スポンサーリンク

【カージナルス・ルーキー】ダコタ・ハドソン、6.2イニングノーヒッターで12勝目

STLはコンバインド1ヒッター達成

本日は久々にカージナルスの話題です。

現地2019年8月19日、カージナルスのルーキー、ダコタ・ハドソン(Dakota Hudson)がナ・リーグ中地区で首位争いをしているライバル、ブルワーズを相手に7回途中降板ながら、ノーヒットピッチングを披露してくれました。

もう「うまい!」としかいいようのない投球です。

ダコタ・ハドソンのピッチング

この日のダコタ・ハドソンの投球成績は6.2イニングで被安打0、無失点、与四球4、奪三振7。

意識していたであろうクリスチャン・イェリッチには1回の第1打席、4回の第2打席でいずれも四球。それぞれ7球、6球を費やしフルカウントまで行っての四球で、逃げてはおらず。

2回、3回、5回は三者凡退。

7回表2アウト後にエリック・テームズに四球を与えたところでジオバニー・ガジェゴスに交代。投球数は111球を数え、カージナルスベンチも「投げさせたいのは山々だが、もう限界だ、お疲れさん」ということでスイッチしました。

ファストボールは93−95mph(149.66-152.88kmh)、ほとんどがシンカーです。その他、チェンジアップ、カーブ、スライダーでチェンジアップとスライダーの比率が多め。

タイプとしては結構多いタイプとしか言いようがないのですが、カットボーラーではありませんが、左右に動かすという点ではアダム・ウェインライトやマイルズ・マイコラスと似ているタイプと言えるでしょう。

ダコタ・ハドソンとは

ここまでナ・リーグのルーキーはピート・アロンソやフェルナンド・タティス・ジュニアなど打者が注目を浴びる機会が多かったですが、このダコタ・ハドソンは開幕から地味に勝ち星を積み重ね、この日の勝利で12勝目。

2016年カージナルス1巡目指名の投手で、今季は24才(1994年9月15日生まれ)のシーズンです。

マイナーでの3シーズンは25勝9敗、ERA 2.69。

デビューは2018年で、26試合に登板しました。ただし、すべてリリーフです。27.1 イニングを投げ、4勝1敗、ERA 2.63。50イニング未満なので、2019年もルーキーステータスです。

2019年は開幕からスターターとして登板。今季2戦目となった4月3日のパイレーツ戦だけはリリーフとして登板しセーブを1つ上げています。それ以外はすべてスタート。

計25試合に先発し、134.0 イニング、12勝6敗、ERA 3.63、奪三振104、WHIP 1.51(現地2019年8月19日時点)。

ポール・デヨングにHR

ゲームは5回裏、カージナルスがノーアウト1・3塁のチャンスでコルテン・ウォンの2Bゴロダブルプレー崩れの間に、3塁ランナーが還ってまず1点。さらにデクスター・ファウラーにもタイムリーが出て2−0。

6回裏にはポール・デヨングの大きなHRが飛び出し、カージナルスが3−0とリード。

ダコタ・ハドソン降板後は、ジオバニー・ガジェゴスが1.0イニング、最後はアンドリュー・ミラーが1.1イニングでリレー。惜しくもガジェコスが8回表にヤズマニ・グランダールにグランドルールダブルを打たれ、コンバインドNO-NOとはなりませんでしたが、素晴らしいリレーでした。

BOX SCORE

なお、このゲームで3人の投手をリードしていたのはもちろん、ヤディアー・モリーナです。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
タイトルとURLをコピーしました