スポンサーリンク

【MLB2024】今オフ席巻のドジャース、テオスカー・ヘルナンデスも獲得!

注目OFもドジャースへ

 現地2024年1月7日、シアトル・マリナーズからFAとなりその動向が注目されていたOFのテオスカー・ヘルナンデス(Teoscar Hernández)のディールが決まりました。

 なんとこのディールもドジャースが抑えました!ドジャースはまさに今オフのFA市場を席巻!大谷選手から始まり、山本由伸投手、タイラー・グラスノー(彼はトレード)、そしてテオスカー・ヘルナンデスと抑えたい選手をすべて獲得していると言っても過言ではない状況です。

契約内容

 両者の契約は現時点ではフィジカルチェックの結果待ち。すぐにオフィシャルとなる見込みです。

 大筋で合意しているのは以下の内容。

  • 1年/$23.5 M (2024)

 テオスカー・ヘルナンデスのMLSは現時点で6.097。今オフは初FAだったのです。ゆえに市場での高騰を予想し、QOの拒否を見込んだマリナーズはドラフト補償もあることから、テオスカー・ヘルナンデスにQOを提示。目論見通りQOは退けられてFAに。

Teoscar Hernández Stats, Height, Weight, Position, Rookie Status & More | Baseball-Reference.com
Check out the latest Stats, Height, Weight, Position, Rookie Status & ...

マリナーズの補償ピック

 今回のドジャースとのディールは1年契約には驚きましたが、QOの設定額の$20.325Mを上回る額での合意となりました。

 契約総額は$50Mに満たなかったころから、レベニュー・シェアリングを受領するマリナーズはRound2に続くCBラウンドB の後でのピック権が発生することに。これが$50M以上の契約なら、MLBドラフト1巡目、コンペティティブ・バランス(以下CB)ラウンドAという順序でのピックでしたから、マリナーズとしてはちょっと目論見は外れたかもわかりません。

テオスカー・ヘルナンデスも繰り延べ払い

 大谷選手が、ドジャースの贅沢税上のサラリーのインパクトを薄めるために、$70M/年のうち$68Mを繰り延べ払いにしたことはご存じの通りです。

 今回のテオスカー・ヘルナンデスもそれに協力。$23.5Mのうち$8.5Mを繰り延べ払いにし、2030-39の10年間で受け取ることとしました。よって今季の贅沢税上のインパクトは$15M+$8.5Mの現在価値ということになり、トータルのAAVは$20.5Mほどになった模様です。

 それでもドジャースは現時点で2024年の基準額の$237Mを大きく上回る$308M強。これから調停資格の選手との交渉やまだまだ不安のあるローテーションの補強にも乗り出すでしょうから、あとプラス$20Mは行くかもしれません。

ムーキーは2B

 ドジャースはすでにムーキー・ベッツを2024年はOFではなく、2Bで起用することを明言。となると、OFは下記のような布陣になりそうです。

  •  CF:テオスカー・ヘルナンデス / ジェームス・アウトマン
  • RF:ジェイソン・ヘイワード / マニュエル・マーゴット
  • LF:クリス・テイラー

 RFは左投手に弱いジェイソン・ヘイワードとマニュエル・マーゴットとの併用、クリス・テイラーを柔軟に置いてくると思われます。またSSにはギャビン・ラックスがACL断裂から復帰してくるでしょうから、クリス・テイラーもOF専任になるかもしれません。

 まあ、豪華ですね。DHは大谷選手でフィックスです。

テオスカー・ヘルナンデスとは

 テオスカー・ヘルナンデスは、1992年10月15日生まれの31才で右投げ右打ちのOF。ドミニカ共和国出身で2011年2月にアマチュアFAとしてアストロズとサイン。

 デビューは2016年で41試合でAVG .230、HR 4をマーク。

青木選手とともにTORへ

 2017年のトレード・デッドラインでアストロズがフランコ・リリアーノを獲得したトレードで青木選手とともにブルージェイズに移籍。2017年はアストロズでは1試合のみの出場でしたが、ブルージェイズへの移籍後は9月に26試合に出場し、AVG.261、HR 8、RBI 20をマーク。ここでまずは最初の輝きを見せました。1ヶ月で8HRですからね。

 2018年からはエブリデーOFという勢いでほとんどのゲームに出場。

 2019年には26HRをマーク。短縮シーズンの2020年は.289/.340/.579、HR 16、RBI34をマーク。シルバー・スラッガー賞にも輝き、MVP投票では11位。

 さらに2021年には550打数163安打で.296/.346/.534をマーク。HR32、RBI 116と際立った成績を上げ、2年連続でシルバー・スラッガー賞を受賞。この年はオールスターにも出場しました。

 2022年はやや落ちて、AVG.267、HR 25、RBI 77。

マリナーズへ

 2022年11月、テオスカー・ヘルナンデスはマリナーズへ移籍。ブルージェイズはエリック・スワンソンとマイナー選手を獲得。これはちょっと変なトレードでしたね。どう考えてもバランスが悪い。なんでテオスカー・ヘルナンデスを出したのかよくわからないトレードでした。

 2023年は160試合に出場。625打数161安打で、.258/.305/.435をマーク。HR 26、RBI 93。

三振多し!

 打撃はシングル、ロングの双方ともOK。守備も良しとかなりバランスの取れたテオスカー・ヘルナンデスですが、ウィークポイントを挙げるとするなら三振が多いこと。2023年はなんと211です。これはMLBトップのカイル・シュワーバーの215に迫る勢いの3位。

 なお、2位は誰だったかというとユーヘイニオ・スアレスの214。マリナーズは2023年は三振TOP3が2人も打線にいたことになりますね。

 驚きの布陣となったドジャース。その強いドジャースに対して、Dバックスが辺りがどのような戦いを見せるのか今から楽しみでもあります。それさえも軽くいなしてしまうようなスペックですが。

 なお、人柄の良さが出ている1問1答のVTRはこちら。オフは料理するそうです。

(YOUTUBE)Get To Know Teoscar Hernández

 1年契約ですから2025年も再度FA市場を賑わすことになりそうです。

 お読みいただき、ありがとうございました。 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
タイトルとURLをコピーしました