スポンサーリンク

【MLB 2021】パドレス、なぜ代えた?ドジャース、ブレイク・スネル降板後に一気に逆転して勝利!まるでWSの再現

今季、ROUND6はドジャースに軍配

 現地2021年4月24日(土)、パドレス@ドジャースの4ゲームシリーズのGame3が行われました。先発はドジャースがトレバー・バウアー、パドレスがブレイク・スネル。現地2021年4月18日にペトコで行われたGame3と同じ顔合わせですね。

フェルナンド・タティス・Jrが2HR

 バウアー、スネルの好投手同士の顔合わせでしたが、このゲームは初回から動きました。パドレスが、1回表にフェルナンド・タティス・Jr.の先頭打者HRで1点を先制。

 パドレスはつづく2回表にもまだ制球に本来の精度がなかったトレバー・バウアーを攻め、先頭のウィル・マイヤーズがシングルで出塁。ウィル・マイヤーズは2盗に成功。スコアリング・ポジションにランナーが進んだ後、つづくジュリクソン・プロファーが2ストライク後の4シームを叩き、シングル。ウィル・マイヤーズが還り、パドレスが2回表の時点で2−0とリードしました。

3回からドジャースが反撃

 3回からはドジャースが反撃。3回裏、2アウトからムーキー、コーリー・シーガーが2連続ヒットで出塁。つづくバッターは当たっているジャスティン・ターナー。ターナーはベテランらしく2ストライクを奪われながらも、ボール3つを選んでフルカウントに。6球目、決め球のチェンジアップが浮いたところをうまく弾き返し、2塁からムーキーを迎え入れ、ドジャースが1点を返し、1-2に。

マチャード、悔しがる!

 4回裏、ドジャースは先頭のA.J.ポロックがシングルで出塁。つづくマックス・マンシーは四球で歩き、ノーアウト、ランナー1,2塁でA.J.ポロックが3塁を陥れる盗塁に成功。1塁ランナーのマンシーも2塁に進塁し、結果、ダブルスチールのような形になりました。この進塁が奏功。バッターのシェルドン・ノイジーが放った当たりは3B前ボテボテのゴロ。これをブレイク・スネルが捕球し、どこにも投げられず。この間にポロックが還り、ドジャースが2点目を奪い同点。しかし、この時、マニー・マチャードは非常に悔しがったいたので、スネルはラインから切れるのを待てばよかったかもしれません。元ドジャースのマチャードが悔しがるのですから、おそらくそのままファウルになった可能性が高かったです。

タティス・Jr.、連日の2HRはドジャースのエースから

 タイスコアとなったこのゲーム。動いたのは6回表。パドレスのイニングの先頭はフェルナンド・タティス・Jr.。トレバー・バウアーは1本打たれているだけに非常に慎重だったのですが、フルカウント後のアウトコースへのカットボールは全く失投でもなかったにもかかわらず、タティス・Jr.のバットが届き、これがLFスタンドに入るこの日2本目のHRに。

 タティス・Jr.は2試合連続マルチHR達成ということになりました。しかもドジャースの誇るNO.1、NO.2ローテーション・スポットの投手から2本ずつ。これは価値がありますね。

WS Game6 と酷似!

 1点を勝ち越されたドジャース。裏の攻撃ですぐに取り返したいところでした、イニング先頭のマックス・マンシーが2Bゴロに倒れて1アウト。

なぜ代えた!?

 つづくバッターはシェルドン・ノイジーというところで、パドレス・ベンチがなぜか動きました。ブレイク・スネルに代えて、ピアース・ジョンソンの投入を決定。ランナーも出ておらず、ブレイク・スネルの球数はまだ87球。まだ余力があるのに、ここで交代!という采配は、そう、2020年のワールドシリーズGame6と全く同じです。なぜ代えた?イニングも同じ6回。球数はWSの時は73球でしたが、ほぼ同じ。

 ブレイク・スネルは5.1イニング、87球、被安打7、失点2、BB2、奪三振7。

デジャビュ状態

 そして、スネル降板後の展開も同じでした。WSではニック・アンダーソンが立て続けにヒットを許し、ワイルドピッチなどもあり同点に。そしてすぐに勝ち越しも許しました。

 今回もほぼ同じ、シェルドン・ノイジー、クリス・テイラー、マット・ビーティーが3連続シングルで満塁。さらにつづくムーキーが四球を選び、ドジャースが一気に同点に。

 その後、パドレスは左腕のティム・ヒルにスイッチしましたが、左VS左でコーリー・シーガーにCF前シングルを許し、クリス・テイラーとマット・ビーティーが生還し、5−3と逆転に成功。

 ドジャースはワールシリーズGame6とほぼ同じ展開で逆転したのでした。

ドジャース、ジャンセン投入のスタイルに 

 ドジャース先発のトレバー・バウアーですが、6イニングを投げきり、103球。被安打5、失点3、奪三振9、BB 0、被本塁打2という成績。

 ゲームはまだ動く様相を呈していました。7回表にはブレイク・トライネンがスライダーが切れすぎてワイルドピッチとなり、1点を許し、5-4という展開に。

 しかし、ドジャースはリードしている展開でしたので、最後はケンリー・ジャンセンの投入のタイミングを図るだけ。ブレイク・トライネンの後、8回1アウトからスコット・アレクサンダーが登板。アレクサンダーはかなり雲行きを怪しくしましたが、ドジャースは8回からケンリー・ジャンセンを投入。これが奏功しました。ジャンセンはジュリクソン・プロファーを1Bゴロに打ち取り、8回のピンチを凌ぎました。

 そして9回はランナー1人を出すも、ダブルプレーなどで3人で抑え、ゲームセット。

 ドジャースが5-4で逃げ切りに成功し、このシリーズ、初白星を上げました。しかし、パドレス・ベンチはなぜスネルを代えたのか?WS Game6で批判されたレイズのケビン・キャッシュと同じ状態です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】好ゲームのMIL@SDP戦!ダルビッシュ投手の熱投とコルテン・ウォンのスーパープレー!
【MLB2022】DFAから一転、2HR!メジャー復帰のアリティディス・アキーノが爆発の予感
【MLB2022】フレディー・ペラルタが右肩のハリでIL入り!
【MLBプロスペクト2022】オリオールズのアドレー・ラッチマンがついにメジャー・デビュー!
【MLB2022】レッドソックス、5点差を跳ね返す逆転勝利で4連勝!コルデロ、バスケスで勝ち越し
【MLB2022】元ジャイアンツのジョー・パニックが引退を表明
【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!(追記あり)
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました