スポンサーリンク

【MLBニュース2019】クリス・パダックとピート・アロンソの対戦がこれからの名勝負になりそう!パダック11K!

MLBニュース

パダックとアロンソのライバル対決

現地2019年5月6日、メッツ@パドレスのカードがサンディエゴで始まり、いきなりの激アツな対戦が見られました!

クリス・パダック、圧巻の投球

パドレスの先発はクリス・パダック。この日がメジャー先発7戦目。ここまで2勝1敗と勝ち星はついていませんが、非常に内容のいい投球が続いています。

一方、ブルワーズとの気合の入ったシリーズでやや疲れの残るメッツは、ピート・アロンソをいつも通り2番に入れてゲームに臨みました。

メッツはデグロムが先発

メッツの先発はジェイコブ・デグロム。パダックとアロンソの輝きに圧されてやや影がうすくなってしまっている感が否めません。

この両投手、本当によかったです。5回表まで0−0のスコアレス。

先制はパドレスでハンター・レンフロー(5/5のゲームでサヨナラグランドスラム!)のソロショットで1点。

パドレスは7回にも1点、8回にも2点を奪っています。

デグロムは7回を投げきり、被安打4、失点2、奪三振7。

輪をかけてよかったクリス・パダック

デグロムの出来も素晴らしかったのですが、輪をかけてよかったのがクリス・パダック。

8回途中まで投げ、被安打4、無失点、奪三振11!すごかったですね!

アロンソの時にはライバル心むき出しで勝負

すごかったのがアロンソとの対戦の時の気合ですね。

もうがむしゃらにねじ伏せに行っております。

MAX98.9mph

この日のパダックの最速は98.9mph(159.16kmh)。

全91球のうち4シームが54球と半分以上を数え、強気な投球が見てとれました。

チェンジアップが31球、カーブが6球です。

アロンソの時にはギアが上がっていましたね。

アロンソは4-0

この日のアロンソは4打数0安打、3三振。パダックとの対戦は三振、三振、サードゴロという結果でした。

アロンソはちょっと覇気がなかったので、これはさすがにブルワーズ戦の疲れかと思います。

それにしてもこの対戦はなかなか見応えがあります。

ナ・リーグ同士ですし、これから注目の対戦になりそうです。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2021】サルバドール・ペレスが45号HR!ジョニー・ベンチに並ぶ快挙
【MLB2021】大谷選手、腕の痛みでA’s戦の先発を回避
【MLB2021】ライアン・ブラウンが引退を表明。
【MLBワード】”マジック・ナンバー”と”エリミネーション・ナンバー”(リライト版)
【MLB2021】マックス・シャーザー、ニア・パーフェクトで3000K!イマキュレート・イニングも達成
【MLB 2021】ブルワーズ、バーンズ&へイダーでコンバインド・ノーヒッターを達成!
【MLB2021】大谷選手、登板日に44号を放つも、ワイルドなアストロズに苦戦
【2973安打】”この自在感!”ミゲル・カブレラ、9打席連続安打!
【レッドソックス】ハンター・レンフローとMLBに何があった?・・・そしてクリス・セールがテスト陽性へ
【MLB契約】”当然!”レイズ、エリック・二ーアンダー氏の昇進と複数年契約を発表
【2020 HOF受賞式典】「ありがとう!1人を除いて」デレク・ジーターのユーモアあふれるスピーチ
【MLB 2021】ジョー・アデルがブレイク・スネルのノーヒッターを破る殊勲のタイムリー
【MLB契約2021】ブレーブス、チャーリー・モートンと2022年の延長契約にサイン
【MLB移籍2021】レッドソックス、ホセ・イグレシアスとサイン
【MLB 2021】ジャイアンツ、相性の悪いビューラーを攻略し、シリーズ勝ち越しに成功!NLウェストのトップへ
【NEW CBA】MLBが提案した新サービスタイム(調停/FA)の考えとは?
【MLB2021】大谷選手、100マイル発動で9勝目!
【MLB契約2021】エンゼルス、ホセ・イグレシアスをリリース
【MLB2021】ジャイアンツ、ローガン・ウェブでドジャースと首位タイに
【MLB 2021】ドジャース、4ヶ月をかけ、ついにNLウェスト1位に
タイトルとURLをコピーしました