スポンサーリンク

【MLB契約2020】ロッキーズ、トレバー・ストーリーと2年、27.5Mドルで合意へ

調停を避け2年で合意

 現地2020年1月24日、コロラド・ロッキーズはMLS4.000年で調停資格のトレバー・ストーリー(Trevor Story)と2年$27.5Mで合意しました。

 FA前にマルチイヤー・ディールになるとの噂が通りでしたね。ただ、もっと年数は多いのかと思っていましたが、ちょうどFAとなるタイミングでの2年契約となりました。

本人の希望額よりも多い

 トレバー・ストーリーは$11.5Mを希望し、ロッキーズは$10.75Mの提示にこだわっていましたが、いざ蓋を空けてみると、年平均$13.5Mというストーリーの希望を上回るサラリーとなりました。ロッキーズは調停を避けたのですが、それ以上の金額となりました。

2019年はM

 トレバー・ストーリーの2019年のサラリーは$5Mでしたので大幅アップとなりました。しかも2年後にはきちんとFAでさらなるサラリーアップも見込める内容ですから、本人は良い契約だったと思っているでしょうね。

順調に成長

 トレバー・ストーリーは1992年11月15日生まれで27才になったばかり。2011年ロッキーズ1巡目指名(全体順位45位)でのプロ入りです。

衝撃デビュー

 デビューは2016年。開幕戦から出場しました。ちょうどこの時、ロッキーズにはホセ・レイエスがいたのですが、DV問題でゲームに出場できずその代わりとして起用されたトレバー・ストーリーが期待を大きく裏切るロケットスタートを披露。

 開幕戦でザック・グレインキから2本のHRを放ち、デビュー4戦で6HRという信じがたい活躍を見せたのでした。ルーキーがデビュー戦で2HRを打ったのは史上初でしたし、デビュー3戦連続HRも史上初。結局6試合で7HRを放ち、さらに4月は計10HRを放ったのでした。

大怪我は指の腱の断裂のみ

 トレバー・ストーリーの強みは怪我が少ないこと。ルーキー・イヤーの2016年7月末のメッツ戦で左親指の腱を断裂でシーズンエンドになってしまったのですが、大きな怪我はこの事故のような案件のみ。

 そのほかは145試合(2017)、157 試合(2018)、145試合(2019)とSSという激しいポジションを守りながらほぼフルシーズンのような出場の仕方を継続しています。

すごかった2018年の追い上げ

 2018年はクリスチャン・イェリッチがあわやトリプル・クラウンを獲得するのではないか?と思われたシーズンでしたが、それにHRで待ったをかけたのがトレバー・ストーリーでした。HRのタイトルはアレナドが38本で獲りましたが、ストーリーは37HRで1本差。

 HRは8月に6本、9月・10月に11本!なおHR量産前の7月の打率は.358を記録しておりました。

 この年、ロッキーズはNLDSへ進出した訳ですが、終盤のトレバー・ストーリーとノーラン・アレナドの追い込みがチームを勢いづけたと言っていいでしょう。

ロッキーズ長期契約はこりごり? 

 2019年2月、コロラド・ロッキーズはノーラン・アレナドと8年$260Mの契約延長に合意。

 また2010年11月にはトロイ・トゥロウィツキーと10年$157.75Mで合意。これは後にブルージェイズの財政を圧迫し、怪我でここ数年働けなかったトゥロウィツキーにも批判が集中しました。

 今回ロッキーズが大きく囲い込まなかったのはアレナドとの長期契約の話もあったでしょうし、またストーリー自身がつぎなる刺激を求めているがゆえの2年契約かもわかりませんね。

内野が育つロッキーズ

 上述したトロイ・トゥロウィツキーをはじめ、ノーラン・アレナドそしてこのトレーバー・ストーリーとロッキーズは強打で好守備の内野手がよく育ちますね。もっと言えば、現ヤンキースのD.J.ルメイヒューもロッキーズでしたからこの育成は素晴らしいと言わざるを得ません。

 もっとも高地でヒッター・フレンドリーのコロラドのスタジアムの影響もあるとは思いますが、これほどまでに素晴らしい内野手を輩出し続けるコロラドはなにかあるのかもしれませんね。

 トレーバー・ストーリーの2020シーズンの活躍にも期待したいと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました