スポンサーリンク

【MLB FA】2020年のクオリファイング・オファー(QO)の金額が$18.9 Mに決定!前年より$1.1Mアップ

2020年のQO

  現地2020年10月9日の情報です。

 毎年、ワールドシリーズ終了後の5日間、クラブ側がFA選手となる選手に優先的に条件を提示できるクオリファイング・オファー(以下QOと記載することも)の金額が決定しました。

 今季は新型コロナ・ウィルスの影響で、選手のサラリーはプロレイティッド(日割り)となり、総額の37%が受取金額となりましたが、クオリファイング・オファーの金額算定は、元のサラリーが根拠です。

今季は18.9Mドル

 トップ125名の選手の2020シーズンの契約のフルサラリーの平均額をもとに算出された今季のQOの金額は$18.9M。

過去のQOの提示金額一覧

 MLBで2012年から始まったクオリファイング・オファーですが、2019年が前年より$0.1Mダウンしたものの、それ以外はアップ傾向。2012年当初から考えると、$5.6Mほど上昇しています。

  • 2020年11月(For 2021): $18.9M
  • 2019年11月 (For 2020) : $17.8M
  • 2018年11月 (For 2019): $17.9M
  • 2017年11月(For 2018): $17.4M
  • 2016年11月(For 2017): $17.2M
  • 2015年11月(For 2016): $15.8M
  • 2014年11月(For 2015): $15.3M
  • 2013年11月(For 2014): $14.1M
  • 2012年11月(For 2013): $13.3M

要因:2018年オフからつづく大型契約

 その要因は2018年オフからMLBでは大型契約と言っていいでしょう。マニー・マチャード、ブライス・ハーパーから始まり、マイク・トラウトの大型延長。

 2019年オフにはゲリット・コールが9年$324M、スティーブン・ストラスバーグが7年245Mドルの延長、アンソニー・レンドンが7年$245Mとトップ・オブ・トップのサラリーがさらに上がったことから、このような金額になったと想像できますね。

クオリファイング・オファーを受ける資格

 この金額は翌年のサラリーの金額。ワールドシリーズ終了後5日の間にクラブからこの提示を受けた選手は、提示期間終了から10日以内に決断し、返信することになっています。

 クオリファイング・オファーを受ける資格のある選手は以下に適合している場合です。

  1. 過去にQOの提示なし(=1度オファーを受けたら、2度めのQOはない)
  2. シーズン全期間を通して所属球団にいること。(移籍してきた人は対象外)

 初FAの選手はオファーされる可能性が高いのですが、初FAでなくとも過去にQOを受けていない選手は対象となります。そしてシーズン途中に移籍すると提示されないということでこれで資格を失うケースもあります。

2020年に提示を受けるであろう選手 

 上記の2要件にQOの提示を受けるであろう候補者達です。主に初FAとなる選手が多いですが、ベテランの名前もあります。

  • P: トレバー・バウアー(CIN)
  • P: マーカス・ストローマン(NYM)
  • P: ライアム・ヘンドリクス(OAK)
  • P: ブレイク・トライネン(LAD)
  • P:マイク・マイナー(TEX)
  • P: 田中将大投手(NYY)
  • P: ホセ・キンタナ(CHC)
  • P: アレックス・コロメ(CWS)
  • C: J.T. リアルミュート(PHI)
  • INF: DJ・ルメイヒュー(NYY)
  • INF: マーカス・セミエン(OAK)
  • INF: ディディ・グレゴリアス(PHI)
  • INF:アンドレルトン・シモンズ(LAA)
  • OF: ジョージ・スプリンガー(HOU)
  • OF: ジョク・ピダーソン(LAD)
  • OF:マイケル・ブラントリー(HOU)
  • DH:ネルソン・クルーズ(MIN)

 今季のFAの詳細についてはまた別途記事にてご案内申し上げます。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 移籍 2023】ナショナル・リーグ西地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB 2023】メッツ、バッティング・チャンプのジェフ・マクニールと4年/50Mドルで延長契約
【発表】MLB 2023トップ・プロスペクト・ランク100!1位はオリオールズのガナー・ヘンダーソン
【MLB2023HOF】スコット・ローレンが野球殿堂入り!フレッド・マグリフはEra Commiteeで選出
【MLB移籍2023】レッドソックス、トレードで左腕のジョシュ・テイラーを出してアダルベルト・モンデシーを獲得
【MLB2023】エンゼルス・オーナー、売却はせず
【MLB移籍2023】トミー・ラステラを獲得したマリナーズ、左腕のジャスティス・シェフィールドをDFAに
【MLB スタジアム 2023】ブルージェイズ、ロジャース・センターのウォールの距離を変更
【MLB移籍2023】マーリンズとツインズ間でトレードが成立!ルイス・アラエズとパブロ・ロペスがスワップ!
【MLB移籍2023】ロイヤルズ、アロルディス・チャップマンと1年契約で合意!
【MLB移籍2023】レッドソックス、2021RBIキングのアダム・デュバルと1年契約で合意
【MLB 移籍 2023】ブルワーズ、マーリンズからFAのブライアン・アンダーソンと合意へ
【MLB 移籍 2023】レッドソックスが捕手を補強!ホルヘ・アルファーロとマイナー・ディールで合意
【MLB 2023】ツインズ、トミー・ジョン・リハビリ中のクリス・パダックと3年の延長契約へ
【MLB 移籍 2023】カブス、FAのトレイ・マンシーニと2年契約で合意!打撃の厚みが増す!
【MLB 移籍 2023】パイレーツ、FAのアンドリュー・マッカッチェンと1年で合意!2013年NLMVP!
【MLB 移籍 2023】藤浪晋太郎投手、アスレチックスと1年で合意(追記あり)
【MLB 移籍 2023】FAのカルロス・コレアはようやく決着!ツインズに戻る!
【MLB 移籍 2023】アメリカン・リーグ東地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB 移籍 2023】フィリーズ、タイガースから左腕のグレゴリー・ソトとINFのコディー・クレメンスをトレードで獲得
【MLB 移籍 2023】マリナーズ、CWSからFAのAJ・ポロックを獲得!
【MLB 2023 FA】エリック・ホズマー、カブスと合意するも、強烈なプロスペクト、マット・マーヴィスと競合
【MLB 2023 FA】Dバックス、リラックス投法のザック・デイビーズと1年/5Mドル保証で再契約
【MLB 2023】”地元スーパースターを確保”レッドソックス、ラファエル・デバースと11年/331Mドルで延長合意
【MLB 2023】レッドソックス、ラファエル・デバースと調停を避けて1年/17.5Mドルで合意(追記あり)
【2022-26 新CBA】クオリファイング・オファーのドラフト補償とペナルティーについて
【MLB 2023 FA】レッズ、ウィル・マイヤーズとカート・カサリを獲得し、ムスターカスをDFAに
【MLB プロスペクト 2023】再生カブス”の投手陣の大きな武器になりそうなヘイデン・ウェズネスキーをご紹介
【MLB 2023 FA】Dバックスがエバン・ロンゴリアと1年契約で合意
【MLB 2023 FA】信頼のコンタクト・ヒッター、ジーン・セグラはマーリンズに決定! 2年/17Mドル保証
タイトルとURLをコピーしました