スポンサーリンク

ミッキー・キャラウェイがthe ineligible list(不適格リスト)入りで2022年終了まで出場禁止

MLBが厳格な処分を発表

 現地2021年5月26日、MLBはエンゼルスのピッチング・コーチで前のメッツ監督も務めたミッキー・キャラウェイをthe ineligible list(不適格リスト)に入れ、少なくとも2022シーズン終了まで出場禁止という厳しい処分を課しました。

エンゼルスは解雇処分に

 コミッショナーのロブ・マンフレッド氏は「調査に基づき、ミッキー・キャラウェイはMLBの(セクハラに関する)ポリシーを破ったと結論し、the ineligible list(不適格リスト)入りにする」と発表。

 これを受けてエンゼルスはMLBの調査結果とその処分に重きを置き、ミッキー・キャラウェイを解雇処分としました。

記者へのさまざまなセクハラ行為

 ミッキー・キャラウェイのセクハラ行為が明るみになったのは、2021年2月のこと。スポーツメディアに所属する5人の女性記者がキャラウェイからわいせつな行為を受けたことを”The Athletic”が明らかにしました。それにより被害を受けたという声がさらに広がっていったということですから、どれだけのことをしていたのか?ということですね。

キャラウェイがセクハラを行ってきた期間

 現役引退後、ミッキー・キャラウェイがMLBレベルのコーチング以上の仕事についていたのは以下の期間です。

  • インディアンス:ピッチングコーチ(2013-2017)
  • メッツ: 監督 (2018-2019)
  • エンゼルス:ピッチング・コーチ (2020)

 そのわいせつな行為は3つのクラブ全部で起こっていたとのこと。

不適切なフォト、不快な行為

 3月初旬にはセクハラ行為が次々に明るみになりました。記者5人にしつこくしていたということと、そのうち3人には不適切な写真を送り、さらにそのうちの1人にヌード写真を送るように依頼したことも。

 また一方的にその女性らの容姿について定期的にコメントするというもはやあり得ない行為も。さらに、ある例では、女性記者がインタビューしたとき、レポーターの顔の近くに股間を持っていったりなど。

インディアンスはスルー

 なお、セクハラ行為を受けた女性の夫がインディアンスの球団社長に訴えたこともあったようですが、球団社長のクリス・アントネッティは「そのような報告は他からは上がってきていない」と一蹴したようです。

キャラウェイ、復帰後に道はない可能性 

 今回、不適格リストに入ったキャラウェイですが、処分が明けた後、おそらく彼を採用するクラブはないだろうとは言われています。

ファンにも損失

 キャラウェイがメッツの監督に登りつけたのはインディアンスのピッチング・コーチとして非常に優秀だったためです。良い右腕がたくさん育ちましたね。

 その手腕を買ってエンゼルスはピッチング・コーチとして彼を雇った訳ですが、このような事態となり、非常に残念です。良いコーチは名伯楽だったりなにかと癖がありますが、立場の弱い人への不快な行為は断罪されてしかるべきです。

 当初、キャラウェイは立場を利用したセクハラはないとの姿勢を貫いてきましたが、むしろ、それ以外にないだろうと誰もが突っ込みを入れたと思います。そして今回のMLBの調査でそれも簡単に崩れました。

 ファンにとっても、良い投手が出てくる機会が減るのは損失で、もったいない話ではありますが、そもそもコーチ以前の「人としてどうか?」というレベルの話でもありました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
タイトルとURLをコピーしました