スポンサーリンク

ミッキー・キャラウェイがthe ineligible list(不適格リスト)入りで2022年終了まで出場禁止

MLBニュース

MLBが厳格な処分を発表

 現地2021年5月26日、MLBはエンゼルスのピッチング・コーチで前のメッツ監督も務めたミッキー・キャラウェイをthe ineligible list(不適格リスト)に入れ、少なくとも2022シーズン終了まで出場禁止という厳しい処分を課しました。

エンゼルスは解雇処分に

 コミッショナーのロブ・マンフレッド氏は「調査に基づき、ミッキー・キャラウェイはMLBの(セクハラに関する)ポリシーを破ったと結論し、the ineligible list(不適格リスト)入りにする」と発表。

 これを受けてエンゼルスはMLBの調査結果とその処分に重きを置き、ミッキー・キャラウェイを解雇処分としました。

記者へのさまざまなセクハラ行為

 ミッキー・キャラウェイのセクハラ行為が明るみになったのは、2021年2月のこと。スポーツメディアに所属する5人の女性記者がキャラウェイからわいせつな行為を受けたことを”The Athletic”が明らかにしました。それにより被害を受けたという声がさらに広がっていったということですから、どれだけのことをしていたのか?ということですね。

キャラウェイがセクハラを行ってきた期間

 現役引退後、ミッキー・キャラウェイがMLBレベルのコーチング以上の仕事についていたのは以下の期間です。

  • インディアンス:ピッチングコーチ(2013-2017)
  • メッツ: 監督 (2018-2019)
  • エンゼルス:ピッチング・コーチ (2020)

 そのわいせつな行為は3つのクラブ全部で起こっていたとのこと。

不適切なフォト、不快な行為

 3月初旬にはセクハラ行為が次々に明るみになりました。記者5人にしつこくしていたということと、そのうち3人には不適切な写真を送り、さらにそのうちの1人にヌード写真を送るように依頼したことも。

 また一方的にその女性らの容姿について定期的にコメントするというもはやあり得ない行為も。さらに、ある例では、女性記者がインタビューしたとき、レポーターの顔の近くに股間を持っていったりなど。

インディアンスはスルー

 なお、セクハラ行為を受けた女性の夫がインディアンスの球団社長に訴えたこともあったようですが、球団社長のクリス・アントネッティは「そのような報告は他からは上がってきていない」と一蹴したようです。

キャラウェイ、復帰後に道はない可能性 

 今回、不適格リストに入ったキャラウェイですが、処分が明けた後、おそらく彼を採用するクラブはないだろうとは言われています。

ファンにも損失

 キャラウェイがメッツの監督に登りつけたのはインディアンスのピッチング・コーチとして非常に優秀だったためです。良い右腕がたくさん育ちましたね。

 その手腕を買ってエンゼルスはピッチング・コーチとして彼を雇った訳ですが、このような事態となり、非常に残念です。良いコーチは名伯楽だったりなにかと癖がありますが、立場の弱い人への不快な行為は断罪されてしかるべきです。

 当初、キャラウェイは立場を利用したセクハラはないとの姿勢を貫いてきましたが、むしろ、それ以外にないだろうと誰もが突っ込みを入れたと思います。そして今回のMLBの調査でそれも簡単に崩れました。

 ファンにとっても、良い投手が出てくる機会が減るのは損失で、もったいない話ではありますが、そもそもコーチ以前の「人としてどうか?」というレベルの話でもありました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2021】崖っぷちのA’sがアストロズに大勝!PS争いの余波で煽りをくらう大谷選手
【MLB2021】PHIとの直接対決前哨戦!ブレーブス、マックス・フリードがパドレスを98球シャットアウト!
【MLB 2021】ホワイトソックス、ディビジョン・チャンプ1番乗り!
【MLB 2021】ジャイアンツ、スコット・カズミアでマジック9へ
【MLB 2021】相手からのマークが集中する中、大谷選手が放った45号は価値あり!
【祝】200勝を達成したジョン・レスター、カージナルスのラスト・スパートを支える
【MLB】サルバドール・ペレス、ジョニー・ベンチ超えの46号!
【MLB 2021】ブレーブスから2連続!今度はエディー・ロザリオがサイクル安打を達成!
【MLB2021】マネーボール再びなるか!?アスレチックス、大逆転もあり得るすごいスケジュール(追記あり)
大谷選手、復帰マウンドで輝く!8イニングの熱投!
【MLB2021】マーカス・セミエンが40HR!
【MLB噂2021】メッツがフロントオフィス・サーチを開始!ビリー・ビーン、セオ・エプスタインの名前が上がる
【MLB2021】サルバドール・ペレスが45号HR!ジョニー・ベンチに並ぶ快挙
【MLB2021】大谷選手、腕の痛みでA’s戦の先発を回避(追記あり)
【MLB2021】ライアン・ブラウンが引退を表明。
【MLBワード】”マジック・ナンバー”と”エリミネーション・ナンバー”(リライト版)
【MLB2021】マックス・シャーザー、ニア・パーフェクトで3000K!イマキュレート・イニングも達成
【MLB 2021】ブルワーズ、バーンズ&へイダーでコンバインド・ノーヒッターを達成!
【MLB2021】大谷選手、登板日に44号を放つも、ワイルドなアストロズに苦戦
【2973安打】”この自在感!”ミゲル・カブレラ、9打席連続安打!
タイトルとURLをコピーしました