スポンサーリンク

【MLB 2021】マリナーズのローガン・ギルバートとジャレッド・ケル二ックがデビューへ(追記あり)

プロスペクト

M’s トップ・プロスペクト2名がデビューへ

 現地2021年5月12日、シアトル・マリナーズはロスター調整を行いました。それにより、トップ・プロスペクトのローガン・ギルバート(Logan Gilbert/24才)とジャレッド・ケルニック(Jarred Kelenic/21才)がデビューすることになりました。

 右腕のローガン・ギルバートは現地2021年5月13日に行われるインディアンス戦に先発予定。そしてOFのジャレッド・ケレネックはLFでリードオフとして出場する予定です。

【追記と修正】

Jarred Kelenicの表記をジャレッド・ケレネックと書かせていただいていましたが、コメント欄で発音が「ケルニック」とご指摘いただきましたので、修正いたしました。
ご指摘いただきました「匿名」様、URLまで貼っていただき、大変お手数をおけしたと同時に、どうもありがとうございました。

ともにトッププロスペクト100にランクイン

 非常に期待されている2人ですが、ともにPre-2021のトップ・プロスペクト・ランク100にランクイン。ローガン・ギルバートは33位、そしてジャレッド・ケルニックは4位!です。

 そしてマリナーズ内ランクはローガン・ギルバートが4位、ジャレッド・ケルニックが1位です。

ローガン・ギルバートとは

 ローガン・ギルバートは1997年5月5日生まれで、24才になったばかりのRHP。

クルーバー、デグロムの後輩

 フロリダ州にあるステッソン大学(Stetson University/私立)の出身で、ここは知る人ぞ知る、サイ・ヤング賞輩出大学。コーリー・クルーバーとジェイコブ・デグロムがここの出身です。2018年アマチュア・ドラフトのマリナーズ1巡目(全体順位14位)。

 球種はファストボール、スライダー、カーブ、チェンジアップ。非常に完成された投手で、ファストボールはMid-90 mphで97mphをマークしたことも。とにかくコントロールが良く、奪三振マシーンです。2019シーズンはダブルA、クラスAプラス、クラスAに所属。クラスAでのSO9は14.9、2019年の3レベルでのトータルでのSO9は11.0。

 2021年はトリプルAタコマでオープニングを迎え、トリプルAの開幕が5月からでしたから1試合しか投げていませんが、5イニングで被安打4、失点1、奪三振5。首脳陣が「合格」のハンコを押したようなものですね。今回は満を持してのデビューとなります。

 デビュー戦の相手は調子の良いザック・プリサック。打線の援護が得られるかどうか。

ジャレッド・ケルニックとは

 ジャレッド・ケルニックは1999年7月16日生まれの21才。左投げ左打ちのOFです。

元メッツでカノーのトレードでM’sへ

 2018アマチュア・ドラフトのメッツの1巡目指名で全体順位は6位。マリナーズ・オリジンではありません。現地2018年12月に成立したロビンソン・カノーとのトレードでマリナーズへ移籍。

 経歴は下記の記事にも書かせていただいているのですが、ご覧のような特筆があります。


2017 U-17でアメリカの世界一に貢献した選手。不思議な経歴を持つ選手で、ミルウォーキーの出身で、出身のハイスクールからプロが出たのは彼が初めてで、場所が寒すぎて高校では野球部にいなかったとWIKIには書かれております。しかしながら、インドアのトレーニング施設を家族がつくってそこでトレーニングをしてUS代表にまでなったと。いささか深掘りする必要がありますが、本当のようです。ダイヤのエースの轟雷市みたいな選手かも。

 2019年にクラスAマイナス、クラスA、ダブルAと経験。3つのレベルを合わせて443-129、打率.291、OBP .364、SLG .540、二塁打31、HR 23、RBI 68、盗塁 20、与四球50をマーク。三振は111。同年秋にはアリゾナ・フォール・リーグ(AFL)にも参加しています。ただ、AFLでは3試合で10-3と打率.300をマークしたものの、あまり目立った活躍はありませんでした。

  非常に評価の高いケルニックがどのような活躍を見せるか、注目ですね。

テイラー・トランメルがマイナーに

 今回のロスター・ムーブで、Pre-2021 のトップ・プロスペクト 100の100位にランクインしていたOFのテイラー・トランメルがマイナーへ降格となりました。開幕スタメンだったのですが、27試合で打率 .157 と苦戦していました。またリリーバーのアーロン・フレッチャー、ワイアット・ミルズもトリプルAに降格です。

