スポンサーリンク

【MLB2021】デービッド・プライス、キャリア初セーブを記録

2021ジャッキー・ロビンソン・デー

 現地2021年4月15日は、メジャー初の黒人プレーヤーとなったジャッキー・ロビンソン・デー。全選手がジャッキー・ロビンソンに敬意を払い、背番号42をまとってプレーしました。

 ロサンゼルスに移転する前のブルックリン・ドジャースの選手だったジャッキー・ロビンソン。1947年にデビューし、1956年までMLBで通算10シーズンを過ごしました。通算1,382試合に出場。1947年のデビューイヤーにはROYを受賞、デビュー3年めの1949年にはMVPも獲得。

 通算成績は、打率.311、OBP .409、SLG .474。通算安打数は1,518で、そのうちHRが137、二塁打が273、三塁打が54。197盗塁。MVPを獲得した1949年には打率.342をマークしました。

まさに勇気の人

 ジャッキー・ロビンソンの物語はもう映画にもなっていますし、有名ですね。

 様々な圧力と真摯に向き合い、ひたむきにプレーした姿に高潔な人格を感じますし、何より真の勇気のある人ですね。

デービッド・プライスがキャリア初セーブ

 そんなジャッキー・ロビンソンの直系の選手達であるドジャース・ナインはゲーム前にスタジアムの前に飾られているジャッキー・ロビンソンの彫刻の前に集まり、改めて偉大な先輩に敬意を払いつつ、戦いの士気を高めました。

 ロッキーズとの対戦だったこの日のゲームですが、ドジャースは先発のフリオ・ウリアスがアンラッキーな失点もあり、6回を投げて5失点と苦しい展開に。

 ただ、ドジャース打線は、ロッキーズ先発のオースティン・ゴマーに手こずりながらも、ジャスティン・ターナーの活躍などで、3得点。

 3-5と2点ビハインドの状況で7回裏、マックス・マンシーの3ランHRなどで4得点を奪い、勝ち越しに成功。7−5と2点リードの9回表のマウンドに上がったのがデービッド・プライスでした。

今季はリリーフ・ロール

 クレイトン・カーショウ、トレバー・バウアー、ウォーカー・ビューラー、フリオ・ウリアス、ダスティン・メイのローテーションで回しているドジャース。ここにデービッド・プライスが入る余地がない状況というのもすごいのですが、プライスは2020シーズンにオプトアウトし、1年以上投げていなかったこともあり、スプリングトレーニングではそこに入るまでチューンナップできていませんでした。

 よって今季はここまで登板した4試合はいずれもリリーフ。もと先発だけに2イニングを任せられたケースもありましたが、いずれも7回、8回を登板。しかし、この日は9回に登板することに。

キャリア325試合目で初セーブ

 そのデービッド・プライスですが、代わりばな、いきなりヨナサン・ダザ、アラン・トレホに2連打を浴び、ランナーを二人抱えた状況でトレバー・ストーリーを迎えるという厳しいシチュエーションに遭遇。

 しかしデービッド・プライスはここで本領を発揮。トレバー・ストーリーとギャレット・ハンプソンから2者連続で三振を奪い、2アウト。

 最後はライメル・タピアを2Bゴロに打ち取り、ゲームセット。無失点に抑え、キャリ通算325試合目でレギュラーシーズンで初めてセーブを記録しました。

独特の左肩を下げる動作が健在

 デービッド・プライスは美しいフォームで投げる投手で、足を上げてステップする際に左肩を大きく傾け、加速させる動作が入り、その動作と腕のスイングのキレで良いボールを投げる投手です。

 ファストボールのシンカーで93-94mphが出ていましたから、かなりベロシティーも戻ってきました。

 ドジャースの現状から考えれば、当分リリーフロールが続くと思われますが、プライスの復調はドジャースにとって大きな力になりそうです。

ケンリー・ジャンセンとともに

 ここ数年、調子を落としていたケンリー・ジャンセンも今季はベロシティーが復活しつつありますし、プライスとともにドジャースのゲーム後半を盛り上げてくれそうです。

パドレス戦へ

 そして現地2021年4月16日からはいよいよNLウェストのライバル同士、パドレスとの3連戦が始まります。フェルナンド・タティス・Jr.も戻ってきそうですから、このシリーズは楽しみですね。終盤勝負になったとして、プライスとジャンセンの二人がどういうピッチングを見せるのかも楽しみです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 契約 2023】ポスティング受理わずか1日!レッドソックスが吉田正尚選手を速攻で獲得!
【MLB 2023 FA】アーロン・ジャッジはヤンキースに決定!9年/360Mドル保証の超大型契約へ
【MLB FA 2023】注目SSのトレイ・ターナーはフィリーズに決定!11年/300Mドルの豪華契約へ
【MLB FA 2023】ジャスティン・バーランダーはメッツとサイン。再び、シャーザーとの最強デュオ結成へ!
【MLB 2022 WM】「史上初の開催!」MLB ドラフト・ロッタリーの仕組みとは?
【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約(追記あり)
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
タイトルとURLをコピーしました