スポンサーリンク

【2973安打】”この自在感!”ミゲル・カブレラ、9打席連続安打!

タイガース

ミゲル・カブレラ、3000安打まであと27本!

 現地2021年9月10日、コメリカ・パークで行われたレイズ@タイガース戦で4番DHに座ったミゲル・カブレラ(Miguel Cabrera)が、都合3試合をかけて9打席連続安打を達成。3000安打達成に向け、大きな弾みをつけました!

 この3試合の打席を見ていると、トリプル・クラウンを達成した2012年頃の姿がダブって見えました。

7日のゲームから9打席(PA)連続ヒット!

 ミゲル・カブレラの連続打席(PA: Plate Appearance)安打がはじまったのは7日(火)のパイレーツ戦から。

 このゲームでは第1打席では3Bゴロでアウトに倒れましたが、始まったのは第2打席から。

  1. 9/7 @PIT戦 第2打席: RF線へのシングル
  2. 9/7 @PIT戦 第3打席: LF前シングル
  3. 9/7 @PIT戦 第4打席: LFへのグランドルール・ダブル
  4. 9/8 @PIT戦 第1打席: RFオーバーのダブル
  5. 9/8 @PIT戦 第2打席: 右中間へのシングル
  6. 9/8 @PIT戦 第3打席: CFへラインドライブのシングル
  7. 9/8 @PIT戦 第4打席: CF前シングル
  8. 9/10 vsTBR戦 第1打席: CF前へラインドライブのシングル
  9. 9/10 vsTBR戦 第2打席: 右中間へのシングル

 10日レイズ戦の第3打席では、ファイヤライゼンのスライダーに対してチェックスイング。これがスイングを取られて三振。惜しくも10打席連続とはなりませんでした。

 1本目のRF線へのヒットはインコースです。腕を畳んであんなところに運べるんですね。美しいフォームです。

 それにしてもパイレーツのRF、筒香選手は今は打席のことでせいいっぱいなのか、ちょっと動きがぎこちなかったですね。別のゲームでは1Bでもショートバウンドをポロッとやってしまいました。守備にも慣れてくれるといいなと思います。

MLBの連続打席安打レコードは?

 連続打席安打のメジャー・レコードは1952年にタイガースのウォルト・ドローポ(Walt Dropo)が達成した12。

 現時点で38才のミゲル・カブレラですが、38才以上での連続打席安打記録は9。今回はそれに並びました。達成していたのはタイガースのレジェンド、タイ・カッブです。なんと1925年まで遡ります。

Ty Cobb Stats | Baseball-Reference.com
Career: 117 HR, .366 BA (1st), 1944 RBI (9th), CF, HOF in 1936, 1911 AL MVP, Tigers/Athletics 1905-1928, b:L/t:R, 11x BA Leader, born in GA 1886, died 1961

 さすが、伝統のあるタイガースですね。安打系の記録で2人のOBの名前が出てきました。

カブレラ、2973安打に!

 この3試合での9安打で通算安打数は2,973に。10日のゲームでタイガースは142試合を消化。

 残りゲーム数20に対して、3000安打まであと27本。

 今季はここまで105安打。勝手に予測するなら、120から125安打くらいに落ち着きそうに思いますが、もしこのような固め打ちがあれば、行くかもしれませんね。

2023年に引退を表明

 ミゲル・カブレラの現契約は2023年まで。仮に翌シーズンに持ち越したとしても、3,000安打の達成は大丈夫です。

  • 8年/$248M (2016-23) + 2024-25 オプション
    • 2024年は$30Mのクラブオプションで$8Mのバイアウト
    • 2025年は$30Mのクラブオプション

 本人は、8月26日の時点で2023年の契約終了をもって引退と表明しています。

 ミゲル・カブレラですから、これからどんなすごいことを起こすかわかりません。今季の達成に期待はしておきたいと思います。

 なお、このゲームはタイガースが7回裏にジョナサン・スコープの逆転グランドスラムでレイズに10-4で快勝。

 2022シーズンは、ホワイトソックスがいよいよ衝撃的な強さ発揮しそうですが、デトロイト・タイガースもいい芽が出てきています。タイガースの来季以降への期待はまた別記事でしたためたいと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB契約2022】パドレスが”超激レアキャリア”のマット・スウィリーとマイナー契約
【MLB2022】レイズ、タンパとモントリオールでのホーム分割案がMLBから拒絶される
【MLB2022】トリプルAでロボアンパイアー(ABS)開始!
【MLB2022】ドジャースの新GMは37才で元レイズのリリーバー
【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
タイトルとURLをコピーしました