スポンサーリンク

【2018NL西】ドジャース、マット・ケンプの逆転3ランでついに首位タイ!

Twitter / ?

9月に入りました!レギュラーシーズンも残り1ヶ月。

 

Dバックス、ロッキーズ、ドジャースの3チームによる混戦のナ・リーグ西地区ですが、現地2018年9月1日、ここに来てドジャースがナ・リーグ西地区の首位タイとなりました。

 

現地2018年8月30日から始まっているDバックス@ドジャースの4連戦。Game1開始前までは1位と3位の対戦でしたが、2位ロッキーズが30日、31日と連敗したことにより、Game2を終えた時点でドジャースが単独2位に上がり、首位攻防の戦いへと変貌しておりました。

 

Game 1   8/30  Dバックス 3-1 @ドジャース

Game 2   8/31 Dバックス 2-3 @ドジャース

特にGame2でザック・グレインキーを攻略したのは大きかったですね。

 

1勝1敗で迎えたGame3も大変スリリングな戦いとなりました。Dバックスがパトリック・コービン、ドジャースがクレイトン・カーショウ。双方の本気度がわかる顔合わせです。

カーショウ、ナイスピッチングをするも2被弾

いい投手が投げ、実力通りの力を発揮した場合、勝敗を分かつのは大概は一発。この日もGame2同様、HRが大きな要素となりました。

 

先制したのはDバックス。2回表、先頭のエデュアルド・エスコバーが初球の4シームを左中間スタンドへ放り込み1-0。90mphしか出ていなかったのでカーショウはこの日も本調子ではなく、テクニックで対応しようとしておりました。本当に責任感だけで投げているような意地を感じました。

 

 

追加点もDバックスでした。6回表、パトリック・コービンに代わり代打で出場したクリスチャン・ウォーカーがカーショウの89.9mphの4シームを左中間へ運び2-0。

 

Dバックス、ソロショットというのが悔しいところだったでしょうが、効果的なHRが飛び出しゲームを優位に進めます。

 

パトリック・コービンは5回を被安打3、無失点、奪三振7。カーショウは7回を投げきり、被安打4、失点2、奪三振3。被本塁打2本というのが痛かったです。

平野投手、無双状態

Dバックスは6回のマウンドに平野投手を起用。すごかったです。マット・ケンプ、デービッド・フリース(8月のトレードで加入)、エンリケ・ヘルナンデスの3人をいずれも三振に抑える圧巻の投球を披露。(動画)

前田投手、流れを呼び込む好投

8回表、Dバックスはスティーブン・ソウザ・JR、A・J・ポラック、ポール・ゴールドシュミットという得点力の期待できるターンでしたが、この回から2番手としてマウンドに上がった前田健太投手が三振、三振、LFフライと3人で斬って獲るナイスピッチング。これが流れを引き寄せたと言って過言ではないと思います。

ドジャース、アーチーのナックルカーブに対応

8回裏、Dバックスのマウンドはアーチー・ブラッドリー。セットアッパーです。ドジャースは先頭に代打でマックス・マンシーを送るもここは三振で1アウト。

 

流れが切れたように思えましたが、次打者のジャスティン・ターナーがシングルで出塁。0−2と追い込まれながらの出塁で価値がありました。

 

つづくマニー・マチャードはナックル・カーブに粘り強く対応。10球粘って四球を勝ち取り、これで1アウト1、2塁。

 

そしてここでマット・ケンプ。2球で2ストライクと追い込まれながらも決め球のナックルカーブを丁寧に見分け、甘いところに来たそれをフルスイング。これが逆転3ランとなり、ドジャースが一気に3−2とリードします。

 

最後は2Bのエンリケ・ヘルナンデスの好プレーもあり、ケンリー・ジャンセンが無得点に抑えゲームセット。ドジャースがついに首位に並んだというゲームでした。

 

 

【動画】Recap: LAD 3, ARI 2 Game 3

 

この日はロッキーズも勝利。1日のゲームを終了して順位はこのような感じになっております。

Game 4の先発はクレイ・バックホルツとウォーカー・ビューラーです。

 

日本時間2018年9月3日、朝9時過ぎから大谷投手が登板ですよ!ゲリット・コールとの投げ合いです。

コメント

NEW

【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
タイトルとURLをコピーしました