スポンサーリンク

【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目

ALサイ・ヤング賞候補のタリク・スクーバル

 現地2024年6月10日、デトロイト・タイガースの左腕、タリク・スクーバル(Tarik Skubal)がブルワーズ戦で先発。唸る豪球を何度も披露し、NLセントラル首位を行くブルワーズ打線を力でねじ伏せる圧巻の投球を見せました。

 タリク・スクーバルは今季8勝目。ALサイ・ヤング賞も見えてくる素晴らしい投球でした。

今季は熾烈なALセントラル

 今季のALセントラルはガーディアンズ、ロイヤルズが牽引し、非常に熾烈な争いを繰り広げています。2023年はALイーストの最下位の勝利数とALセントラルの首位の勝利数が拮抗するという厳しい憂き目にあいましたが、今季は3位のツインズまでが勝率5.00を上回り、非常に面白いですね。これはナ・リーグも同じことで、中地区はAL・NLともにここ数年はポストシーズンでも勝ちきれおらず、盛り上がりにかける傾向がありましたが、今季は面白いですね。

 デトロイト・タイガースも4月半ばまでは好調で、首位争いを演じていましたが、5月は3連敗と5連敗をそれぞれ1度ずつ経験し、11勝16敗と負け越しました。5月は、ヤンキース、ガーディアンズ、ロイヤルズなどハードなマッチアップも多く、まだ若いメンバーが多いチームとしては要所要所で勝ちきれないシーンもありました。

 ただ、6月に入り、再び持ち直しつつあります。

タリク・スクーバルが10K

 ブルワーズとの3ゲームシリーズに連敗したタイガースはエースのタリク・スクーバルが先発。圧巻の投球でした。1回表、タリク・スクーバルはジョーイ・オルティズ、リース・ホスキンスそしてクリスチャン・イエリッチの1、2、3番を三者連続三振に仕留める好調な立ち上がり。しかも初回はコントロール重視で、4シームは94-95mphに抑えていたところがまた憎らしかったですね!

 タイガースは1回裏の攻撃でブルワーズ先発のブライス・ウィルソンからライリー・グリーンのタイムリー・ダブルなどで2点を先制し、スクーバルを援護。

 2回表はウィリー・アダムス、ブレイク・パーキンスにシングルを浴びてランナーを2塁に背負うも、ジャクソン・チューリオ、アンドリュー・モナステリオを打ち取り無失点。このイニングは86mph前後のチェンジアップを使うなど、徐々に投球の幅を拡げていきます。

MAX 101.7mph

 そして中盤からギアが上がって行きます。4シームは97-99mphへ上がり、しかも90mph前後のスライダー、79mph前後のナックル・カーブも交え、ブルワーズ打線を翻弄。

 リース・ホスキンスへの 3球目にはなんと101.7mphをマーク。まさに豪球でしたね。ちなみにホスキンスのこの打席では7球目に87.7mphのチェンジアップ を投じ、キャッチャー・ファウル・フライに打ち取りました。

 3回表、4回表はとりわけ速かったですね。5回表を三者凡退に斬った直後は味方打線もさらに援護。5回裏、タイガースは3本のシングルと2つの四死球で2点を追加した後も攻撃の手を緩めず、最後はジェイク・ロジャースが3ランHRを放ち、この回は一気に8得点で10-0。もうゲームを決めました。

 タリク・スクーバルは、6回、7回の4シームの大半は94-95mphで、肝心なところで97mphにギアを入れるといううまい投球。結局、7回2アウトまで投げて6.2 IPで被安打5、失点1、自責点1、BB 2、SO 10をマーク。

 10-2のスコアでタイガースがブルワーズを下しました。タリク・スクーバルは8勝目。

MLB Gameday: Brewers 2, Tigers 10 Final Score (06/09/2024)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

タリク・スクーバル、CY候補

 この日の勝利で8勝目を上げたタリク・スクーバルですが、もはやALサイ・ヤング賞候補と言っていいくらいの数字を残しています。

  • 勝利数: 8(AL 2位タイ)
  • ERA : 1.92 ( AL 2位)
  • SO: 96 (AL 3位)
  • WHIP: 0.89 (AL トップ)

 ERAの良さとSOの多さは品質の高さを表していると思います。ERA 1位はレッドソックスのタナー・ハウクでERA 1.91。

 タリク・スクーバルは2022年8月に投球肘の屈筋腱手術を実施。復帰したのは2023年7月。2023年9月には4勝0敗で、ALピッチャー・オブ・ザ・マンスも受賞しており、今季への伏線もありました。今季は術後初のフルシーズンということで、このまま良い状態がつづくことを願います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ドジャース、ムーキー・ベッツ(左手骨折)の離脱で、三遊間が欠ける事態に
【MLB2024】ドジャースの山本由伸投手が2回で緊急降板。右上腕三頭筋の張りでIL入りは必至(追記)
【MLB2024】カブス・今永投手が7勝目!シーズン最多の103球で味方打線の火をつける!
【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
タイトルとURLをコピーしました