スポンサーリンク

【MLB】2021-22 オフシーズン・スケジュール:アウォード、FA、QO(更新あり)

オフシーズンの重要日

 この記事を書いているのは日本時間10月27日。現地2021年10月26日からいよいよワールドシリーズが始まります。Game7まで行けば、現地11月3日が2021年のファイナル・デーとなります。

 現地2021年10月25日にシルバースラッガー賞のファイナリストが発表されましたが、アウォードとQO(クオリファイング・オファー)、そして2022年までのスケジュールを記載しておきたいと思います。

追記:ワールドシリーズが終了。予定の変更があります。

 ワールドシリーズが現地時間で2日にブレーブスのチャンプという形で終了しました。Game7が行われなかったことにより、Awardの発表日も変更となりました。下記の日付は、ワールドシリーズ終了後にリライトさせていただいています。

Awards(アウォード)

11/7 ローリングス・ゴールドグラブ賞

 現地2021年11月7日、ローリングスのゴールド・グラブ・アウォード(Rawlings Gold Glove Award)が発表。

 当初、2日ということでしたが、7日に変更となりました。

 ファイナリストの選出も、10月半ばの予定ではありましたが、現地29に発表となりました。

Gold Glove Award finalists unveiled
The 2021 Rawlings Gold Glove Award finalists were unveiled on Twitter on Thursday. The winners will be revealed on Sunday, Nov. 7, on ESPN at 8:30 p.m. ET.

歴代受賞者

11/8 BBWAA 各賞のファイナリストの発表

 当初、現地2021年11月1日に予定されていたBBWAA(全米野球記者協会)の投票による各賞が現地11月8日、日本時間9日(火曜)に発表となります。

  • マネージャー・オブ・ザ・イヤー(Manager of the Year) : AL/NL
  • ルーキー・オブ・ザ・イヤー(Rookie of the Year): AL/NL
  • サイ・ヤング賞(Cy Young Award) : AL/NL
  • MVP(Most Valuable Player): AL/NL

11/9 ハンク・アーロン・アウォード

 こちらは” best overall offensive performer in both leagues”。両リーグからすぐれた攻撃力を有する選手を1人ずつ選出する賞です。今季はハンク・アーロンご本人がお亡くなりになった年ゆえ、価値のある賞となりそうです。

 ファイナリストはすでに出揃っていて、ALには大谷選手が入っています。NLにはブライス・ハーパーはフレディー・フリーマンなど。

 ちなみに2020シーズンはALがホセ・アブレイユ(CWS)、NLがフレディー・フリーマン(ATL)でした(歴代受賞者)。

2021の受賞者

 2021年の受賞者は、ア・リーグがブラディミール・ゲレロ・Jr.(ブルージェイズ)、ナ・リーグがブライス・ハーパー(フィリーズ)に決定しました。おめでとうございます!

11/10 All MLB Teams ファイナリストの発表 

 今季のスポンサーはキュー・ヘルス(Cue Health)。コロナ検査キットを提供する会社で、9月24日に米ナスダック市場に新規上場を果たしています。時代ですね。

 こちらの賞は、First TeamとSecond Teamで両リーグ混在でベストなポジション・プレーヤー、DH(両チームとも)、先発(5名)、リリーバー(2名)を選出するアウォード。2019年から始まりました。

 賞の大きなポイントとしては、夏のオールスターが前半戦の成績のみを加味して投票されるのに対し、レギューラー1年を通じた成績を考慮したシーズン終了後のオールスターというところ。一応、ファースト・チームの方が良い選手を並べるという建前になっています。

 「ベスト9」という位置づけの方がスッキリするでしょうか。ただ、両リーグ混在で2チーム選ぶということです。

過去の受賞者

11/10 リリーバー・オブ・ザ・イヤー

2014年から始まったAL、NLで1名ずつベストなリリーバーに贈られる賞です。

歴代受賞者

TBD ウィルソン・ディフェンシブ・アウォード

 当初、現地2021年11月3日にウィルソンのディフェンシブ・アウォード(Wilson Defensive Players of the Year)が発表となる予定でしたが、こちらはTBD(未定)です。すみません。

 なお、2020年は開催されませんでした。

歴代受賞者

11/11 シルバースラッガー賞

 当初、現地2021年11月4日に予定されていたシルバースラッガー賞(Louisville Silver Slugger Award )の発表は、1週間延びて11日になりました。ファイナリストは、こちら(MLB.com)

 DHで大谷選手が入っています。ゲレロ・Jr.はもちろん1Bで。今季は3名ではなく各ポジションで人数はバラバラ。2Bには、セミエン、アルトゥーベ、ルメイヒュー、ポランコ(MIN)など4名が。BOSからは3Bでデバース、SSでボガーツ、そしてOFでレンフローも名を連ねております。

