スポンサーリンク

【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも

監督での勝利が通算2,000勝!

 現地2022年5月3日、ミニッツメイド・パークで行われたマリナーズ@アストロズ戦で、アストロズが4-0のスコアで勝利。西地区ライバルのマリナーズに勝利し、今季13勝11敗とし、ア・リーグ西地区2位で、この日レッドソックスに敗れた首位エンゼルスに1.5ゲーム差に迫る勝利。

 この勝利は指揮を執るアストロズのダスティー・ベイカー監督にとって通算2,000勝となり、現時点でMLBの監督勝利数では12位、そして黒人監督として初めて2,000勝を達成しました。

 おめでとうございます!

見事な試合運び

 2000勝目は、マリナーズ先発のクリス・フレクセンとアストロズ先発で、今季途中からリリーフから先発に回ったクリスチャン・ハビエルの投手戦の様相。4回裏にヨーダン・アルバレスがHRを放ち先制。6回裏にはカルロス・コレアの後のSSを引き継いているジェレミー・ペーニャが2点タイムリー・シングルで中押し。7回裏にはチーム・リーダーのホセ・アルトゥーベにHRが出て4-0とリード。また、クリスチャン・ハビエルの後をリレーしたリリーバー陣もマリナーズ打線を封じ、結果、4-0のシャットアウトで勝利。2,000勝を飾るにふさわしい素晴らしいゲーム展開での勝利となりました。

71才での就任

 ダスティー・ベイカー監督がアストロズの監督に就任したのは、2020年1月のこと。イリーガルなサイン・スティーリング・スキャンダルで空席となっていたアストロズの監督のポジションを埋める形となりました。

 ザワザワする中でそれを抑える力のあるのは、オールド・スクールのダスティー・ベイカーに託すのはいい選択でもありました。

健康問題もクリアー 

 ダスティー・ベイカー監督は、アストロズ就任前には以下のクラブで指揮を執りました。

  • サンフランシスコ・ジャイアンツ(1993-2002): 10年
  • シカゴ・カブス(2003-2006):4年
  • シンシナティ・レッズ(2008-2013): 6年
  • ワシントン・ナショナルズ(2016-2017): 2年

 ジャイアンツでは1997年と2000年に地区優勝。1997年はNLDSでマーリンズに敗退。2000年はNLDSでメッツに敗退。カブスでは2003年に地区優勝。NLDSではブレーブスに勝ったものの、NLCSでマーリンズに敗退。

 レッズでは2010年と2012年に地区優勝。2010年はNLDSでフィリーズに敗れ、2012年はNLDSでジャイアンツに敗退。ナショナルズでは2016年と2017年に地区連覇を果たし、2016年はNLDSでドジャースに敗退。2017年もNLDSで敗退。カブスに敗れました。

 このように実績十分だったものの、レッズ時代の2012年にはシーズン終盤の9月半ばに不整脈で緊急入院し、現場の指揮をベンチコーチに任せるという事態も発生。

 アストロズ就任時の2020シーズンで71才。健康問題だけが心配でもありました。しかも、風当たりの厳しいシーズンでの指揮です。

2020年にALCSへ

 短縮シーズンとなった2020年は、シーズンを29勝31敗で2位でフィニッシュ。ワイルドカード・シリーズからの出場となり、ツインズを2勝0敗でスイープ。

 ALDSでは地区優勝したアスレチックスと対戦。3勝1敗で勝ち抜き、ALCSへ。ALCSではレイズと7戦までもつれる死闘を演じたものの一歩及ばず、ワールドシリーズ進出には及びませんでした。

2021年はワールドシリーズへ

 2021シーズンは95勝67敗で地区優勝。ALDSではホワイトソックスを3勝1敗で下し、ALCSではレッドソックスに2勝1敗とリードを許すも、3連勝し、ワールドシリーズへ。

 ワールドシリーズではブレーブスと6戦まで対戦。あと一歩及ばず。

 2021年はサイン・スティーリング以降のシーズンでもっとも戦力が整っていたシーズンで、ワールドシリーズ・チャンプを狙うならこのシーズンというチャンスでもありましたが、惜しくも叶わず。

 カルロス・コレアが抜けた2022シーズンではありますが、バーランダーの復帰もあり、盛り返している最中でもあります。

監督通算勝利数

 なお、ダスティー・ベイカー監督は2,000勝で12位なのですが、ランク11位のブルース・ボーチーが2003勝のため、すぐにこれを超えることになりそうです。現地2022年5月3日時点での通算勝利数ランクはこちら。

Rk名前NameYrsWinLoseW/L%FromTo
1コニー・マックConnie Mack53373139480.48618941950
2トニー・ラルーサTony La Russa35283124470.53619792022
3ジョン・マグローJohn McGraw33276319480.58618991932
4ボビー・コックスBobby Cox29250420010.55619782010
5ジョー・トーリJoe Torre 29232619970.53819772010
6スパーキー・アンダーソンSparky Anderson26219418340.54519701995
7バッキー・ハリスBucky Harris29215822190.49319241956
8ジョー・マッカーシーJoe McCarthy24212513330.61519261950
9ウォルター・オルストンWalter Alston23204016130.55819541976
10レオ・ドローチャーLeo Durocher24200817090.5419391973
11ブルース・ボーチーBruce Bochy25200320290.49719952019
12ダスティー・ベイカーDusty Baker25200017450.53419932022
現地2022年5月3日時点での監督としての通算勝利

コニー・マックの53年

 ボビー・コックス、ジョー・トーリ、ブルース・ボーチーはよくご存じかと思います。そしてなんとかスパーキー・アンダーソンの名前をご存じの方も。後は古い時代の方ばかりですね。

 歴代1位の3,731勝の、もはや破ることは困難な勝利数を誇るコニー・マックですが、監督歴53年というのは本当です。From/toの年代の記載から年数が合わないのは、1894年から1896年までの3年間は、ピッツバーグ・パイレーツのプレイング・マネージャーをしていたからです。

 監督として専念したのは、1901年から。これが監督として4シーズン目のことです。そこから1950年までずっとフィラデルフィア・アスレチックスで指揮を執り続けました。最後のシーズンは87才です。

Connie Mack Managerial Record | Baseball-Reference.com
Connie Mack Managerial Record

 メジャー・リーグ、深いです。知らないことがまだまだたくさんあります。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました