スポンサーリンク

【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード

エリートOFの復活に期待

 現地2022年11月18日、マリナーズとDバックス間でトレードが成立。2020シーズンに攻守に素晴らしいパファーマンスを披露し、ROY(Rookie of the Year)に輝いたカイル・ルイス(Kyle Lewis)のトレードが決まりました。

トレード概要

 今回のトレードは1:1のイーブンなトレード。

DバックスGet

  • カイル・ルイス(Kyle Lewis/27)OF/右投げ右打ち

マリナーズGet

  • クーパー・ハメル(Cooper Hummel /28) C/OF/DH/ 右投げ両打ち

選手紹介

カイル・ルイスとは?

 カイル・ルイスは、1995年7月13日生まれの27才。マーサー大学(Mercer University)の出身で2016シーズンに打率.395、HR 20、RBI 72をマークし、 カレッジ・ベースボールのMVP的な位置づけのゴールデン・スパイク・アウォードを受賞。大学3年のシーズンです。その年(2016年)、アマチュア・ドラフトでマリナーズから1巡目指名を受けてプロ入り。全体順位11位。

 スーパー・エリートOFだったのです。

プロ1年目でACLを断裂

 カイル・ルイスはマリナーズと即座にサイン。クラスAマイナスのエバレット・アクアソックスでプロとしてのキャリアをスタートさせました。30試合を終えた時点で打率.299、OBP .385、SLG .530、二塁打 8、三塁打 5、HR 3、RUN26、RBI 26と最高のスタートを切ったものの、同年7月19日にホームプレートでの交錯により膝を負傷。ACLに加えて2つの靭帯を断裂してシーズン・エンドしたという過去がありました。

 2017年はルーキー・リーグ、ハイAで49試合の出場に押し止め、怪我の回復に時間をかけました。

 2018年はハイAからスタートし、ダブルAに昇格。2019年はダブルA・スタートで、セプテンバー・コールアップにより、9月10日にメジャー・デビューを果たしました。メジャー1年目の成績は、18試合で、71-19、打率.268、OBP .293、SLG .592、HR6と粗いながらも、素晴らしい長打力を発揮。

 短縮シーズンとなった2020年、カイル・ルイスは60試合中58試合に出場。206-54、打率.262、OBP .364、SLG .437、HR 11をマーク。守備でも素晴らしいパファーマンスを披露し、満票でROYを受賞。

 

 ところが、2021年は右膝の怪我により、わずか36試合の出場に終わり、打率.246、HR 5、RBI 11で期待とは程遠い成績となったのでした。

 2022年も引き続き膝の怪我に悩まされ、わずか18試合の出場にとどまり、打率.143と厳しいシーズンを過ごしたのでした。また、膝だけでなく、脳震盪にも悩まされたシーズンでもありました。

クーパー・ハメル

 クーパー・ハメルは1994年11月28日生まれの27才。すぐに28才になります。2016年ドラフトのブルワーズの18巡目指名でプロ入り。

 2021年7月、エドゥアルド・エスコバーがブルワーズに動いたトレードの交換相手としてDバックスに移籍。

 メジャー・デビューは2022年で、66試合に出場し、打率.176、OBP .274、SLG .307、HR 3、RBI 17に終わりました。

 ハメルはユーティリティー・プレーヤーで2022年はLF、C、DHで出場。捕手としてはCS%が0というのがどうかと思うのですが、その分柔軟性はあるというメリットも。非常に重宝する選手ではあるもののやはり打撃次第ということかと思います。

背景

 マリナーズのOFは2022年ROYのフリオ・ロドリゲスが台頭するなど、ポジション争いが非常に厳しい状況になりました。カイル・ルイスは怪我の影響もあり、このままでは飼い殺しにもなりかねない状況に。であるならば、他のクラブでチャンスをというのがこのトレードの目的だったと思うのですが、クーパー・ハメルで良かったのか??とも思います。

 カイル・ルイスが再びエリートOFとして輝くことと、クーパー・ハメルの成長に期待したいと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
【MLB 2023】ロイヤルズの新監督はレイズのベンチ・コーチ、マット・クアトラーロに決定!
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、細かいミスが重なり、初回に3失点!打線もF・バルデスに苦戦し、1勝1敗に
タイトルとURLをコピーしました