【MLB2020FA】セルジオ・ロモはツインズと、ジョー・スミスはアストロズと再契約

良いなと思ったらシェアお願いします

リリーバー右腕二人が再契約

 現地2019年12月16日、二人のリリーバーの再契約が決まりました。セルジオ・ロモは報道ベース、ジョー・スミスは確定です。まずはロモのディールから見てみたいと思います。

セルジオ・ロモはツインズと1年

 セルジオ・ロモ(Sergio Romo )とツインズのディールは1年(2020年) $4.75M。2021年は クラブオプションで$5M、バイアウトは$0.25M。2020年のサラリー$4.75Mとバイアウト$0.25Mを合わせると$5.0Mは保証されている模様。

 2019シーズンはマーリンズと1年$2.5Mでしたから、今回は倍になった感じですね。

現地2019年7月27日、ツインズがマーリンズからセルジオ・ロモを獲得

2019年のロモ

 2019年のセルジオ・ロモはマーリンズとツインズを合わせて65試合に登板。60.1イニングで2勝1敗、20SV、ERA 3.43、奪三振60、WAR 0.6 。

 2020年は37才のシーズンとなるロモはファストボール、シンカー、チェンジアップ、スライダーを駆使。ファストボールとシンカーはMid-80mph(約140kmh前後)の速度しか出ません。チェンジアップが80mph(約128kmh)ほど、そしてスライダーが77mph(123kmh)ほど。

 現在のメジャーリーグでは珍しいベロシティーで勝負しています。

ジョー・スミスはアストロズと2年契約

 アストロズのものすごく美しいアンダースロー、ジョー・スミス(Joe Smith )も再契約となりました。契約は2年/$8M(2020-21)。

 前回の2017年12月に合意した契約が2年/$15Mでしたから、約半分ほどとなりました。

2020年は36才のシーズン

 ジョー・スミスは2020年3月の誕生日で36才になるベテラン右腕。

 2019年は28試合、25.0 IP、0勝1敗、ERA 1.80。試合数がすくないのは怪我が原因で、2018年12月のワークアウト中にアキレス腱を断裂。3月の開幕から7月半ばまで離脱していました。

 2020シーズンは開幕から稼働できそうですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

良いなと思ったらシェアお願いします

フォローする

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク