スポンサーリンク

【MLB2022FA】エドゥアルド・ロドリゲスが”アグレッシブ”なタイガースとサイン

「さらば」E・ロッド、デトロイトでも良い投球を

 現地2021年11月15日、大きなディールが決まったようです。

 レッドソックスからFAとなり、クオリファイング・オファーを提示されていた左腕のエドゥアルド・ロドリゲスがタイガースとサインしました。

 E・ロッドは出ないと踏んでいた筆者ですが、これは外れました。どうやらタイガースのマルチ・イヤー・ディールがレッドソックスを上回った模様です。

契約情報

 現地2021年11月15日時点の情報では、タイガースはE・ロッドに5年/$77Mのディールでサインに持ち込んだ模様。金額は、ジェフ・パッサン氏の情報では$77M-$80Mというレンジでしたが、どうやら$77Mで決した見込みです。

 こちらオフィシャルになればここにリライトします。その他、現時点でわかっている情報としては・・・

  • ノートレード条項あり
  • $3Mのインセンティブあり(よって、$77M、Maxで$80Mかと)
  • 2023年終了後にオプトアウトあり

レッドソックスのオファーは3年か?

 こちらも正式な数字でないことはお断りしておきたいのですが、レッドソックスがE・ロッドにすでにマルチ・イヤー・ディールを提示していたのは先の記事でも書かせていただいたとおりです。

 レッドソックスの提示はおそらく、2022年のQO $18.4M+2年の計3年。金額はわかりません。

 タイガースの$77Mの提示をAAVにすると$15.4Mなので、2022年だけで言えばQOより低くなります。

4月7日が誕生日のE・ロッドは2022年の開幕時は28才ですが、実質29才のシーズン。もしレッドソックスが3年の提示なら31才まで。一方、5年のタイガースなら満年齢で33才までということに。

+2年のパファーマンスの判断

 レッドソックスの提示年数は現状の環境で行けば、おそらく考え抜いたべスト。ただ、E・ロッドのピッチング・スタイルから言って、寿命は長いと思います。

 現在はMid-90mphをベースにチェンジアップで打ち取るスタイルですが、3年後はおそらくLow-90mphからhigh-80mphをベースにしたそれということに。何か変化球を加える必要が出てくる可能性も。

3年後に4-5回で3失点というスタイルを覚悟し、それでもローテーションを回す1員として評価するなら、+2年もあったとは思いますが、E・ロッドにとってタイガースの提示に魅力を感じたのなら致し方ありませんね。

TOR、LAAも関心

 E・ロッドにとりわけ熱心だったのは、タイガースのほかにブルージェイズ、エンゼルスであったとも言われています。ALイーストのブルージェイズはなんとか避けられました。

タイガースのローテ 

 まだ記事にしたためていませんが、タイガースが非常に良いんですよね。

 まず投手力ですが、今季はまだ助走のような状態でしたが、来季以降は疾走が見込まれる素晴らしい投手陣が控えています。

  • エドゥアルド・ロドリゲス(13勝8敗/ ERA 4.74)
  • ケイシー・マイズ(7-9/3,71)
  • タリク・スクーバル(8-12/ 4.34)
  • マット・マニング(4-7/ 5.80)
  • スペンサー・ターンブル(4-2/2.88) 2021年はノーヒッター。
  • マシュー・ボイド(3-8/ 3.89)
    • マシュー・ボイドはトミー・ジョン手術で2022年は全休予定。今オフ、ノンテンダーの可能性もあります。

タイガース、SSもFAで獲得する見込み

 すでに今オフ、レッズの正捕手のタッカー・バーンハートをトレードで獲得したタイガース。元捕手のA,J.ヒンチ監督らしい、扇の要から固めました。

 アグレッシブなタイガースはこのオフ、SS市場に参戦の見込みで、カルロス・コレア、コーリー・シーガーに関心を寄せています。今オフ、SSはいい選手がFAとなっていますが、ハビアー・バイエスや、トレバー・ストーリーなども含めて、タイガースは注目されているFAのSSの誰かを獲得することになりそうです。

E・ロッドのトランザクション

 エドゥアルド・ロドリゲスは、ベネズエラの出身で、もともとは2010年1月にアマチュアFAとしてオリオールズとサイン。当時、17才です。

 2014年のトレードデッドラインで、レッドソックスに移籍。レッドソックスからはアンドリュー・ミラーがオリオールズに移籍しました。

2015年、22才でメジャーデビュー。2019年には203.1イニングで19勝6敗、ERA 3.81をマーク。

 2020年はCOVID-19の後遺症でシーズンをオプトアウト。今季、後半に元のE・ロッドの姿を見せてくれるようになっていました。

 タイガースでも良い投球を見せてもらいたいと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
タイトルとURLをコピーしました