スポンサーリンク

【カージナルス・ルーキー】ダコタ・ハドソン、6.2イニングノーヒッターで12勝目

STLはコンバインド1ヒッター達成

本日は久々にカージナルスの話題です。

現地2019年8月19日、カージナルスのルーキー、ダコタ・ハドソン(Dakota Hudson)がナ・リーグ中地区で首位争いをしているライバル、ブルワーズを相手に7回途中降板ながら、ノーヒットピッチングを披露してくれました。

もう「うまい!」としかいいようのない投球です。

ダコタ・ハドソンのピッチング

この日のダコタ・ハドソンの投球成績は6.2イニングで被安打0、無失点、与四球4、奪三振7。

意識していたであろうクリスチャン・イェリッチには1回の第1打席、4回の第2打席でいずれも四球。それぞれ7球、6球を費やしフルカウントまで行っての四球で、逃げてはおらず。

2回、3回、5回は三者凡退。

7回表2アウト後にエリック・テームズに四球を与えたところでジオバニー・ガジェゴスに交代。投球数は111球を数え、カージナルスベンチも「投げさせたいのは山々だが、もう限界だ、お疲れさん」ということでスイッチしました。

ファストボールは93−95mph(149.66-152.88kmh)、ほとんどがシンカーです。その他、チェンジアップ、カーブ、スライダーでチェンジアップとスライダーの比率が多め。

タイプとしては結構多いタイプとしか言いようがないのですが、カットボーラーではありませんが、左右に動かすという点ではアダム・ウェインライトやマイルズ・マイコラスと似ているタイプと言えるでしょう。

ダコタ・ハドソンとは

ここまでナ・リーグのルーキーはピート・アロンソやフェルナンド・タティス・ジュニアなど打者が注目を浴びる機会が多かったですが、このダコタ・ハドソンは開幕から地味に勝ち星を積み重ね、この日の勝利で12勝目。

2016年カージナルス1巡目指名の投手で、今季は24才(1994年9月15日生まれ)のシーズンです。

マイナーでの3シーズンは25勝9敗、ERA 2.69。

デビューは2018年で、26試合に登板しました。ただし、すべてリリーフです。27.1 イニングを投げ、4勝1敗、ERA 2.63。50イニング未満なので、2019年もルーキーステータスです。

2019年は開幕からスターターとして登板。今季2戦目となった4月3日のパイレーツ戦だけはリリーフとして登板しセーブを1つ上げています。それ以外はすべてスタート。

計25試合に先発し、134.0 イニング、12勝6敗、ERA 3.63、奪三振104、WHIP 1.51(現地2019年8月19日時点)。

ポール・デヨングにHR

ゲームは5回裏、カージナルスがノーアウト1・3塁のチャンスでコルテン・ウォンの2Bゴロダブルプレー崩れの間に、3塁ランナーが還ってまず1点。さらにデクスター・ファウラーにもタイムリーが出て2−0。

6回裏にはポール・デヨングの大きなHRが飛び出し、カージナルスが3−0とリード。

ダコタ・ハドソン降板後は、ジオバニー・ガジェゴスが1.0イニング、最後はアンドリュー・ミラーが1.1イニングでリレー。惜しくもガジェコスが8回表にヤズマニ・グランダールにグランドルールダブルを打たれ、コンバインドNO-NOとはなりませんでしたが、素晴らしいリレーでした。

BOX SCORE

なお、このゲームで3人の投手をリードしていたのはもちろん、ヤディアー・モリーナです。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました