スポンサーリンク

【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!

ようやく一矢報いたレッドソックス

 現地2024年5月5日、ボストン・レッドソックスはターゲット・フィールドで行われていたミネソタ・ツインズとの3ゲームシリーズのGm3でようやくツインズ投手陣を捕まえ、9-2のスコアで勝利。終わってみれば大量リードとなったのですが、中盤までは2点のリードで推移し、ツインズ先発のジョー・ライアンには手こずりました。

ツインズの連勝は12でストップ

 Gm1、Gm2ともにツインズ投手陣に手こずり、味方投手陣を見殺しにしてきた打線がようやく終盤に奮起。なんとかスウィープを免れ、好調ツインズの連勝を12で止めることが出来ました。

 ツインズの連勝は4月22日からのホワイトソックスとの4ゲームシリーズから始まり、エンゼルス、そしてもう一度ホワイトソックスをスウィープ。さらにレッドソックスとのGm1、2にも連勝し、このままスウィープしそうな勢いがありました。

 ア・リーグ中地区はガーディアンズを筆頭に、タイガース、ロイヤルズと良い戦いを見せているクラブが台頭。オフに大きな補強をしてこなかったツインズがこのまま低空飛行でシーズンを終えるのか?という滑り出しでしたが、いいタイミングで今季苦戦しているホワイトソックスとエンゼルスに当たるターンとなり、浮上のきっかけを掴みました。

 ツインズはこれからシアトルとの4連戦、@トロント、ヤンキース、@ガーディアンズ、@ナショナルズとそれぞれ3ゲームシリーズを行い、これらは好調ですからどのような戦いぶりを見せるかが見ものです。実力が問われるところとなります。

BOS:クーパー・クリスウェルがまた好投

 ツインズとのGm3を作ったのは間違いなくレッドソックス先発のクーパー・クリスウェル(Cooper Criswell)。3回裏、2アウトからライアン・ジェファーズに先制のソロHRを打たれはしたものの、1回表は無難に切り抜ける立ち上がりを見せました。2回裏にはマックス・ケプラー、カルロス・コレア、そしてトレバー・ラーナックに三者連続シングルを浴びて崩れそうになりましたが、ウィリー・カストロ、カルロス・サンタナから連続三振を奪い、ホセ・ミランダをピッチャー・ゴロに仕留め、大きな山場を切り抜けました。ここで失点していれば打線にかなり圧がかかったので、よく凌いだと思います。

アンドリュー・ベイリー効果

 クリスウェルは5回裏に1アウトを奪ったところで降板。4.1 IPで被安打5、失点1、BB 1、SO 5、HR 1とゲームメイクに大きく貢献しました。クリスウェルはこの登板で20.1 IPに到達。ただ、レッドソックスはすでに35ゲームを消化していますので、規定投球回数には達していません。ゆえにERA 1.74という好成績を残しながらもまだランキングには入ってきていないのが残念なところです。

 しかし、彼も新ピッチング・コーチであるアンドリュー・ベイリー効果を体現している投手の1人。2023年までは計1勝3敗だった右腕は今季はすでに2勝1敗をマーク。このままどんどん力を伸ばして行ってもらいたいものです!

打線も奮起

 打線の方はツインズ先発のジョー・ライアンに3回までパーフェクトに抑えられ、「またか!」という状況でしたが、2巡目となった4回表にジャレン・デュランとロブ・レフスナイダーの2本の2塁打で1点をゲット。早い段階でクリスウェルが奪われた失点を取り戻しました。

 5回表は、この日マスクをかぶったリース・マグワイヤーが1アウトからヒットで出塁し、牽制悪送球や盗塁で1アウト3塁のチャンスを作ったレッドソックスは打撃で苦戦しているセダン・ラファエラが左中間に2ランHRを放ち、3-1と勝ち越し。レッドソックスは2点のリードを保ったまま終盤へ。

デバースが2ランHR

 8回表、レッドソックスは1アウト後に出たデバースのシングルを皮切りに、タイラー・オニールとボーン・グリッソムのタイムリーダブルなどで追加点。さらに、ドミニク・スミスにもタイムリーが出てこのイニングで一挙に4得点。9回表にはデバースにとどめの2ランHRが出て、9ー2のスコアでツインズを破りました。

MLB Gameday: Red Sox 9, Twins 2 Final Score (05/05/2024)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

ブルペンが機能

 レッドソックスのブルペンは2番手のブレナン・バーナディーノ、3番手のザック・ケリーが要所を抑え、これが8回の猛攻につながっております。ベテラン左腕のキャム・ブーザーも良い仕事をし、ジョシュ・ウィンコウスキー、ケンリー・ジャンセンとつないで全員でツインズ打線を2失点に抑え込みました。ブルペンはまた良い仕事をしましたね。

失点はALイースト最少

 2023年までは得点を奪いはするものの、それを上回るペースで失点を重ねていたレッドソックス投手陣ですが、今季は上述のアンドリュー・ベイリー効果で全く違います。

 レッドソックスの順位は現地2024年5月5日時点で3位で、首位オリオールズ、2位ヤンキースとは勝率において少し開きがあり。しかし、失点数121はALイースト最少。ALでレッドソックスより失点が少ないのは、117のロイヤルズと111のマリナーズのみ。なお、NLにこの3クラブより少ない失点数のクラブはなく、この3クラブがMLBの失点数の少なさを争っている状況。

 なかなか信じ難い光景ではあります。

 あとは打線が機能してくれればというところです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
タイトルとURLをコピーしました