スポンサーリンク

【MLB 2023 FA】エリック・ホズマー、カブスと合意するも、強烈なプロスペクト、マット・マーヴィスと競合

カブス、リーグ・ミニマムでホズマーを獲得

 現地2023年1月4日のこととなりますが、シカゴ・カブスがエリック・ホズマー(Eric Hosmer )と合意しました。

 エリック・ホズマーはFAとしてカブスと契約することになりますが、カブスの負担はリーグ・ミニマム・サラリーの$0.72Mのみとなります。その理由は以下の通り。

ホズマーの元の契約

 2018年シーズン前、エリック・ホズマーはパドレスと8年/$144Mの契約でサインしていました。

  • 8 年/$144M (2018-25)
    • サイニング・ボーナス:$5M
    • 支払い
      • $20M x 5年 (2018-2022)、$13M x 3年 (2023-2025)
    • 2022シーズン終了後にオプトアウトあり
    • フル・ノートレード条項あり(2018-2020) 、限定的ノートレード条項あり(ホズマーがブロックする10クラブ)、2022年終了後に10-5 ルール適用可
    • 1度トレードが成立すれば、ソレ以降はすべてのトレードをホズマーはブロック可能
    • サイン当時はパドレス史上最大の契約でした。

 サイン当時28歳のエリック・ホズマーは、FA入りのタイミングでキャリア最高のシーズンを過ごすという幸運に恵まれ、ロイヤルズでの最後のシーズンとなった2017年は打率.318、OBP .385、SLG .498をマーク。

 サイン時、「パドレスはオーバー・ペイ」だという声も確かにありましたが、ウィル・マイヤーズとともにパドレスの打撃陣を支える意味でも彼の力は必要でした。

 契約の方ですが、上述の通り、パドレスは2025年までこの契約に縛られることになります。

2022のTDLでボストンへ

 エリック・ホズマーは2022年のトレード・デッドラインでレッドソックスへ移籍。

レッドソックスGet

  • エリック・ホズマー(Eric Hosmer/32)1B/左投げ左打ち
  • コーリー・ロージア(Corey Rosier/22) OF/右投げ左打ち/2021年SEA12巡目
  • マックス・ファーガソン(Max Ferguson/22) INF/右投げ左打ち/2021年SDP5巡目

パドレスGet

  • ジェイ・グルーム(Jay Groome/23) LHP/ 2016年BOS1巡目(全体12位)

 このトレードで、レッドソックスが2022年の最低年俸の日割り分($246,154)を支払い、パドレスがホズマーの2022年の年俸の残額を負担することになりました。

 仮にホズマーが2022年シーズン後にオプトアウトせず、レッドソックスに残留した場合、レッドソックスは2023年から2025年にかけてリーグ・ミニマムの$0.72M、$0.74、$0.76だけの支払いで良く、パドレスは引き続き、ホズマーのサラリーを$13Mx3年を払い続けるということに。

レッドソックスがホズマーをDFAに

 そして2022年12月16日、レッドソックスはエリック・ホズマーをDFAに、そして12月22日にリリースしました。これにより、レッドソックスはリーグ・ミニマムを払う必要もなくなりました。

 今回、カブスがホズマーを獲得した場合の金銭負担はレッドソックスと同じで、リーグ・ミニマムだけで良く、パドレスは引き続き2025年まで$13Mを負担し続けるということになった訳です。

カブスの1Bにはフィットするも強敵あり!

 アンソニー・リッズがいなくなったカブスは、2022年はアルフォンソ・リバスが1Bを務めるケースが多かったのですが、レギュラーとして定着していたわけではありません。フランク・シュウィンデル、P・J・ヒギンズ、パトリック・ウィズダム、その他一時的に1Bを守るプレーヤーもおり、分散されていたというのが実情。

 3Bのパトリック・ウィズダムは別として、全員が不本意なシーズンを過ごし、チームのロースターから外されています。ヒギンズとリバスは2022年12月にDFA、シュウィンデルは2023年はNPBのオリックスと契約です。

マット・マーヴィスと競合

 プロスペクトであるマット・マーヴィス(Matt Mervis)は1Bの有力な候補です。強烈なレフティーです。彼はドラフト外のFAで入団した選手ですが、2022年にA+ででシーズンをスタートさせ、打率.350、OBP .389、SLG .650、wRC+189をマーク。AAに昇格後も、打率.300、OBP .370、SLG.596、wRC+148。AAAでも、打率.297、OBP .383、SLG.593、152wRC+。昇格ごとにBB%は4.6%→8.7%→10.4%にアップ、さらに三振率は24.1%→20%→14.6%に低下するというものすごい生産性を披露。

 カブスは2022年秋にAFLにも送り出し、17試合で打率.262、OBP .324、SLG.590をマーク。

 ホズマーは彼と競合することに。

 スプリング・トレーニングの出来次第では、カブスはマット・マーヴィスを1Bとして起用するかもしれません。そうなるとホズマーはまたもやロスターから外れることになるのですが。

 カブスの1Bに注目です!

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ドジャース、ムーキー・ベッツ(左手骨折)の離脱で、三遊間が欠ける事態に
【MLB2024】ドジャースの山本由伸投手が2回で緊急降板。右上腕三頭筋の張りでIL入りは必至(追記)
【MLB2024】カブス・今永投手が7勝目!シーズン最多の103球で味方打線の火をつける!
【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
タイトルとURLをコピーしました