スポンサーリンク

【MLBニュース2019】クリス・パダックとピート・アロンソの対戦がこれからの名勝負になりそう!パダック11K!

MLBニュース

パダックとアロンソのライバル対決

現地2019年5月6日、メッツ@パドレスのカードがサンディエゴで始まり、いきなりの激アツな対戦が見られました!

クリス・パダック、圧巻の投球

パドレスの先発はクリス・パダック。この日がメジャー先発7戦目。ここまで2勝1敗と勝ち星はついていませんが、非常に内容のいい投球が続いています。

一方、ブルワーズとの気合の入ったシリーズでやや疲れの残るメッツは、ピート・アロンソをいつも通り2番に入れてゲームに臨みました。

メッツはデグロムが先発

メッツの先発はジェイコブ・デグロム。パダックとアロンソの輝きに圧されてやや影がうすくなってしまっている感が否めません。

この両投手、本当によかったです。5回表まで0−0のスコアレス。

先制はパドレスでハンター・レンフロー(5/5のゲームでサヨナラグランドスラム!)のソロショットで1点。

パドレスは7回にも1点、8回にも2点を奪っています。

デグロムは7回を投げきり、被安打4、失点2、奪三振7。

輪をかけてよかったクリス・パダック

デグロムの出来も素晴らしかったのですが、輪をかけてよかったのがクリス・パダック。

8回途中まで投げ、被安打4、無失点、奪三振11!すごかったですね!

アロンソの時にはライバル心むき出しで勝負

すごかったのがアロンソとの対戦の時の気合ですね。

もうがむしゃらにねじ伏せに行っております。

MAX98.9mph

この日のパダックの最速は98.9mph(159.16kmh)。

全91球のうち4シームが54球と半分以上を数え、強気な投球が見てとれました。

チェンジアップが31球、カーブが6球です。

アロンソの時にはギアが上がっていましたね。

アロンソは4-0

この日のアロンソは4打数0安打、3三振。パダックとの対戦は三振、三振、サードゴロという結果でした。

アロンソはちょっと覇気がなかったので、これはさすがにブルワーズ戦の疲れかと思います。

それにしてもこの対戦はなかなか見応えがあります。

ナ・リーグ同士ですし、これから注目の対戦になりそうです。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

ハーラー・トップのアーロン・シバーリが右指負傷でILへ。インディアンス、スターターが全滅
【MLBプロスペクト】ワンダー・フランコ、ついにメジャーデビュー
【MLB強粘着剤】マックス・シャーザー、セルジオ・ロモがフィールドでベルトを外す
【MLB】ダルビッシュ投手、歴代最速で1500Kに到達!
【MLB2021】強粘着剤の使用チェックの初日の模様
【MLB】大谷選手、23号HR!プレーヤー・オブ・ザ・ウィークに選ばれる!ナ・リーグはカイル・シュワーバー!
【MLB】エンゼルス、3連勝!大谷選手が22号HR! OPSは.998に
【MLB】ジョーイ・ボット(レッズ)、野球ファンの流出を防ぐ!罪深さから一転、ヒーローに(追記あり)
【MLB2021】大谷選手、HRダービー出場表明直後に1試合2発!20号、21号!(追記あり)
【MLB2021】大谷選手、6回1失点で3勝目!デビュー戦となったマット・マニングも好投
【MLB 2021】大谷選手、2日連続のHR!18号、19号!
【粘着剤ルールへの反応】タイラー・グラスノーとアレックス・コブのコメント
【MLB規制】強粘着異物の具体的な運用が明らかに(追記あり2)
【MLBボール】投球時の強粘着の異物による滑り止め規制の開始
トレード注目のマックス・シャーザー、怪我は右の鼠径部で軽症(追記あり)
【MLB2021】大谷選手、自打球直後に二塁打!投げては奪三振8で勝利に貢献
【MLB2021】「好調」ニック・マドリガル(CWS)、右ハムストリングを傷め長期離脱へ
【MLB2021】ルーク・ウィリアムス、メジャー初HRは「サヨナラ」!
【MLB2021】ケブライアン・へイエスとボビー・ウィット・Jr.がベース踏み損ねでHRが無効に
【MLBデビュー】チームUSAでの活躍で昇格したルーク・ウィリアムス、初ヒットはセイフティー!!
タイトルとURLをコピーしました