 2020シーズン(60試合中51試合に出場)の成績が、157-31、打率.197、OBP .314、SLG .395、HR 8、二塁打5、RBI 24、BB 26、 SO 50でしたから、率としては1年目を下回るペースになりました。

2020年のスプリング・トレーニングでの試合不足が響く

 思うに筒香選手が苦戦した理由の一つに、メジャー1年めの2020年のスプリング・トレーニングのゲームがコロナ・パンデミックで途中で打ち切られた点にあったと思うのです。経験値を上げたかった3月から6月の間に実戦が完全にシャットアウトされました。

 もしもこの時期に実戦でメジャーのファストボールを体感しておけば、早めにタイミングのとり方を改善したのではないか?とも思います。NPBで精度の高い変化球を攻略するために身に着けた動作がMLBではファストボール対応の邪魔になってしまいました。

ドジャースの3Aで揉まれる!

 レイズをDFAになった後、5月11日にドジャースへのトレードが決まった筒香選手は、ドジャースで即出場機会を得るも、ロスターの関係でトリプルAでの出場が多くなりました。

 メジャーでの成績は12試合、31−3、打率.120、OBP .290、SLG .120、HR 0。

 そして6月17日から8月13日までトリプルA、オクラホマシティ・ドジャースに在籍。そして、この2ヶ月間が筒香選手にとって1年目のスプリング・トレーニングの試合数不足を埋め合わせる経験を積むとても良い機会になりました。

 トリプルAでの成績は43試合で148-38、打率.257、OBP .361、SLG .507、OPS.708。HRは10、RBIは32。ここで掴みましたね。

パイレーツで大攻勢

 現地2021年8月14日にオクラホマシティ・ドジャースをリリースされた筒香選手でしたが、現地2021年8月16日にパイレーツが獲得。メジャー・ディールで即出場となりました。

1ヶ月半で8HR

 パイレーツでの筒香選手は、2試合連続二塁打から始まり、4試合目には移籍後初HR。以降は10月3日の最終戦まで約1ヶ月半で43試合に出場。127-34、打率.268、OBP .347、SLG .535、OPS.883。何と言っても、HR8本をマークしたのは大きかったですね。

 今回の契約もこのパイレーツ移籍後の猛ラッシュがあったからこそ実現したと言っても過言ではありません。

現時点でパイレーツNO.1のサラリー

 2021年は完全にタンキングしたと見られるパイレーツ。タンキングとは平たく言えば、あえてお金を使わず、低い順位でも已む無しとする姿勢のことを言います。補強せず、大負けのまま。

 現時点で筒香選手のサラリー$4MはパイレーツのサラリーのNO.1。今、FAの選手が抜けているので余計にそうなっています。それに次ぐのが、2021年のサラリーですが、MLS4.107の3Bのコリン・モランの1年/$2.8M。ナ・リーグのタンキングの筆頭のような状況ですが、これから筒香選手を上回る選手の獲得もあると思います。

 メジャー3シーズン目の筒香選手の活躍に期待したいですね。

コメント

NEW

【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
【MLB2022FA】レッドソックスがジェーム・パクストンを獲得したディールについて
【MLB2022】パドレス、ノーマー・マザーラとマイナーディールで合意
【MLB】2022”アマチュア”ドラフト・プロスペクト100にクマール・ロッカーも名を連ねる
【MLB2022FA】ドジャースがクリス・テイラーと4年/60Mドルで再契約したディールについて
【MLBワード】ポストシーズン・シェアとは?
タイトルとURLをコピーしました