 NLの2Bにはルーキーのジョナサン・インディア(CIN)の名前も。

歴代受賞者

11/12 プラチナ・グラブ・アウォード

 ゴールドグラブ賞の受賞者の中からAL・NLでベストのプレーヤーを選ぶという賞。また、同日は下記のアウォードも発表されます。

  • 11/12 チーム・ディフェンシブ・アウォード
  • 11/12 マイナー・リーグ・ゴールド・グラブ・アウォード

11/15 ルーキー・オブ・ザ・イヤー

 当初、現地2021年11月8日に発表となっていた、ROY(Jackie Robinson Rookie of the Year Award)の発表はもう少し後ろになりそうです(AL/NL)。

歴代受賞者

11/15 HOF (野球殿堂)の投票が明らかに

  2022年1月に発表となるHOFの新規招待者などが明らかに。

11/16 マネージャー・オブ・ザ・イヤー

  こちらも当初は現地2021年11月9日の発表となっていた最優秀監督賞である(Manager of the Year)(AL/NL)はもう少し後ろになりそうです。

歴代受賞者

11/17 サイ・ヤング賞

  当初、現地2021年11月10日には、最優秀投手賞であるサイ・ヤング賞(Cy Young Awards)が発表となっていましたが、こちらも後ろになります。

11/18  MVP

 こちらも現地2021年11月11日が発表日となっていましたが、後ろになりそうです。大注目のMVPが発表されます。ALで大谷選手が獲得するかどうか。

歴代受賞者

11/19 ハート&ハッスル・アウォード

 Heart & Hustle Award。こちらは2005年にMLB選手の同窓(Major League Baseball Players Alumni Association)によって作られた賞。2020年は開催されませんでした。歴代受賞者などは下記のリンクを。

Heart & Hustle Award | Major League Baseball Players Alumni Association
The Heart & Hustle Award is presented annually to an active player who demonstrates a passion for the game of baseball and best embodies the values, spirit and ...

11/19 カムバック・プレーヤー・オブ・ザ・イヤー

 Comeback Player of the Year。

11/23 All MLB Player

 こちらは11月10にファイナリストが発表となった”ALL MLB Team”の受賞者の発表日。

11/29 アウトスタンディング・DH 

 DHのベスト・プレーヤーに贈られるAward。

 歴代受賞者

1/20 HOF 発表

 野球殿堂の投票の結果の発表です。

トランザクション重要日

 クオリファイング・オファーはワールドシリーズの終了日次第です。WSが終了してから5日間に有資格でクラブ側が残ってと欲しているプレーヤーにオファーが出されます。そしてその期限は提示から10日間。詳細は下記のリンクを。

11/3 FA

 FA有資格のプレーヤー達がFAとなるのか否か、その大半がここで決まります。

11/7 オファーのデッドライン(クラブ→選手)

 各クラブがFA選手などに出すクオリファイング・オファーは、ワールドシリーズ終了日の2日から5日の間の現地7日。

11/17 受諾か拒否かのデッドライン(選手の回答期限)

 今季のクオリファイング・オファーの受諾か拒否かのデッドラインは現地17日5:00 PM(東部時間)ということになりました。

11/7 オプションの結末

 2020年の契約にオプションがある場合、大半はここで決まります。ほとんどはクラブ側が決済権をもつクラブオプション。行使するか、否か。もし行使されないのであればFAに。ミューチュアル・オプションなども大半はここで決まります。

11/9-10 GM ミーティング

 今季はCBA(労使協定)の有効期限が12/1ですから、かなり濃い話し合いになりそうです。なお、ここでディールの話も出たりします。

11/19 ルール5ドラフトに向けたロスター調整のデッドライン

 4年目、5年めのマイナー・リーガーを40manロスターに入れるかどうかのデッドライン。そのために、40manロスターの調整を行うので、意外はプレーヤーがDFAとなったりします。

11/30 ノンテンダー・デッドライン (更新)

 調停資格をもつ選手に翌年オファーを出すかどうかのデッドライン。出さなければ、ノンテンダーFAになる。

 なお、当初は12月1日でしたが、それがシーズンオフになり12月2日ということに変更。さらに、現地2021年11月24日、MLBとMLBPAの合意により、2021年11月30日に変更となりました。

12/1 CBA期限

 現行のCBAが23:59 ETをもって失効。色々と調整中のようです。

12/6-9 ウィンター・ミーティング

 ことしはフロリダのオーランドで開催。話題が盛りだくさんで毎年、多くのディールが成立します。

  • 12/9 ルール5ドラフト 

 そして最終日にはルール5ドラフトが開催されます。

1/14 調停選手へのサラリー提示のデッドライン

 調停資格の選手に金額をオファーする最終日。

1/15 2022年に向けたインターナショナル・サイニングのスタート

 海外FAなどのディールの解禁日。

1/31-2/18 調停

 この期間に調停に持ち越しとなった選手のディールを決します。

2月半ば スプリング・トレーニングスタート

 各クラブのスプリング・トレーニングがスタート。ゲームは2月後半から。

3/31 2020シーズン開幕

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
タイトルとURLをコピーしました