スポンサーリンク

【MLB2024】パイレーツがミッチ・ケラーと5年/77Mドルで契約延長

2023年に13勝をマーク

 現地2024年2月22日のこととなりますが、ピッツバーグ・パイレーツがエースのミッチ・ケラー(Mitch Keller)との契約延長にサイン。これによりパイレーツは軸となる投手を5年確保したことになりました。

契約内容

 両者が延長した契約内容は以下の通り。

  • 5年/$77M (2024-28)保証
    • すでにサインしていた2024年の$5.4425Mを上書きする形で延長
    • AAVで$15.4M

 ミッチ・ケラーは1996年4月4日生まれの27才で、シーズンが始まってすぐに28才となります。今回の5年契約は2024シーズンを実質28才のシーズンと考えれば、32才のシーズンまでの契約ということになります。

 ミッチ・ケラーのMLSは2024年1月時点で4.026。よって、FA資格取得をまたぐ形でパイレーツはキープすることにしたようです。

 2023年のサラリーは2023年1月に調停を避けてサインした1年/$2.4375M(2023)ですから、今回の延長契約によりAAV(Annual Average Value)は$15.4Mと非常に高額なものに。ただし、均等割ならそうなるというだけで実際のサラリーは徐々に上がって行く設定になりそうで、当初サインした$5.4425Mに近い額になると思われます(現地2024年2月24日時点ではまだ詳細が出ておりません)。

2023年に13勝

 ミッチ・ケラーは2014年のアマチュア・ドラフトのパイレーツの2巡目指名。高校卒での指名です。デビューしたのは2019年で23才のシーズン。この時は11試合の先発で48.0IPで1勝5敗、ERA 7.13。パイレーツがどん底の69勝93敗でNLセントラル最下位のシーズンでしたから、なかなか厳しいものになりました。

 短縮シーズンとなった2020年は5試合に先発して、1勝1敗、ERA 2.91と好投。ただし、BB9が7.5とだいぶ荒れました。このシーズンは調整が難しかった面もあったと思います。

 MLB昇格後初のフルシーズンとなった2021年は23試合に先発して、100.2 IPで5勝11敗、ERA 6.17と炎上気味の内容に。BB9は4.9と前年より改善されたものの、H9が11.7とかなり打たれました。このシーズンは4シーム、カット、カーブ、チェンジアップの4種。

 2022年は31試合に先発し、159.0IPに到達。ただし、チーム状態が悪かったため、またもや5勝11敗と数字がついてきませんでした。ただし、内容は悪くなかったため、ERAは3.91と改善。BB9は3.4、H9は9.2に改善。2022年からシンカー、スライダー、スウィーパーが球種に追加。これでかなり自信がついたようです。

 そして2023年。32試合に先発し、194.1 IPを數えたミッチ・ケラーは、13勝9敗をマーク。ERAは4.21と前年よりやや悪くなりましたが、オールスターにも選出されるほど活躍。特にパイレーツは開幕直後はMLB NO.1の勢いを見せていただけに、それが続かず前年なシーズンとなりましたが、チームの試合内容もかなりよくなってきたと言っていいと思います。

ローテーションは改善

 パイレーツの投手陣の今オフの動きとして、まず痛かったのはヨハン・オビエドが2023年11月にトミー・ジョン手術を実施し、今季は全休になったこと。非常に期待できる右腕で2023年は9勝をマーク(14敗)していたので、彼の離脱は痛かったです。

 しかし、マリナーズからブレーブスにトレードで移籍し、ブレーブスからすぐにトレードで獲得したマルコ・ゴンザレスが加入。彼も怪我のリスクはあるのですが、ヘルシーなら非常に有効。さらに、レンジャーズからFAとなっていたマーティン・ペレスも獲得。このベテラン左腕2人の加入は大きいです。

 そして2022年に28試合に先発し、2023年はトミー・ジョン手術で全休となっていたJT・ブルーベイカー(JT Brubaker)がシーズン半ばに復帰予定。これはなかなかの朗報ですね。

 ひょっとしたら2023年の全体1位のポール・スキーンズもデビューするかもしれませんね。

 打撃陣はオニール・クルーズが怪我から復帰。ヘンリー・デービス、ジャック・スウィスキーなども含むめて魅力的な選手が多いので、投手陣が安定すればNLセントラルでかなり面白い存在になるかもしれません。

捕手の起用も注目点

 ちなみにそのヘンリー・デービスを本来の捕手のポジションに使うかどうかも注目です。バックアップにヤズマニ・グランダールが入りましたので、ここは心強いです。 

 打撃に目がくらみ、OFで起用し続けると、オリオールズのアドレー・ラッチマンがもたらしたような効果は薄れてしまうので、この点も注目ポイントです。

 お読みいただき、ありがとうございました。 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
【MLB2024】ドジャース、パドレスとの海外開幕戦に勝利!大谷選手は5-2、ダルビッシュ投手も好投
【MLBルールチェンジ2024】ピッチクロックの変更、走路、マウンド・ビジット回数に変更あり
【MLB2024FA】ついに決定!ブレイク・スネルはジャイアンツと2年契約
【MLB2024】ナッツのスティーブン・ストラスバーグは未だ40manロスター。今後の動向は?
タイトルとURLをコピーしました