スポンサーリンク

【MLB2022】タイガース、「ミギー、発掘」のGM、アル・アビーラを解雇へ!リビルドに苦戦

あまりにも不運

 現地2022年8月10日、デトロイト・タイガースはベースボール・オペレーションのエグゼクティブ・バイス・プレジデントでGMのアル・アビーラを解雇したとアナウンスしました。

 いわゆる編成のトップの解雇です。一応、アル・アビーラの英語でのタイトルはこちらです。

  • Executive Vice President, Baseball Operations/General Manager

新GMを模索 

タイガースのチェアマン兼CEOのクリストファー・イリッチは新GMをこれから探すと発表。新GMが決まるまでは現アシスタントGMのサム・メンジンがそのロールを担うこととなりました。

アル・アビーラのキャリア

アル・アビーラはキューバ出身です。元プロ野球選手で、捕手でした。1977年、当時ドジャースのルーキー・リーグで、カナダにあったレスブリッジ・ドジャースに在籍。現役はこの1年のみのはずです。

現役引退後、1987年にホワイトソックスのアフィリエイトであったフロリダのデイトナビーチ・アドミラルズでGMロールを経験。1989年から1992年までセント・トーマス大学のヘッドコーチを務めました。

本格的にメジャーリーグのフロントに入ったのは1992年6月。フランチャイズ拡張でフロリダ・マーリンズができることとなり、アル・アビーラは中南米のアシスタント・ディレクターとして加わり、1994年に同部門の責任者に昇格。ちなみにマーリンズのシーズンスタートは1993年です。

ミゲル・カブレラを発掘

1998年にマーリンズのスカウティング・ディレクターに昇格。この時、獲得したのが16歳のミゲル・カブレラでした。ミゲル・カブレラとは後に非常に深い付き合いとなりました。

2001年にマーリンズの臨時GMに就任。

2002年1月に、ピッツバーグ・パイレーツのGMのスペシャル・アシスタントとして採用されましたが、その3カ月後の同年6月にデトロイト・タイガースに請われ、GMのスペシャル・アシスタントとして稼働。

よって、タイガースには2002年から在籍し、今年で20年になります。

なお、タイガースはアル・アビーラを手放したくなかったため、2005年以降は他クラブからのインタビューをすべて断っています。結果、アル・アビーラはタイガースで内部昇格を果たしていくことになりました。

ドンブロウスキに10年

 これだけ力があるなら、GMをやらせれば良かったと思うのですが、タイガースはアル・アビーラを獲得してすぐにデーブ・ドンブロウスキをGMとして採用。アル・アビーラはアシスタントGMとしてデーブ・ドンブロウスキの補佐を10年以上務めました。その間、タイガースは2006年にワールドシリーズに進出。カージナルスに1勝4敗で敗れました。

 また、ジャスティン・バーランダー、マックス・シャーザーがピークとなった2011年から2014年は4年連続で地区優勝。2012年にはワールドシリーズに進出。しかし、ジャイアンツに0勝4敗でスイープされ敗退となりました。

 2015年8月4日にデーブ・ドンブロウスキがタイガースから解雇された後、アル・アビーラは現ポジションに就任。以来、現地2022年8月10日までその役割を担っておりました。

リビルドがうまく行かず!

2015年にタイガースは最下位に終わり、アル・アビーラは積極的にリビルドに取り組みました。RHPのジョーダン・ジマーマン、OFのジャスティン・アップトンをFAで獲得。さらにクローザーのF・ロッドことフランシスコ・ロドリゲスとCFのキャメロン・メイビンをトレードで獲得しました。またマイク・ペルフリー、ジャスティン・ウィルソン、マーク・ロウ、捕手のジャロッド・サルタラマキアらも獲得。

タイガースの中心選手であるミゲル・カブレラ、ビクター・マルティネス、J.D.マルティネス、イアン・キンスラー、ジャスティン・バーランダーを温存して彼らを補強したことはなかなかの手腕だったと思います。

息子のアレックス・アビーラを手放す

2015年に捕手のジェームズ・マッキャンが台頭。この時、アル・アビーラは息子のアレックス・アビーラを手放す決断をしています。公私混同はせず。

2017年からリビルドが本格化

 タイガースは主力がベテランになってきたことからリビルドを再考。

2017年の半ばには、J.D.マルティネス、ジャスティン・アプトン、ジャスティン・バーランダーらがプロスペクトとトレードされました。シーズン終了後にはイアン・キンスラーも続きました。

タイガースは2017年から2020年まで4シーズン連続で勝率4割を下回る成績を記録。ミゲル・カブレラももはや中心選手ではなくなってきていました。

しかし、タイガースはドラフトでトップ・プロスペクトを獲得。2018年にケイシー・マイズ、2020年にスペンサー・トーケルソンを全体1位で指名。

2021年は77勝85敗で期待の予兆を見せ、このオフには積極的に補強。今季の優勝争いを目指しました。

2022年に向けた補強がすべて裏目

タイガースは、ハビアー・バイエスと$140M、エドゥアルド・ロドリゲスと$77M、アンドリュー・チェイフィンと$13M、マイケル・ピネダと$5.5Mでサイン。トレードではレッズからタッカー・バーンハート、レイズからオースティン・メドウズを獲得。かなり良い補強となりました。

しかし、ハビアー・バイエスは現地2022年8月10日時点で、96試合、打率.220、OBP .262、SLG .372、HR 10と今一つ波に乗れず。これはまだ良い方です。

E・ロッドは怪我と個人的な問題で8試合しか先発しておらず、チェイフィンは好投しているものの、契約の2年目をオプトアウトすることができるため、このオフはその権利を行使する可能性が高いです。

マイケル・ピネダは怪我のため10試合しか先発出来ておらず、2022年のERAは5.27。タッカー・バーンハートは.打率.198、オースティン・メドウズは怪我のため36試合の出場にとどまっていて、とにかくすべてが裏目でした。

スペンサー・トーケルソンは開幕ロースターに入ったものの、先月にマイナー落ちするほど苦戦。ライリー・グリーンは怪我のため出遅れてデビューとなりましたが、平均以下のレベルの数字。マット マニングは、トミー ・ ジョン手術。ケイシー・マイズも怪我で機能せず。

 タイガースはミゲル・カブレラの契約が2023年に切れるため、その後をターゲットに再度リビルドに入る予定です。

 今季がちょっと不運過ぎました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました