スポンサーリンク

【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも

監督での勝利が通算2,000勝!

 現地2022年5月3日、ミニッツメイド・パークで行われたマリナーズ@アストロズ戦で、アストロズが4-0のスコアで勝利。西地区ライバルのマリナーズに勝利し、今季13勝11敗とし、ア・リーグ西地区2位で、この日レッドソックスに敗れた首位エンゼルスに1.5ゲーム差に迫る勝利。

 この勝利は指揮を執るアストロズのダスティー・ベイカー監督にとって通算2,000勝となり、現時点でMLBの監督勝利数では12位、そして黒人監督として初めて2,000勝を達成しました。

 おめでとうございます!

見事な試合運び

 2000勝目は、マリナーズ先発のクリス・フレクセンとアストロズ先発で、今季途中からリリーフから先発に回ったクリスチャン・ハビエルの投手戦の様相。4回裏にヨーダン・アルバレスがHRを放ち先制。6回裏にはカルロス・コレアの後のSSを引き継いているジェレミー・ペーニャが2点タイムリー・シングルで中押し。7回裏にはチーム・リーダーのホセ・アルトゥーベにHRが出て4-0とリード。また、クリスチャン・ハビエルの後をリレーしたリリーバー陣もマリナーズ打線を封じ、結果、4-0のシャットアウトで勝利。2,000勝を飾るにふさわしい素晴らしいゲーム展開での勝利となりました。

71才での就任

 ダスティー・ベイカー監督がアストロズの監督に就任したのは、2020年1月のこと。イリーガルなサイン・スティーリング・スキャンダルで空席となっていたアストロズの監督のポジションを埋める形となりました。

 ザワザワする中でそれを抑える力のあるのは、オールド・スクールのダスティー・ベイカーに託すのはいい選択でもありました。

健康問題もクリアー 

 ダスティー・ベイカー監督は、アストロズ就任前には以下のクラブで指揮を執りました。

  • サンフランシスコ・ジャイアンツ(1993-2002): 10年
  • シカゴ・カブス(2003-2006):4年
  • シンシナティ・レッズ(2008-2013): 6年
  • ワシントン・ナショナルズ(2016-2017): 2年

 ジャイアンツでは1997年と2000年に地区優勝。1997年はNLDSでマーリンズに敗退。2000年はNLDSでメッツに敗退。カブスでは2003年に地区優勝。NLDSではブレーブスに勝ったものの、NLCSでマーリンズに敗退。

 レッズでは2010年と2012年に地区優勝。2010年はNLDSでフィリーズに敗れ、2012年はNLDSでジャイアンツに敗退。ナショナルズでは2016年と2017年に地区連覇を果たし、2016年はNLDSでドジャースに敗退。2017年もNLDSで敗退。カブスに敗れました。

 このように実績十分だったものの、レッズ時代の2012年にはシーズン終盤の9月半ばに不整脈で緊急入院し、現場の指揮をベンチコーチに任せるという事態も発生。

 アストロズ就任時の2020シーズンで71才。健康問題だけが心配でもありました。しかも、風当たりの厳しいシーズンでの指揮です。

2020年にALCSへ

 短縮シーズンとなった2020年は、シーズンを29勝31敗で2位でフィニッシュ。ワイルドカード・シリーズからの出場となり、ツインズを2勝0敗でスイープ。

 ALDSでは地区優勝したアスレチックスと対戦。3勝1敗で勝ち抜き、ALCSへ。ALCSではレイズと7戦までもつれる死闘を演じたものの一歩及ばず、ワールドシリーズ進出には及びませんでした。

2021年はワールドシリーズへ

 2021シーズンは95勝67敗で地区優勝。ALDSではホワイトソックスを3勝1敗で下し、ALCSではレッドソックスに2勝1敗とリードを許すも、3連勝し、ワールドシリーズへ。

 ワールドシリーズではブレーブスと6戦まで対戦。あと一歩及ばず。

 2021年はサイン・スティーリング以降のシーズンでもっとも戦力が整っていたシーズンで、ワールドシリーズ・チャンプを狙うならこのシーズンというチャンスでもありましたが、惜しくも叶わず。

 カルロス・コレアが抜けた2022シーズンではありますが、バーランダーの復帰もあり、盛り返している最中でもあります。

監督通算勝利数

 なお、ダスティー・ベイカー監督は2,000勝で12位なのですが、ランク11位のブルース・ボーチーが2003勝のため、すぐにこれを超えることになりそうです。現地2022年5月3日時点での通算勝利数ランクはこちら。

Rk名前NameYrsWinLoseW/L%FromTo
1コニー・マックConnie Mack53373139480.48618941950
2トニー・ラルーサTony La Russa35283124470.53619792022
3ジョン・マグローJohn McGraw33276319480.58618991932
4ボビー・コックスBobby Cox29250420010.55619782010
5ジョー・トーリJoe Torre 29232619970.53819772010
6スパーキー・アンダーソンSparky Anderson26219418340.54519701995
7バッキー・ハリスBucky Harris29215822190.49319241956
8ジョー・マッカーシーJoe McCarthy24212513330.61519261950
9ウォルター・オルストンWalter Alston23204016130.55819541976
10レオ・ドローチャーLeo Durocher24200817090.5419391973
11ブルース・ボーチーBruce Bochy25200320290.49719952019
12ダスティー・ベイカーDusty Baker25200017450.53419932022
現地2022年5月3日時点での監督としての通算勝利

コニー・マックの53年

 ボビー・コックス、ジョー・トーリ、ブルース・ボーチーはよくご存じかと思います。そしてなんとかスパーキー・アンダーソンの名前をご存じの方も。後は古い時代の方ばかりですね。

 歴代1位の3,731勝の、もはや破ることは困難な勝利数を誇るコニー・マックですが、監督歴53年というのは本当です。From/toの年代の記載から年数が合わないのは、1894年から1896年までの3年間は、ピッツバーグ・パイレーツのプレイング・マネージャーをしていたからです。

 監督として専念したのは、1901年から。これが監督として4シーズン目のことです。そこから1950年までずっとフィラデルフィア・アスレチックスで指揮を執り続けました。最後のシーズンは87才です。

Connie Mack Managerial Record | Baseball-Reference.com
Connie Mack Managerial Record

 メジャー・リーグ、深いです。知らないことがまだまだたくさんあります。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
【MLB契約2022】ロッキーズ、カイル・フリーランドと5年/64.5Mドルで契約延長
タイトルとURLをコピーしました