スポンサーリンク

【MLB 移籍 2023】フィリーズ、タイガースから左腕のグレゴリー・ソトとINFのコディー・クレメンスをトレードで獲得

計5名(全員メジャー契約!)が動くトレードに

 現地2023年1月7日になりますが、フィリーズとタイガースでトレードが成立。

 このトレードはいずれも2022年にメジャー出場経験のある選手ばかりで、割とインパクトのあるトレードとなりました。

トレード概要

 トレードの中身を見て行きます。

フィリーズGet

  • グレゴリー・ソト(Gregory Soto/28)LHP/SP
  • コディー・クレメンス(Kody Clemens/26) INF/右投げ左打ち

タイガースGet

  • ニック・メイトン(Nick Maton/26) 2B, SS or OF/右投げ左打ち
  • マット・ベアリング( Matt Vierling/26) OF or 1B/右投げ右打ち
  • ドニー・サンズ(Donny Sands/ 26) C / 右投げ右打ち

フィリーズ、ブルペンに強力なソトを獲得

 アグレッシブなディールが続くフィリーズですが、今回、グレゴリー・ソトを獲得したのはブルペンの補強。今オフはすでにレッドソックスからFAとなっていた左腕のマット・ストラムとドジャースからFAとなっていたクレイグ・キンブレルを獲得。

 クローザーは、おそらくセランソニー・ドミンゲスということになるでしょうが、セットアップで左腕のホセ・アルバラード、右腕のアンドリュー・ベラッティ、コナー・ブログドンと2022年のワールドシリーズでも実績ある投手達がいる中で、グレゴリー・ソトを獲得したことでさらにゲーム後半の厚みを増やすことを目的とした補強となりました。

 また、FAのトレイ・ターナーを獲得したことで、ニック・メイトンとマット・ベアリングのユーティリティー組が余り気味になることから、内野の厚みを増やしたいタイガースと受給が一致した模様。人数的に2人が出ていくと心もとないところもあり、コディー・クレメンスが内野のバックアップ・ロールとして入ったというところ。

 また、JT・リアルミュートというしっかりとした正捕手がいる中、バックアップ・ロールは29才の左打ちのギャレット・スラッブスがもはや第一候補。彼は2022シーズンに50試合に出場し、打率.264、OBP .350、SLG .462、HR 5、RBI 16という非常に高い生産性をマーク。3番めの捕手のドニー・サンズが余ることから、トレードとなりました。なお、タイガースの捕手は、エリック・ハースが2022シーズンは110試合に出場。27才のジェイク・ロジャースは38試合。バックアップ・ロールの補強の意味でもドニー・サンズが必要ということでトレードが成立しました。

 個別に選手を見て行きましょう。

【PHI】グレゴリー・ソトとは

 グレゴリー・ソトは、1995年2月11日生まれの27才。開幕時には28才となります。

【YOUTUBE】Gregory Soto: Working Offseason

 2012年にアマチュアFAとしてタイガースとサインし、ここまでタイガース一筋で来ました。ドミニカ共和国出身。

 デビューは2019年で24才の時。タイガースがリビルドで非常に苦しんでいるときにブルペンを支えてきた投手。2019年、2020年とERAは5.77、4.30と高めでしたが、2021年から3点台に押さえております。2021年、2022年とオールスターに出場。

 特徴はとにかくボールが速いこと。2022シーズンの4シームのアベレージはなんと98.7mph。さらにシンカーも98.1mphをマーク。そしてチェンジアップは91.8mph、スライダーが89.3mph。バッターが気合を入れて打席に立たないといけないタイプですね。

 フィリーズは彼を獲得したことこでホセ・アルバラードがもう1人いるような状況となりました。

 但し、リスクもあります。BB%が高いこと。これは厳しいところを突くというよりは単に暴れているレベルで、2021年から少し落ち着いてきたという具合。2022年は60.1イニングでBBは34。BB%は12.9%で、リーグ平均の8.5%を大きく上回ります。BB9で行くと5.1。高いですね。

