スポンサーリンク

【MLB2024FA】レッドソックスが”トミー・ジョン”リハビリ中のリアム・ヘンドリクスと2年契約で合意!

大物リリーバーを獲得したBOS。しかし・・・

 にわかに目を疑ったのですが、現地2024年2月18日、ボストン・レッドソックスはトミー・ジョン手術からの復帰を目指しリハビリに勤しんでいるリアム・ヘンドリクス(Liam Hendriks)と2年契約で合意しました。

契約内容

 現地2024年2月18日時点ではまだ合意間近というのが正解なようですが、複数のソースによれば両者は以下の内容で大筋で合意。

  • 2年/$10M保証(2024-2025) +オプション
    • 2026ミューチュアル・オプション
    • インセンティブあり

非ホジキンリンパ腫から復帰

 リアム・ヘンドリクスと言えば、2023年1月初旬に非ホジキンリンパ腫であることを公表。2021年に38セーブ、2022年に37セーブをマークしたMLBトップ・クラスのクローザーが重病を患っているというニュースは非常にショッキングでもありました。

 治療に臨んでいたリアム・ヘンドリクスは順調に回復。4月にはがんが消えたと発表。そして1月の公表から約4ヶ月後の2023年5月29日、エンゼルス戦で見事に復帰登板を果たしました。この時は1イニングで2失点を喫し、本調子ではなかったものの、まずはMLBに帰ってきたことに称賛の拍手が送られました。オフシーズンには、ALのア・リーグのカムバック・プレーヤー・オブ・ザ・イヤー賞を受賞。

難病を克服するも、復帰後すぐにTJ手術

 しかし、その復帰マウンドは残念ながら長く続かず、復帰5試合目となった6月9日のマイアミ戦が2023年の最後の登板となってしまいました。本調子でなかったのは体調面ゆえかと思っていたのですが、ベロシティーが上がらなかったのは肘に炎症が見つかったからで、これにより、リアム・ヘンドリクスは2023年8月にトミー・ジョン手術を実施しました。

 1989年2月10日が誕生日のリアム・ヘンドリクスは2024年が35才のシーズン。年齢的にもかなりリスクのある時期だったのですが、大胆に決断しました。

CWSがオプションを拒否

 リアム・ヘンドリクスの直近の契約は、2021年1月にホワイトソックスとサインした以下の内容でした。

【前契約】

  • 3 年/$54M (2021-23) +オプション
    • 2024 $15M クラブオプション($15Mバイアウト)
    • $15Mのバイアウトは2024-33年の間に$1.5Mずつ10回に分けて受け取る

 トミー・ジョン手術を行い、2024年は投げられないことから(悲観的に見て)、ホワイトソックスはこのオプションを拒否。リアム・ヘンドリクスはFAとなっていました。

 ただ、オプションを拒否したとは言え、ホワイトソックスは$15Mという嘘のような設定のバイアウトでサインしていたので、2024年は$15Mを支払うことになります。その$15Mは毎年$1.5Mずつ10年に亘り支払うことになっています。

2024年の復帰は難しいはず

 リアム・ヘンドリクスが行ったトミー・ジョン手術がどの類のものかは定かではないのですが、2023年8月に実施ということは、ノーマル・コースだと1.5年かかるので、2025年の復帰で2024年は捨てることに。

 ただ、簡易版の可能性もあり、もしそうであれば術後1年の2024年9月に復帰する可能性もあります。

 レッドソックスが大胆に2025年にフォーカスしたのか、それとも2024年中の復帰は可能という確証を得てサインしたのか、現時点では不明です。

フルマーに続き2人目

 なお、レッドソックスがリハビリ中のFAリリーバーとサインするのはこれが二人目。  現地2024年2月2日にマイケル・フルマーとサインして、2024年の離脱は想定済みです。

リアム・ヘンドリクスとは、

 リアム・ヘンドリクスは上述の通り、MLBで最も有力なリリーバーの一人。もともとは2011年にツインズで先発投手としてデビュー。ツインズ、ロイヤルズ、ブルージェイズで4シーズンに亘り、39試合に登板しERA 5.92と苦戦。

 その後2015年にブルージェイズに移籍し、ここでリリーバーに転向。 この役割の変更がリアム・ヘンドリックスのパフォーマンスに驚異的な影響を与え、転向初年度に64.2イニングを投げてERA 2.92、FIP 2.14と急激に品質をアップ。SO%は2014年の17.4%から一気に27.2%にアップ。BB%もわずか4.2%でリーグ平均の8/2%を大きく下回っていました。

 大ブレイクしたリアム・ヘンドリクスでしたが、ブルージェイズはなぜか引き留めず、2016年シーズン前にアスレチックスにトレードに出しました。ジェシー・チャベスが欲しかったのですが、これはいかがなものかと思ったものです。

 アスレチックスでの2016年から2018年までの3年間は、登板数は多かったものの、ERAは4点台とやや品質が落ちました。

 急激によくなったのは 2019年からで、75試合に投げて、なんとERAが1.80、FIP1.78!

 2020年(短縮シーズン)、2021年とそれぞれERA 2点台をマーク。この頃はもうクローザーとして確固たる地位を築いていました。

 2022年は58試合に登板し、ERA 3.43。

 2022年と2023年はBB%が6.8%、5.0%とやや荒れていました。

 通算成績は476試合に登板し、33勝34敗、116 セーブ、ERA 3.82、SO% 26.29、BB% 5.9。

BOS、2024年のブルペンが今ひとつ見えず

 前日にジョン・シュライバーをロイヤルズにトレードしたレッドソックス。ケンリー・ジャンセンはトレード・ターゲットであると。さかんに報道されていますが、ジャンセンはそれを知って悲しいと心情を綴りましたね。

 クリス・マーティンも出す可能性があり、現状、2024年のブルペンをどう整えるのか、あまり見えてきていませんね。どうするのか?!

 この2人を残しておかないと結構、大変なことになりそうです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
【MLB2024】ドジャース、パドレスとの海外開幕戦に勝利!大谷選手は5-2、ダルビッシュ投手も好投
【MLBルールチェンジ2024】ピッチクロックの変更、走路、マウンド・ビジット回数に変更あり
【MLB2024FA】ついに決定!ブレイク・スネルはジャイアンツと2年契約
【MLB2024】ナッツのスティーブン・ストラスバーグは未だ40manロスター。今後の動向は?
タイトルとURLをコピーしました