スポンサーリンク

【MLB2021】レイン・ディレー約3時間!ブレーブス@レッドソックス戦は深夜1時終了の死闘

久しぶりのメジャー流「決着」

 「お疲れ様でした」と言うしかなかったのが、現地2021年5月26日(水)、フェンウェイパークで行われたブレーブス@レッドソックス戦のGame2。

 東部時間7時10分に定刻どおりにスタートしたゲームは、双方ともに序盤から打線が活発な展開に。ただでさえボリューム増のような内容に加えて、この日は東海岸の天気が大荒れ。

大荒れの東海岸

 この日、ニューヨークで行われる予定だったブルージェイズ@ヤンキース戦は雨で中止になったほど。このゲームはブルージェイズのトップ・プロスペクトで身長198cmで横も巨漢の右腕、アレク・マノア(Alek Manoah)がデビュー戦を迎えるはずでしたが、翌日27日にダブルヘッダーのGame1にスライドすることになりました。

レイン・ディレーが2時間53分

 それほど東海岸の天候が荒れていたのですが、ボストンでは6回までゲームが順調に進んだものの、6回終了時点でレインディレーに。

 そこから再開まで、待機時間が2時間53分!もう1試合分ですね。

ゲーム終了は夜中1時

 選手達は体も冷え切ってコンディション作りが大変な中、ゲームは7回表から再スタート。そして試合終了時間は深夜0時59分に。ほぼ1時ですね。プレーボールから5時間49分も経過し、選手たちには「お疲れ様でした」という言うしかないようなゲームとなりました。

原則、決着をつける

 NPBであれば、5回でゲームが成立していたなら、雨天コールドゲームということで途中で打ち切りの判断を下すところ。

 ゲームをどうするかの判断はNPBもMLBもアンパイアが握っている点は同じなのですが、メジャーでは原則、9イニングで決着がつくまでやります。

フェアな観点も

 そうする理由は一つには、選手のスタッツをフェアにという観点もあります。原則9イニングゲームでプレーする中で成績を競うという観点です。そしてその観点は勝敗に関しても同じで、原則9イニングゲームで162試合を行う中で競うというもの。あくまでもフェアな条件のもとでという考えです。

コロナ禍で特別ルールに慣れてきた中

 2020年のコロナパンデミックの環境の中、ダブルヘッダーは7イニングまで、そして延長はオートマティック・ランナーが2塁についてスタートというのが慣れてきた中で、今回のブレーブス@レッドソックス戦の旧来の考えに基づいた9回までやり抜くというメジャー流を久しぶりに見た気がします。

 考え方はそれで良いとして、ただ選手のコンディションを考えるとNPB流のコールドゲーム成立というのもありかと思います。

スケジュールの都合

 9イニングまでやったというのは上記のような理由からですが、そのほかにこのゲームを続行させたのは、このカードがインターリーグで2ゲームシリーズの2試合目だったこともあるでしょう。

 MLBではゲームを打ち切って、翌日にその続きからやることもあります(サスペンデッドゲーム)。

 ただ、インターリーグゆえに仮に7回からは別の日にやると言っても、3イニングのためにブレーブスはボストンまで遠征するのは大変ですし、ナ・リーグ東地区はメッツの開幕がコロナ・パンデミックで遅れたため、その埋め合わせですでに選手に負担がかかっている状況。もう今日はやりきってしまうという判断だったようです。

デバースがHR、二塁打と躍動

 ゲームの方ですが、ブレーブスがドリュー・スマイリー、レッドソックスがニック・ピベッタの先発で始まったこのゲームは、初回、ブレーブスがオジー・アルビーズのトリプル、ダンスビー・スワンソンのダブルで2点を先制。

 ブレーブスは2回表にも、ピベッタに3長短打を浴びせ、追加点。ただ、このイニングで1点しか取れなかったのが、ピベッタを立ち直らせました。

 2回裏にハンター・レンフローのソロHRで1点を返し、1-3としたレッドソックスは、4回裏にラファエル・デバースが2ランHRを放ち、3-3の同点に。

 ブレーブスは5回表に好調のオースティン・ライリーがグリーンモンスター超えの弾丸ライナーのソロHRを放ち、4−3と勝ち越し。

 ピベッタの踏ん張りで流れをキープしていたレッドソックスは、6回裏にラファエル・デバースのタイムリー・ダブルなどで一挙に4点を奪い、7-4と逆転。

 レッドソックスは8回裏にもハンター・レンフローのダブルをきっかけに、2点を追加し、9-4とリードを広げました。

このゲームにマット・バーンズを投入

 9回表、マット・アンドリーズで締めたかったレッドソックスですが、ウイリアム・コントレラスに5号HRを打たれ、9-5に。

 1アウトで4点差があり、アクーニャが1塁にいたこと、そして迎えるバッターがフレディー・フリーマンであったことから、アレックス・コーラは2点差に追い上げられることを嫌ったようで、ここでマット・バーンズを投入。もう休ませてあげればいいのにと、素人はついつい考えてしまいますが、勝負は厳しいですからね。2点差になる前にその芽を摘みに行きました。

 マット・バーンズはフリーマンを打ち取り、レッドソックスが9-5で逃げ切りに成功。約6時間にもわたる死闘を制しました。

  中断前の6イニングを4失点でしのいだニック・ピベッタが勝利投手。今季、6勝0敗です。

ロッカールーム情報

マーセル・オズーナは6週間

 前日のGame1で三塁へのヘッドスライディングでしようとしたところ、ちょうど左手を出そうかというタイミングで送球を受けたデバースの左足が来てしまい、デバースのスパイクの一部に指が引っかかったような形になったマーセル・オズーナ。悶絶して即座に退場しましたが、左手中指と薬指の2本を骨折したことが判明。最低でも6週間という診断がくだされました。

 下記の動画は一応、閲覧注意で。

  お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
タイトルとURLをコピーしました