【カージナルス・ルーキー】ダコタ・ハドソン、6.2イニングノーヒッターで12勝目

STLはコンバインド1ヒッター達成

本日は久々にカージナルスの話題です。

現地2019年8月19日、カージナルスのルーキー、ダコタ・ハドソン(Dakota Hudson)がナ・リーグ中地区で首位争いをしているライバル、ブルワーズを相手に7回途中降板ながら、ノーヒットピッチングを披露してくれました。

もう「うまい!」としかいいようのない投球です。

ダコタ・ハドソンのピッチング

この日のダコタ・ハドソンの投球成績は6.2イニングで被安打0、無失点、与四球4、奪三振7。

意識していたであろうクリスチャン・イェリッチには1回の第1打席、4回の第2打席でいずれも四球。それぞれ7球、6球を費やしフルカウントまで行っての四球で、逃げてはおらず。

2回、3回、5回は三者凡退。

7回表2アウト後にエリック・テームズに四球を与えたところでジオバニー・ガジェゴスに交代。投球数は111球を数え、カージナルスベンチも「投げさせたいのは山々だが、もう限界だ、お疲れさん」ということでスイッチしました。

ファストボールは93−95mph(149.66-152.88kmh)、ほとんどがシンカーです。その他、チェンジアップ、カーブ、スライダーでチェンジアップとスライダーの比率が多め。

タイプとしては結構多いタイプとしか言いようがないのですが、カットボーラーではありませんが、左右に動かすという点ではアダム・ウェインライトやマイルズ・マイコラスと似ているタイプと言えるでしょう。

ダコタ・ハドソンとは

ここまでナ・リーグのルーキーはピート・アロンソやフェルナンド・タティス・ジュニアなど打者が注目を浴びる機会が多かったですが、このダコタ・ハドソンは開幕から地味に勝ち星を積み重ね、この日の勝利で12勝目。

2016年カージナルス1巡目指名の投手で、今季は24才(1994年9月15日生まれ)のシーズンです。

マイナーでの3シーズンは25勝9敗、ERA 2.69。

デビューは2018年で、26試合に登板しました。ただし、すべてリリーフです。27.1 イニングを投げ、4勝1敗、ERA 2.63。50イニング未満なので、2019年もルーキーステータスです。

2019年は開幕からスターターとして登板。今季2戦目となった4月3日のパイレーツ戦だけはリリーフとして登板しセーブを1つ上げています。それ以外はすべてスタート。

計25試合に先発し、134.0 イニング、12勝6敗、ERA 3.63、奪三振104、WHIP 1.51(現地2019年8月19日時点)。

ポール・デヨングにHR

ゲームは5回裏、カージナルスがノーアウト1・3塁のチャンスでコルテン・ウォンの2Bゴロダブルプレー崩れの間に、3塁ランナーが還ってまず1点。さらにデクスター・ファウラーにもタイムリーが出て2−0。

6回裏にはポール・デヨングの大きなHRが飛び出し、カージナルスが3−0とリード。

ダコタ・ハドソン降板後は、ジオバニー・ガジェゴスが1.0イニング、最後はアンドリュー・ミラーが1.1イニングでリレー。惜しくもガジェコスが8回表にヤズマニ・グランダールにグランドルールダブルを打たれ、コンバインドNO-NOとはなりませんでしたが、素晴らしいリレーでした。

BOX SCORE

なお、このゲームで3人の投手をリードしていたのはもちろん、ヤディアー・モリーナです。

お読みいただき、ありがとうございました。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク