スポンサーリンク

【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に

E・ロッドがリストリクティッド・リスト入り

 現地2022年6月13日、デトロイト・タイガースは2022年のオープニング・ピッチャーを務めたE・ロッドこと、エドゥアルド・ロドリゲスをリストリクティッド・リストに入れたとアナウンスしました。

 GMのアル・アビーラは「エドゥアルド・ロドリゲスは、個人的な問題により、現時点ではチームに復帰しないことをクラブに伝えた 」声明で発表。GMの見解としては「結果として、追って通知があるまでリストリクティッド・リストのままである」と。

 クラブ側からはこれ以上の情報は提供されておらず、理由はわかりません。ただ、「個人的な問題(事情)」という事なので、「察してあげるべき何か」があったようです。「そっとしておいて上げて欲しい」ということのようです。

ヒンチとは連絡を取っている

 なお、E・ロッドは監督のA.J.ヒンチとは連絡を取っており、ヒンチ自身はE・ロッドの復帰に期待していると語っていることから、一時的なものであることを祈るばかりです。

 当のE・ロッドはフロリダの自宅で子供たちと一緒にいるとのことです。

左胸郭を傷め、IL入り

 E・ロッドは、現地2022年5月18日のレイズ戦に先発。0.1イニングで被安打4、失点3、BB2と立ち上がりに乱れ、明らかな怪我と思われる症状で、トレーナーを伴って降板しました。タイガースもこのゲームは1-6で落とています。

 E・ロッドはこの日以降、15Day ILに入り。傷めたのは左胸郭。

心筋炎で離脱したことも

 COVID-19のパンデミックとなった2020シーズン。E・ロッドは罹患しました。一度は復帰を試みたのですが、後遺症が残り、心筋炎と診断され、2020シーズンはこのままオプトアウトした経緯があります。

 よって、E・ロッドで胸の回りの怪我と聞くと、この影響を心配してしまいます。なお、IL入りの理由の左胸郭の痛みと心筋炎の影響はリンクしているとの情報は現時点ではありません。

IL入り後

 E・ロッドは現地6月9日にトリプルAでリハビリ登板。4回を無失点、9SOをマークし、復帰の態勢に向けて順調に調整していたところではありました。

リストリクティッド・リストに入ると

 MLBのルール上、リストリクティッド・リストに入った選手は、その期間はサラリーなし、MLSのカウントも発生せず、アクティブ・ロスターの26人または40manロースターにもカウントされません。

 なお、E・ロッドは今オフ、タイガースと5年/$77M (2022-26)でサイン。2023シーズン終了後にオプトアウトが入っている契約を結んでいます。

タイガースまたしても試練

 今季、タイガースはローテーションが充実。かなり期待できる布陣ではありましたが、今回のE・ロッドの件を含め、トラブル続きです。ケイシー・マイズは、もうまもなくトミー・ジョン手術を受ける予定。マット・マニングは、肩の炎症で欠場後、ようやくスローイング・プログラムを再開したところ。マイケル・ピネダは、5月14日にカムバッカーが右中指を直撃して骨折。ようやくブルペン・セッションをスタートしたところです。

 今は左腕のタリク・スクーバルが軸となって回しているところで、ヒンチ監督も頭の痛い事態ではあります。

 E・ロッドは今季8試合に先発し、39.0イニングで1勝3敗、ERA 4.38。ERAはもともと3.50は行く投手なのですが、勝負どころのチェンジアップが素晴らしい投手で2019年は19勝をマークし、サイ・ヤング賞の投票では6位に入ったことのある投手です。

 早く復帰できることを祈るばかりです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
【MLB2022】マーリンズ、「90分ミーティング」後に4連勝!ジャズ・チズム、さらに発奮
【MLB2022】レッドソックス、2カード連続スイープは大谷に阻まれる!LAAは14連敗でストップ
【MLB2022】いつ見ても惚れ惚れするマイケル・コペックの投球!今季はすでに4度の1ヒッター
【MLB2022】ジョシュ・ヘイダーを今季最初に崩したのはフィリーズ!
タイトルとURLをコピーしました