スポンサーリンク

【MLB 移籍 2023】マリナーズ、CWSからFAのAJ・ポロックを獲得!

OFのコーナー・スポットの補強

 現地2023年1月7日、シカゴ・ホワイトソックスからFAとなっていたOFのAJ・ポロック( A.J. Pollock)がマリナーズと1年で合意となりました。

ベテランOFは1987年12月5日生まれで、2022年の誕生日で35才になりました。

契約内容

 合意内容はご覧の通り。

  • 1年/$7M保証(2023)

プレーヤーOptを拒否

 AJ・ポロックの前契約は2019年1月にドジャースとサインした以下の内容。2023年はプレーヤー・オプションが入っていたので、更新するかと思ったのですが、ポロックは出ることを決断。FAとなっていたのでした。

 2023シーズンはPAで500オーバーでしたから、ベース・サラリーに$3Mが加算され、$13Mでのプレーヤー・オプションであったにもかかわらずです。

  • 4年/$55M (2019-22) + 2023 $10Mプレーヤーオプション($5Mバイアウト)
    • サイニング・ボーナス:$12M($4Mずつ、2019年中に3回受け取り済み)
    • 支払い:
      • $1M(2019)/ $12M (2020)/ $15M (2021)/$ 10M(2022)/ $10M (2023)-$5Mバイアウト
    • 2023年のオプションは、2022年に400/450/500/550/600 PAを達成するごとに$1M追加
      • ポロックは2022年に527PAを達成=$3M追加
    • 2019-22の間に、MVPなどのアウォード・ボーナスの設定あり(未達)
    • また、2020-21で1000PAあるいは2019-21で1450PAで2021年終了後にオプトアウト可でバイアウト$5Mの設定もあったがこれは未達でオプトアウトせず
    • トレードで$1.5M (受領)

2022年のAJ・ポロック

 ドジャースに所属していたAJ・ポロックですが、2022シーズン開幕直前の4月1日に、クレイグ・キンブレルとのトレードでホワイトソックスへ移籍することとなりました。

2022年はキャリア最低のシーズン

 ホワイトソックスでは、138試合に出場し、527打席、489打数120安打。打率.245、OBP.292、SLG.389、二塁打26、HR14、RBI 56で、OPS+ は91。

 AJ・ポロックがOPS+で100を切るのは、2013年にDバックスでレギュラーとなって以来、2016年の大怪我での離脱を除いて初のこと。打率.260近辺、HR 15以上、RBI 60近辺を見込める選手としてほとんどのシーズンで100超えを果たしていたのでした。

2016年の大怪我

 ちなみに2016年の大怪我というのは、スプリング・トレーニング中の出来事で、開幕までわずかとなった4月1日(開幕日は4月4日でした)にホームにヘッドスライディングした際に右肘を骨折。このシーズンのほとんどを怪我の治療に当てざるを得なくなった怪我のことです。

 一応、シーズン中に復帰を果たし、2016年8月26日から12試合に出場。打率.244、2 HR、4 RBIのみという成績でした。

マリナーズのコーナー・スポットに

 FAとなったAJ・ポロックにツインズ、レンジャーズが関心を示していたのですが、獲得したのはマリナーズ。2009年のアマチュア・ドラフトでDバックスから1巡目指名(全体17位)を受け、Dバックスでキャリアをスタートさせたポロック。

 実はこの時、現マリナーズGMのジェリー・ディポトはDバックスのフロント・オフィスの一員としてで働いていたのでポロックのことをよく知っていたのです。

 マリナーズはCFにフリオ・ロドリゲスという素晴らしい選手を据え、中心が固まっている状態。ただ、コーナー・スポットはFAでミッチ・ハニガーを流出させ(ジャイアンツ)、ジェシー・ウィンカーはブルワーズへ。

 元ROYのカイル・ルイスはDバックスへトレードに出し、クーパー・ハメルを獲得。

 LF、RFのコーナー・スポットの候補は、ジャレッド・ケルニック、そして大器と言われながらもう25才となたテイラー ・トランメル、クーパー・ハメルなどが上げられ、信頼性の観点から今回はポロックを入れたということになるかと。

 なお、AJ・ポロックは2022シーズン、右投手との対戦成績が急降下。打率.231となりました。左投手とは.286。ちなみに2021年は右投手が.301、左投手が.288でした。

 ケルニックとトランメルが左打席なので、場合によっては先発投手次第でベンチスタートということも有り得そうです。

ポストシーズンの経験も

 AJ・ポロックは言わばエリートOF。ドジャース在籍の3シーズンでいずれもポストシーズンに出場。2020年にワールドシリーズを制したのは記憶に新しいところです。

 2022シーズン、ワイルドカード・シリーズでブルージェイズをスイープしたマリナーズ。ALDSではアストロズにスイープされましたが、いずれも内容の良い敗戦でした。

 今季はさらに上を目指すべく、ベテランOFのポロックの力も借りようというところのようです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ドジャース、ムーキー・ベッツ(左手骨折)の離脱で、三遊間が欠ける事態に
【MLB2024】ドジャースの山本由伸投手が2回で緊急降板。右上腕三頭筋の張りでIL入りは必至(追記)
【MLB2024】カブス・今永投手が7勝目!シーズン最多の103球で味方打線の火をつける!
【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
タイトルとURLをコピーしました