スポンサーリンク

【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI

ブロンクスでのレアカードGm2

 現地2024年6月8日、ブロンクスでのドジャース@ヤンキースのGm2は前日と違い、序盤から得点の入る展開に。かと言って打ち合いでもなく、得点が入りながら拮抗していく見ている方としては前日とはまた違う意味でドキドキする面白い展開となりました。

 なかでも好調なテオスカー・ヘルナンデスとアーロン・ジャッジに一発が飛び出しました。

ギャビン・ストーン、初回のピンチを切り抜ける

 ギャビン・ストーンとネスター・コルテスの先発で始まったこのゲームは、ドジャース先発のギャビン・ストーンが初回に大きなピンチを迎えます。ブロンクスでの初先発となったギャビン・ストーンは、立ち上がり、アンソニー・ボルピーとアレックス・ベルドゥーゴの1、2番にいきなりの連続シングルを浴び、ここでアーロン・ジャッジ、ジャンカルロ・スタントンという主砲と相まみえることに。

 ただ、このピンチ、ギャビン・ストーンも強気ながら、ウィル・スミスのリードも良かったと思います。アーロン・ジャッジへの初球、バッテリーはインコースへのシンカーを選択。ボールにはなりましたが、このインコースへの1球は効いたと思います。ジャッジには5球を費やし、最後は甘いコースでしたが強い97.2mphの4シームでCFライナーに仕留め、まず1アウト。

 つづくジャンカルロ・スタントンにはスライダーから入り、2球目、インコースへのシンカーでつまらせ、1塁へのポップフライで2アウト。そしてアンソニー・リッゾには徹底して外を攻め、87mphのチェンジアップで3Bポップフライに仕留め、このピンチを切り抜けました。

 初回からゲームが潰れなかねない状況で見事に抑えきったと思います。ナイス・バッテリーでした。

テオスカー・ヘルナンデスが先制HR

 先制点はドジャース。2回表、テオスカー・ヘルナンデスが第1打席でCFへのソロHRを放ち、ドジャースがまず1点を先制。

 1回のピンチを切り抜けたギャビン・ストーンでしたが、2回も先頭の2人に連続シングルを許し、ノーアウト1、3塁のピンチを迎えます。ここでバッターはこの日マスクをかぶったオースティン・ウェルズ。ウェルズは5球目のチェンジアップをひっかけ2Bゴロダブルプレーに打ち取られますが、この間に3塁ランナーのグレイバー・トーレスが還り、ヤンキースが1-1の同点に追いつきます。

大谷選手、タイムリー

 ドジャースは3回表、1アウト1、3塁で大谷選手が打席に。ヤンキース・バッテリーは外中心の配球で長打を警戒しましたが、大谷選手は6球目のアウトコースの厳しいボールをLFへ運び、勝ち越しタイムリー。ドジャースが2−1と1点をリード。

T・ヘルナンデスとA・ジャッジが2HR

 1点を勝ち越されたヤンキースですが、3回裏、アーロン・ジャッジの第2打席。ジャッジは2ストライクと追い込まれながらも、4球目の甘いシンカーを見事に捉え、LFのウォールの天辺に当たるソロHRを放ち、2-2の同点に。  

 ゲームはこの後、落ち着いた展開となりました。しかし、5回表、ドジャースはキケ・ヘルナンデスに一発が飛び出し、3-2と勝ち越しに成功。さらに6回表には、1アウト1、3塁で回ってきたテオスカー・ヘルナンデスが3Bへヒット性の当たりを放ち、2塁へ送球され1塁ランナーのウィル・スミスは2塁でアウト。この間に3塁ランナーのフレディー・フリーマンが還り、ドジャースが4-2とリードを拡げます。

 8回表、ドジャースはトミー・ケインリーから満塁のチャンスを作り、ここでテオスカー・ヘルナンデスがCFへこの日2本めのHR。これがグランドスラムとなり、ドジャースが8-2とリードを拡げ、ゲームを決めました。

 ドジャースは9回表にも2アウト1、2塁でフレディー・フリーマンがLFへタイムリー・ダブルを放ち、2点を追加。さらに押し出し四球でもう1点をもぎ取り、11-2とリード拡大。

 最終回、ヤンキースは2アウトからアーロン・ジャッジがこの日2本目となるソロHRを右中間に運び、1点を返すも反撃はここまで。

 ドジャースが11-3のスコアで勝利。連勝でこのシリーズの勝ち越しを決めました。

MLB Gameday: Dodgers 11, Yankees 3 Final Score (06/08/2024)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

ジャッジ、オールスターまでに40号!?

 アーロン・ジャッジはこの日の2本のHRで今季23号に。6月第1週ですでに25本が目の前です。

 このまま怪我がなければ、オールスターまでに35号は確実になりそうな勢いで、下手をすれば40号が見えた段階で中休みを迎えるかもしれません。終盤は警戒され四球が増えるので、前半までにどこまで数字を伸ばすかで、自身の2022年のシーズンHR記録、62号を上回るかどうかが決まるかもしれません。

 なお、2022年は6月を終えた時点で29本。オールスターまでに33本を記録。オールスター後は、7月は9本(7月のトータルは13本)、8月は9本、9・10月は11本を放ち、計62本。

 今季は70号を超えるのか?も興味深いところですね。

 ドジャースはこの日の勝利で41勝目。ナ・リーグではフィリーズに次いで2位です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ドジャース、ムーキー・ベッツ(左手骨折)の離脱で、三遊間が欠ける事態に
【MLB2024】ドジャースの山本由伸投手が2回で緊急降板。右上腕三頭筋の張りでIL入りは必至(追記)
【MLB2024】カブス・今永投手が7勝目!シーズン最多の103球で味方打線の火をつける!
【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
タイトルとURLをコピーしました