スポンサーリンク

【MLB2022FA】エドゥアルド・ロドリゲスが”アグレッシブ”なタイガースとサイン

「さらば」E・ロッド、デトロイトでも良い投球を

 現地2021年11月15日、大きなディールが決まったようです。

 レッドソックスからFAとなり、クオリファイング・オファーを提示されていた左腕のエドゥアルド・ロドリゲスがタイガースとサインしました。

 E・ロッドは出ないと踏んでいた筆者ですが、これは外れました。どうやらタイガースのマルチ・イヤー・ディールがレッドソックスを上回った模様です。

契約情報

 現地2021年11月15日時点の情報では、タイガースはE・ロッドに5年/$77Mのディールでサインに持ち込んだ模様。金額は、ジェフ・パッサン氏の情報では$77M-$80Mというレンジでしたが、どうやら$77Mで決した見込みです。

 こちらオフィシャルになればここにリライトします。その他、現時点でわかっている情報としては・・・

  • ノートレード条項あり
  • $3Mのインセンティブあり(よって、$77M、Maxで$80Mかと)
  • 2023年終了後にオプトアウトあり

レッドソックスのオファーは3年か?

 こちらも正式な数字でないことはお断りしておきたいのですが、レッドソックスがE・ロッドにすでにマルチ・イヤー・ディールを提示していたのは先の記事でも書かせていただいたとおりです。

 レッドソックスの提示はおそらく、2022年のQO $18.4M+2年の計3年。金額はわかりません。

 タイガースの$77Mの提示をAAVにすると$15.4Mなので、2022年だけで言えばQOより低くなります。

4月7日が誕生日のE・ロッドは2022年の開幕時は28才ですが、実質29才のシーズン。もしレッドソックスが3年の提示なら31才まで。一方、5年のタイガースなら満年齢で33才までということに。

+2年のパファーマンスの判断

 レッドソックスの提示年数は現状の環境で行けば、おそらく考え抜いたべスト。ただ、E・ロッドのピッチング・スタイルから言って、寿命は長いと思います。

 現在はMid-90mphをベースにチェンジアップで打ち取るスタイルですが、3年後はおそらくLow-90mphからhigh-80mphをベースにしたそれということに。何か変化球を加える必要が出てくる可能性も。

3年後に4-5回で3失点というスタイルを覚悟し、それでもローテーションを回す1員として評価するなら、+2年もあったとは思いますが、E・ロッドにとってタイガースの提示に魅力を感じたのなら致し方ありませんね。

TOR、LAAも関心

 E・ロッドにとりわけ熱心だったのは、タイガースのほかにブルージェイズ、エンゼルスであったとも言われています。ALイーストのブルージェイズはなんとか避けられました。

タイガースのローテ 

 まだ記事にしたためていませんが、タイガースが非常に良いんですよね。

 まず投手力ですが、今季はまだ助走のような状態でしたが、来季以降は疾走が見込まれる素晴らしい投手陣が控えています。

  • エドゥアルド・ロドリゲス(13勝8敗/ ERA 4.74)
  • ケイシー・マイズ(7-9/3,71)
  • タリク・スクーバル(8-12/ 4.34)
  • マット・マニング(4-7/ 5.80)
  • スペンサー・ターンブル(4-2/2.88) 2021年はノーヒッター。
  • マシュー・ボイド(3-8/ 3.89)
    • マシュー・ボイドはトミー・ジョン手術で2022年は全休予定。今オフ、ノンテンダーの可能性もあります。

タイガース、SSもFAで獲得する見込み

 すでに今オフ、レッズの正捕手のタッカー・バーンハートをトレードで獲得したタイガース。元捕手のA,J.ヒンチ監督らしい、扇の要から固めました。

 アグレッシブなタイガースはこのオフ、SS市場に参戦の見込みで、カルロス・コレア、コーリー・シーガーに関心を寄せています。今オフ、SSはいい選手がFAとなっていますが、ハビアー・バイエスや、トレバー・ストーリーなども含めて、タイガースは注目されているFAのSSの誰かを獲得することになりそうです。

E・ロッドのトランザクション

 エドゥアルド・ロドリゲスは、ベネズエラの出身で、もともとは2010年1月にアマチュアFAとしてオリオールズとサイン。当時、17才です。

 2014年のトレードデッドラインで、レッドソックスに移籍。レッドソックスからはアンドリュー・ミラーがオリオールズに移籍しました。

2015年、22才でメジャーデビュー。2019年には203.1イニングで19勝6敗、ERA 3.81をマーク。

 2020年はCOVID-19の後遺症でシーズンをオプトアウト。今季、後半に元のE・ロッドの姿を見せてくれるようになっていました。

 タイガースでも良い投球を見せてもらいたいと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
タイトルとURLをコピーしました