スポンサーリンク

【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)

ゴンソリンはトップの8勝目

 ドジャースはハイウェイ・シリーズでエンゼルスとの2連戦。その初戦が行われた現地2022年6月14日はトニー・ゴンソリンが先発。

 エンゼルス、ノア・シンダーガードと白熱の投手戦を繰り広げ、ノア・シンダーガードの今季ベスト・ピッチとも呼べるゲームにおいてそれを上回る投球を披露。

 ウォード、トラウト、大谷、レンドン(途中交替)と破壊力のある4名が揃う中、エンゼルス打線を7回1アウトまでたったの1安打に抑え、1-0の僅差をキープしたまま降板。8回裏にはムーキー・ベッツの援護弾もあり、2-0としたドジャースがブルペンの好投もあり、逃げ切りました。

 これでトニー・ゴンソリンは今季8勝とナ・リーグのハーラートップに君臨することとなりました。

現時点で8勝はMLBトップ

 現地2022年6月14日で両リーグを通じて8勝をマークしているのは、アストロズのジャスティン・バーランダー、ブルージェイズのアレク・マノーア、そして今回のトニー・ゴンソリンの3人のみです。

ゴンソリンはERAもトップ

 そして、上述のゲームを終え、トニー・ゴンソリンのERAはなんと1.42。これは両リーグ通じてのトップで、ERAに関しては、パドレスのジョー・マスグローブの1.50、アレク・マノーアの1.67、マーリンズのサンディー・アルカンタラの1.68が続きます。

 ゴンソリンは2019年のデビュー以来、4勝がベストの勝利数でした。よって、キャリアハイの成績を継続中です!

タイラー・アンダーソンも好調!

 なお、ドジャースは左腕のタイラー・アンダーソンも好調です。ここまで11試合に登板。シーズン・デビューから2戦はリリーフでの登板でしたが、3戦目以降は先発に専念。

 現地2022年6月14日時点で7勝をマーク。

 ちなみに、トニー・ゴンソリンもタイラー・アンダーソンもここまで0敗です!!

タイラー・アンダーソンとは

 タイラー・アンダーソンは2011年ドラフトのロッキーズの1巡目指名(全体20位)。メジャー・デビューは2016年でロッキーズには2019年まで在籍。4シーズンで18勝24敗、ERA 4.69。2019年オフにウェーバーでジャイアンツにクレームオフされましたが2020年はジャイアンツで4勝。

 2020シーズン12月にFAとなり、2021年2月にパイレーツとサイン。2021年のトレード・デッドラインでマリナーズに移籍。2021年はトータルで7勝11敗。

 2021年オフにFAとなり、2022年3月にドジャースとサイン。

 今季は大化けしております。左腕ですし、彼の活躍はドジャースの投手起用に良い影響を与えていると思います。

 このまま継続してもらいたいですね。

追記:タイラー・アンダーソンも8勝へ

 現地2022年6月15日、ハイウェイ・シリーズ2連戦のGame2で、タイラー・アンダーソンが先発。エンゼルスはリード・デトマーズで今季ノーヒットノーランを達成した左腕。また、エンゼルスはレンドンこそいないものの、トラウト-大谷のコンビをラインナップに連ねている布陣。

 そんな中、ドジャースは立ち上がり、コントロールに苦しんだデトマーズから2つの四球を選び、ウィル・スミスが3ランHRを放ち先制。いい形で、タイラー・アンダーソンをバックアップしました。

 タイラー・アンダーソンは初回、エラーと四球でランナーを背負うもピンチを切り抜け、無失点。2回表にもジャレッド・ウォルシュに死球を与え、先頭打者を出したものの無失点。3回以降は凡打の山。7回表に自身のスローイング・エラー、8回表にも先頭のカート・スズキに四球と、ところどころでランナーを出すも9回1アウトまでノーヒットノーランを継続!

大谷が記録を破る

 このまま記録達成なるか!というところまで来ていたのですが、大谷選手が記録を破る三塁打を放ち、ノーヒットノーランならず。タイラー・アンダーソンはここで降板しました。

 代わったキンブレルがタイムリーを許したので、自責点はタイラー・アンダーソンにつきましたが、見事な投球で勝利に貢献。スコアは4-1でドジャースが勝利。8勝目を上げました。

 これでドジャースは8勝0敗が2人も誕生することに!

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
【MLB 2023】ロイヤルズの新監督はレイズのベンチ・コーチ、マット・クアトラーロに決定!
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、細かいミスが重なり、初回に3失点!打線もF・バルデスに苦戦し、1勝1敗に
タイトルとURLをコピーしました