 そしてOFのブランデン・ビショップがDFAとなりました。

追記:2人のデビュー戦

 現地2021年5月13日(木)、予告通り2人はインディアンス戦でデビューを果たしました。ローガン・ギルバートは先発投手、ジャレッド・ケルニックは1番LFでの出場です。

ローガン・ギルバート、4回4失点

 まず、先発投手としてマウンドに上がったローガン・ギルバートは、立ち上がりを三者凡退に抑え、好スタートを切りました。4シームは96mphをコンスタントに出していましたね。

 しかし、2回表、1アウトからフランミル・レイエスにCFにソロHRを打たれ、まず1失点。さらに1アウト後、ジョシュ・ネイラーのシングルとワイルド・ピッチでスコアリング・ポジションにランナーを進められた後、ジェイク・バウアーズにタイムリーを打たれ、2失点目。

 つづく3回表にはホセ・ラミレスにRFに2ランHRを打たれ、さらに2失点。

 ローガン・ギルバートは4回で降板。71球を投げ、被安打5、失点4、与四球0、奪三振5、被本塁打2という成績。4回表には3奪三振を奪うも、ベロシティー92-93mphに落ちました。さすがのデビュー戦で立ち上がりに集中しすぎたのかもしれませんね。

ジャレッド・ケルニックは4-0 

 デビュー戦でリードオフに入ったジャレット・ケルニックはRFフライ、空振り三振、1Bゴロ、CFフライで4−0に終わりました。

ザック・プリサック・デー

 この日はむしろインディアンス先発のザック・プリサックの日となりました。ザック・プリサックは初回こそ2つの四球を出してスコアリング・ポジションにランナーを置くピッチングとなりましたが、無失点に。そこから勢いに乗りましたね。なんと7回終了までノーヒットノーラン。

 今季インディアンスはすでに2回もノーヒットノーランを食らっていましたが、この日のプリサックの投球はその仕返しと言わんばかりのナイス・ピッチ。

 結局、8回裏のイニング先頭のJ.P. クロフォードにシングルを打たれ、ノーヒットノーランはならず。打たれた時点で交代かと思われましたが、このまま継続。すると、ディラン・ムーアに2ランHRを浴び、スコア4−2にまで追い上げられることに。

 ザック・プリサックは8回を投げきり、投球数は96。被安打2、失点2、奪三振2、与四球3、被本塁打1という成績に。

 9回裏のマウンドにはエマニュエル・クラセ。クラセは2アウトまで奪ったところで交代。最後はブライアン・ショーが締めました。4-2のスコアでインディアンスが勝利しています。

 ザック・プリサックの好投が光ったゲームでしたね。

 

追記その2:ケルニック、1st HR

 追記です。デビュー2戦目となった現地2021年5月14日(金)のインディアンス戦で、ジャレッド・ケルニックに待望のメジャー初HRが生まれています。

 この日もリードオフで起用されたケルニックは、第1打席こそ、三振に終わりましたが、第2打席にて、メジャー初ヒットが初HRとなりました。相手投手は今季好調のアーロン・シバーリ。また、ケルニックは5回裏の第3打席では二塁打、7回裏の第4打席でも二塁打を放ち、この日は4-4-3RBI。

 メジャー初ヒット、初HR、おめでとう!!

左打者なので左側(キャッチャー側)に見事に体重が乗っていて、バットも残っていますね。きれいなフォームです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 匿名 より:
    • hirotee より:

      匿名様、コメントありがとうございました。
      ご指摘通り、記事内の表記を修正させていただきました。
      URLまでつけてくださり、お手間をかけました。
      どうもありがとうございました。

NEW

【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
【MLB2022FA】レッドソックスがジェーム・パクストンを獲得したディールについて
【MLB2022】パドレス、ノーマー・マザーラとマイナーディールで合意
【MLB】2022”アマチュア”ドラフト・プロスペクト100にクマール・ロッカーも名を連ねる
【MLB2022FA】ドジャースがクリス・テイラーと4年/60Mドルで再契約したディールについて
タイトルとURLをコピーしました