 なお、SO%は2021年は27.5%を誇りましたが、2022年は22.8%になりました。リーグ平均は22.9%。SO9で行くと9.0です。

 コントロールが暴れているのでたまに甘いところに行くと痛打される関係で、2022年のH9は7.3とよく打たれはします。

 これだけ速いボールを持っているので、さすがにゴロ率が高く、2022年は47.5%。よって、ボールが上がらないことから、2022年の被本塁打は2本だけ。HR9で行けば、0.3という素晴らしい数字を残しています。

 ランナーを出すケースが多いゆえに、長打を打たれると失点に結びつくパターンですが、ここまでは力でねじ伏せてきたような感じです。リアルミュートにとってはなかなかリードし甲斐のある投手が入ってきたというところです。精度が上がれば良いですね。

【PHI】コディー・クレメンスとは

 コディー・クレメンスは言わずとしれた「ロケット」ことロジャー・クレメンスの息子さんで三男坊。

 2018年にタイガースの3巡目で指名され、プロ入り。デビューは2022シーズンで、56試合で打率.145、OBP .197、SLG .308、HR 5、RBI 17。

 2023シーズンがもう正念場ということになりそうです。フィリーズで化けるでしょうか!?

【DET】ニック・メイトンとは?

 ユーティリティーのニック・メイトンは1997年2月18日生まれの25才で、シーズンに入れば26才になります。左バッター。

 兄はアストロズのブルペンで素晴らしい活躍を展開中のフィル・メイトン。2022年のワールドシリーズでは兄弟対決が実現するか?とご両親も見に来ていましたが、実現はならず。

 2017年のドラフトでフィリーズから7巡目で指名を受けプロ入り。ランク的には、ルーク・ウィリアムス(現在はFA)、スコット・キンガリーらとともに同じような時期にチャンスを与えられながら、それをものに出来なかった選手・・・というイメージです。

 2022年は34試合で、72-18、打率.250、OBP .341、SLG .514、HR 5、RBI 17。OBPは高く、左右どちらの投手が来ても気にしないタイプなので、良いきっかけを掴むことを祈るばかりです。

【DET】マット・ベアリング

 1996年9月16日生まれの26才。右打席。ドラフトは2018年のフィリーズの5巡目指名。

 デビューは2021年。2022年は捕手とSSと投手以外はすべてこなした選手で、117試合に出場し、打率.246、OBP .297、SLG .351、HR 6、RBI 32でOPS+は83。

 人気者のブランドン・マーシュが左打席ゆえに、ケースによっては彼とポジションをシェアしても!という選手でしたが、マーシュが完全に追い抜きました。フィリーズに移籍後のマーシュの成績は、打率.288、OBP .319、SLG .455でOPS+は116 。マーシュはまだ課題のある選手ですが、2023年もCFとして起用される見込み。

 ベアリングとしてはタイガースで再度チャンスを伺うというところです。

ドニー・サンズとは

 ドニー・サンズは1996年5月16日生まれの26才。ドラフトは高校卒の時で、2015年のヤンキースの8巡目。結構、高いラウンドで指名されました。

 捕手ゆえにマイナーでじっくりと実力を蓄えていた選手。2021シーズンまでヤンキースは、じっくりと鍛え上げ、AAAまで昇格させていました。もしも2020年のマイナー・キャンセルがなければ、2020年にはメジャーに上がっていたかもしれません。

 2021年11月にトレードでフィリーズへ移籍。メジャー・デビューは2022年。2022年は3試合のみの出場でまだメジャー初ヒットはありません。マスクの方も2.0イニングしかかぶっておりません。

 何か、将来指導者になる匂いを漂わせているキャリアです。経験は豊富。ちなみにマイナーではよく打っていて、2022年のAAAでは、57試合で.打率.309をマーク。2シーズン経験したAAAの通算打率は、.293です。タイガースで良いきっかけを掴んで欲しいと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ドジャース、ムーキー・ベッツ(左手骨折)の離脱で、三遊間が欠ける事態に
【MLB2024】ドジャースの山本由伸投手が2回で緊急降板。右上腕三頭筋の張りでIL入りは必至(追記)
【MLB2024】カブス・今永投手が7勝目!シーズン最多の103球で味方打線の火をつける!
【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
タイトルとURLをコピーしました