スポンサーリンク

【MLBトレードDL2019】レンジャーズ、今季離脱のリリーバー、ネイト・ジョーンズを獲得

レンジャーズが獲得した理由とは?

現地2019年7月31日、テキサス・レンジャーズはホワイトソックスのパワフルなリリーバー、ネイト・ジョーンズを獲得しました。

トレード詳細

まずは選手の動きをまとめてみます。

【レンジャーズGet】

  • ネイト・ジョーンズ(RHP)
  • $1Mインターナショナル・スロット・マニー
  • 金銭

【ホワイトソックスGet】

ネイト・ジョーンズについて

レンジャーズが獲得したネイト・ジョーンズ(Nate Jones)は33才。2007年ホワイトソックス5巡目指名。デビューは2012年。ホワイトソックス一筋8年というリリーバーとしては珍しい経歴。2018年オフにもクラブオプション実行で残りました。

2019年はシーズン離脱

そのネイト・ジョーンズですが、2019年4月28日に右肘の炎症で10Day IL入り。さらに、5月6日には60Day ILに入りとなり、5月13日には右前腕部の屈筋の手術を施行。今季はシーズンエンディングです。

ネイト・ジョーンズとCWSの契約

ネイト・ジョーンズはホワイトソックスと2015年12月に3年総額$8Mの契約を交わしています。2019年はクラブオプションを実行。サラリーは$4.65M。

2020年がクラブオプションで$5.15M+バイアウト$1.25M。ただし、2019年中に肘のUCLの手術を受けるようなことになった場合は、オプションは$3.75Mに。バイアウトの$1.25Mは残っている模様。

2021年はミューチュアル・オプションで双方合意のもと、実行となれば$6M、バイアウトが$1.25M。ここでも手術条項が入っていて、2019年終了までに肘のUCLの手術を受ければ、オプションは$4.25Mになります。ここでもバイアウトは残っている模様。

レンジャーズとの契約

なお、ネイト・ジョーンズは2014年に一度トミージョン手術を行っており、2015年に復帰しています。

おそらくその件もあり、トミージョン手術が必要なUCL部分の条項を入れていると思われますが、2019年のケガは厳密に言うと、UCLではないのでこの条項をどう解釈するかですが、トレードルーモアによれば手術した場合の金額で契約したようです。

よって、レンジャーズは2020年は$3.75M+バイアウトの$1.25M、2021年は$4.25M+バイアウトの$1.25Mで契約する模様。2019年は残りで訳$1.5M。

なぜTEXはサインしたのか?

レンジャーズがどうしてシーズンエンディングのリリーバーと契約したのかについてなのですが、以下の2点が考えられます。

1点目は肘の手術により当初のオプション額が大きく下がったことが魅力という点です。ネイト・ジョーンズのオプション額は肘の手術によって2020年は$5.15Mが$3.75Mに、2021年は$6M払うところが$4.25Mで済み、計$3.15Mセーブ。

そして2点目がネイト・ジョーンズの実績。MLB通算8年でERA が3.12。71試合投げた2016年においてはERAが2.29。2017年は11試合、2018年は33試合にとどまりましたが、ERAは3点台ととにかく安定しています。

Nate Jones Stats | Baseball-Reference.com
2021: 0-2, 5.68 ERA, 14 SO,Career: 22-16, 3.45 ERA, 355 SO, P, WhiteSox/Reds/... 2012-2021, t:R, born in KY 1986, Nate's Nation

よって、レンジャーズは来年以降を見越して獲得したということが言えそうです。

ホワイトソックスへは2人のプロスペクト

ホワイトソックスへは2人のプロスペクトが行きます。

ジョー・ヤルネスキ

ジョー・ヤルネスキ(Joe Jarneski)は19才の右腕。2017年レンジャーズ12巡目指名。2019年はルーキーリーグ。これからの投手ですね。

レイ・カストロ

レイ・カストロ(Ray Catro)は22才の右腕でドミニカ共和国出身。2019年はドミニカサマーリーグ(DOSL)でプレー。9試合、4勝0敗、ERA 2.02 。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
タイトルとURLをコピーしました