スポンサーリンク

【MLB2021】レイン・ディレー約3時間!ブレーブス@レッドソックス戦は深夜1時終了の死闘

久しぶりのメジャー流「決着」

 「お疲れ様でした」と言うしかなかったのが、現地2021年5月26日(水)、フェンウェイパークで行われたブレーブス@レッドソックス戦のGame2。

 東部時間7時10分に定刻どおりにスタートしたゲームは、双方ともに序盤から打線が活発な展開に。ただでさえボリューム増のような内容に加えて、この日は東海岸の天気が大荒れ。

大荒れの東海岸

 この日、ニューヨークで行われる予定だったブルージェイズ@ヤンキース戦は雨で中止になったほど。このゲームはブルージェイズのトップ・プロスペクトで身長198cmで横も巨漢の右腕、アレク・マノア(Alek Manoah)がデビュー戦を迎えるはずでしたが、翌日27日にダブルヘッダーのGame1にスライドすることになりました。

レイン・ディレーが2時間53分

 それほど東海岸の天候が荒れていたのですが、ボストンでは6回までゲームが順調に進んだものの、6回終了時点でレインディレーに。

 そこから再開まで、待機時間が2時間53分!もう1試合分ですね。

ゲーム終了は夜中1時

 選手達は体も冷え切ってコンディション作りが大変な中、ゲームは7回表から再スタート。そして試合終了時間は深夜0時59分に。ほぼ1時ですね。プレーボールから5時間49分も経過し、選手たちには「お疲れ様でした」という言うしかないようなゲームとなりました。

原則、決着をつける

 NPBであれば、5回でゲームが成立していたなら、雨天コールドゲームということで途中で打ち切りの判断を下すところ。

 ゲームをどうするかの判断はNPBもMLBもアンパイアが握っている点は同じなのですが、メジャーでは原則、9イニングで決着がつくまでやります。

フェアな観点も

 そうする理由は一つには、選手のスタッツをフェアにという観点もあります。原則9イニングゲームでプレーする中で成績を競うという観点です。そしてその観点は勝敗に関しても同じで、原則9イニングゲームで162試合を行う中で競うというもの。あくまでもフェアな条件のもとでという考えです。

コロナ禍で特別ルールに慣れてきた中

 2020年のコロナパンデミックの環境の中、ダブルヘッダーは7イニングまで、そして延長はオートマティック・ランナーが2塁についてスタートというのが慣れてきた中で、今回のブレーブス@レッドソックス戦の旧来の考えに基づいた9回までやり抜くというメジャー流を久しぶりに見た気がします。

 考え方はそれで良いとして、ただ選手のコンディションを考えるとNPB流のコールドゲーム成立というのもありかと思います。

スケジュールの都合

 9イニングまでやったというのは上記のような理由からですが、そのほかにこのゲームを続行させたのは、このカードがインターリーグで2ゲームシリーズの2試合目だったこともあるでしょう。

 MLBではゲームを打ち切って、翌日にその続きからやることもあります(サスペンデッドゲーム)。

 ただ、インターリーグゆえに仮に7回からは別の日にやると言っても、3イニングのためにブレーブスはボストンまで遠征するのは大変ですし、ナ・リーグ東地区はメッツの開幕がコロナ・パンデミックで遅れたため、その埋め合わせですでに選手に負担がかかっている状況。もう今日はやりきってしまうという判断だったようです。

デバースがHR、二塁打と躍動

 ゲームの方ですが、ブレーブスがドリュー・スマイリー、レッドソックスがニック・ピベッタの先発で始まったこのゲームは、初回、ブレーブスがオジー・アルビーズのトリプル、ダンスビー・スワンソンのダブルで2点を先制。

 ブレーブスは2回表にも、ピベッタに3長短打を浴びせ、追加点。ただ、このイニングで1点しか取れなかったのが、ピベッタを立ち直らせました。

 2回裏にハンター・レンフローのソロHRで1点を返し、1-3としたレッドソックスは、4回裏にラファエル・デバースが2ランHRを放ち、3-3の同点に。

 ブレーブスは5回表に好調のオースティン・ライリーがグリーンモンスター超えの弾丸ライナーのソロHRを放ち、4−3と勝ち越し。

 ピベッタの踏ん張りで流れをキープしていたレッドソックスは、6回裏にラファエル・デバースのタイムリー・ダブルなどで一挙に4点を奪い、7-4と逆転。

 レッドソックスは8回裏にもハンター・レンフローのダブルをきっかけに、2点を追加し、9-4とリードを広げました。

このゲームにマット・バーンズを投入

 9回表、マット・アンドリーズで締めたかったレッドソックスですが、ウイリアム・コントレラスに5号HRを打たれ、9-5に。

 1アウトで4点差があり、アクーニャが1塁にいたこと、そして迎えるバッターがフレディー・フリーマンであったことから、アレックス・コーラは2点差に追い上げられることを嫌ったようで、ここでマット・バーンズを投入。もう休ませてあげればいいのにと、素人はついつい考えてしまいますが、勝負は厳しいですからね。2点差になる前にその芽を摘みに行きました。

 マット・バーンズはフリーマンを打ち取り、レッドソックスが9-5で逃げ切りに成功。約6時間にもわたる死闘を制しました。

  中断前の6イニングを4失点でしのいだニック・ピベッタが勝利投手。今季、6勝0敗です。

ロッカールーム情報

マーセル・オズーナは6週間

 前日のGame1で三塁へのヘッドスライディングでしようとしたところ、ちょうど左手を出そうかというタイミングで送球を受けたデバースの左足が来てしまい、デバースのスパイクの一部に指が引っかかったような形になったマーセル・オズーナ。悶絶して即座に退場しましたが、左手中指と薬指の2本を骨折したことが判明。最低でも6週間という診断がくだされました。

 下記の動画は一応、閲覧注意で。

  お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
【MLB 2023】ロイヤルズの新監督はレイズのベンチ・コーチ、マット・クアトラーロに決定!
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、細かいミスが重なり、初回に3失点!打線もF・バルデスに苦戦し、1勝1敗に
タイトルとURLをコピーしました